映画賞

きるものがたり 山本工藝(新しい屋号になりました)

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。山本工藝の徒然。。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

草木染 御召花織

作品名 草木染 御召花織
制作者 K.S さん

 

 

 


受講