映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

1/2成人式

作品名 1/2成人式
制作者  M.K さん

 


受講生徒コメント

「七五三」の次は「十三まいり」まで着物を縫う機会がないなあ・・・と残念でした。すると小学校で「1/2成人式」をするというではありませんか。式は通学服ということですので、同じころに家族でお祝いできればいいなあと思っていたところ、ちょうど本人お気に入りの色の七五三用仮絵羽が見つかりました。丈が足りるか少し心配でしたが、先生が工夫して下さって、もう少し背が伸びても大丈夫です。あちこちに難はありますが、思い出の一着になりそうです。丁寧なご指導をありがとうございました。


やまもとコメント

大人になった時、よき想い出とあいまって、着物を着てくれる人になりますね。小さき時に触れなければ恥をかきたくないので声にも出しません。「知らない」のが一番こわいのです。日本文化の危機がここにあります。

生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

絞りの羽織

作品名 絞りの羽織
制作者 A.M さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

夫の実家の箪笥に眠っていた古い羽織を仕立て直しました。古いものですが着用感は無く、綺麗なまま。一体誰のものだったのやら。
絞りは厚みがあるせいか、縫っている間も暖かかったです。ただ力を入れて糸こきをするとどこまでも伸びるので、力加減が難しく感じました。


やまもとコメント

今では絵羽になっている絞りの上物は手に入りにくい品物です。仕立て上がるとデザインの素晴らしさも感じられる羽織になりましたね。絞りの生地は、印を付ける時、糸こきをする時、コテをかける時と伸ばしてしまわないようにと配慮するポイントが多いのですが、Mさんはその点に気づき丁寧に作業されていたので、安心して見ていられましたよ。

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

駒繋ぎ柄 両面染小紋

作品名 駒繋ぎ柄 両面染小紋
制作者  A.岩橋 さん

 

 


受講生徒コメント

両面染というものを初めて見たこともありめずらしく、色も好みだったので購入しました。歩いた時に裏面がちらちら見えるのがいいなあと思い、単衣仕立てに。
まつりぐけにつぐまつりぐけはやはり大変でしたが、かなり早くくけられるようになったかも・・・自分で自分をほめてあげたい!


やまもとコメント

岩橋さん、おめでとうございます。そうそう私共のこの教室で着物を縫い上げていく事は、忙しい皆様、ここまで頑張ってこられた皆さんご自身へのご褒美そのもの。それは決してエゴではないのです。これからもそんな場を続けていきます。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

龍郷柄大島紬の道中着

作品名 龍郷柄大島紬の道中着
制作者  S.S さん

 


受講生徒コメント

子供の時、母が参観日等に好んで着ていた大島の着物、私も気に入っていたので、着たい一着になりました。でも母の身丈のままでは丈が足りないので、思い切って身頃にハサミを入れ、残布があったのでおはしょり部分にハギを入れて少し身丈を伸ばすことが出来ました。その着物もあまり着ることがなかったので、最近になり大島のコートだと軽くて良いなと思い、仕立て直しを決断。身頃を切った部分をそのまま繋いでも縫代をとられるので柄が合いません。少しでも目立たない様にと先生が工夫して下さり、5ヶ所もつないだとは思えない、一枚の布の様に柄合わせをすることが出来ました。ガード加工もしているので、雨天でもOKです。良いコート(道中着)が出来て、とてもうれしいです。先生ありがとうございました


やまもとコメント

子供の頃のお母様の着物姿の想い出が、さまざま形を変えて自分を着飾ってくれる―。守っていて下さるようで、すばらしいアイテムですね。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

1月のお教室

平成31年1月の和裁教室のお休み日時と、着付教室の日程をお知らせします。

 

■お教室のお休み  

夜の教室(18:30〜21:00)はしばらくお休みさせていただきます。

1月  1日(元旦)〜7日(月)終日

1月13日(日)、 14日(月・祝)終日

1月20日(日)、 21日(月)終日

1月27日(日)、 28日(月)終日

1月31日(木)

 

着付グループレッスン (1回2時間)

次回の開講予定は4月です。決まりましたらお知らせいたします。

 

マンツーマン着付教室 詳細はこちらから

講座内容:アイテムにあわせた自分好みの美しい着姿になるコツを

     じっくり自分のペースで学ぶことができます。

     ご希望の日時をいくつかお知らせください。

     講師とスケジュールを確認し、日程を調整させていただきます。

 

ご予約はメール、電話、工房にて、ご希望の日時の空き状況をご確認ください。

電   話:045-410-0410

メール:info@yamamoto-kimono.com

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

唐草地紋御召

作品名 唐草地紋御召
制作者  N.T さん

 


受講生徒コメント

春の少し暖かくなった頃に着たくて、紬以外の物を探して出合った反物です。10年後もその後も着ることを考え、表地が白っぽくなりすぎないよう、胴裏にくすんだ色をもってきました。最近は足が痛く、集中力に欠け、宿題も無しでなかなか進みませんが、この貴重な時間を長く持ち続けられるようにしたいと思っています。


やまもとコメント

薄い色のお着物も清楚で素敵です。これを袷仕立てにした時、八掛地の色を濃くすると、胴裏の白との境目が透けて、色の段差が現れてしまいます。それを無くす為にあるのが、額縁に色が付いた暈しの八掛です。もしくは八掛けを無地にし、胴裏も同色に染めるかです。手間のかかるお洒落な仕様です。

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

お教室の台を高くしました!

以前は台の高さが15cm位と30cm位の台を使用しておりましたが、30cm位と45cm位の高さの台を用意しました。

台の高さが高くなったので、それに伴い座る台も高めに用意いたしました。もちろん正座の方好ましいという方も作業しやすい高さになっていると思います。

 


 

↓生徒さんが座るとこんな感じです。

まだ台を高くして数週間。これからまた生徒の皆様の声を聞き変更もあるかと思いますが、長時間座っているのには膝や腰に不安があるという方も安心して通えるような環境を作り、様々な方に和裁を楽しんでいただきたいです。

工房徒然 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

仕立て直し、母の紬

作品名  仕立て直し、母の紬
制作者  K.萩原 さん

 

 

 


受講生徒コメント

母が日常よく着ていたお気に入りの紬の着物を仕立て直しました。身長160兀擔箸諒譴紡个掘⊇腸6Δ紡腓い私、おはしょりの部分に表地、胴裏、ハギを入れ、洗い張りでも取れない汚れもあり、衿も切り替えていただきました。母が着ていた年齢より今の私はずっと年上になってしまいましたが、生地のやりくりで、又着ることができ、嬉しいです。ありがとうございました。


やまもとコメント

カジュアルな大きめの格子柄ですね。年齢関係なく長く着ていただけそうな色合いですので、お母様と同じように日常で活躍できるお着物だと思います。汚れはどんなものでも時間が経つと、濃く落とし難いものです。衿は特に汚れやすいので元付いていた共襟は下前の地衿と切り替えることで、また綺麗な状態で着れるようになったのではないでしょうか。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

千紗四ツ身のお雛様着物

作品名 千紗四ツ身のお雛様着物
制作者  K.萩原 さん

 

 

 


受講生徒コメント

前々回、孫の千紗の雛祭りのために、一ツ身のピンクの着物と被布を縫いました。
4歳になった今年、羽織を解いて四ツ身の雛祭り着物を作りました。
3月3日、ギリギリセーフの出来上がり。着せてやると鏡の前へ走り、「〜おとめ〜♪」と歌いながらポーズ。着物好きな女の子になってほしいと思います。
長襦袢まで縫う時間がなく、直美先生のお知恵拝借。半衿は衿裏に一部縫い付け、羽織裏を使った袖は、袖付け位置に縫いつけました。裾除けはゴムで、スカート風にはきます。お転婆千紗には動きやすくてぴったりです。
今回も時間に追われ、ご心配おかけしました。裁ち方も工夫していただき、ありがとうございました。和服っていろいろな知恵がいっぱい詰まっているのですネ。


やまもとコメント

幼き頃に着物に触れていれば、大人になった時、必ず想い出がよみがえり着てくれるようになります。
子供の頃に触れることも無ければ、大人になって声に出すこともないのです。

生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

中学生の職業体験

11月9・10日と宮田中学校の生徒さん2名の職場体験がありました。

1日目は運針〜コースター作り。

時々休憩をしながら針や布の動かし方をお伝えします。2名とも普段針を持つことはないそうですが、コツをつかんでスムーズに腕が動いていました‼

2日目は1日目に引き続きコースター作り。

自分で手を動かしで作品が出来上がっていくのは喜びもあるようで、休憩なしで集中して作業していました‼

午後は浴衣の着付けです。自分では着たことはないと話していましたが、キレイに着ることが出来ました。

学校の授業ではなかなか触れる事のない和の仕事。楽しそうに姿に私たちも嬉しく過ごさせていただきました。2日間お疲れ様でした。

 


 

 

 

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -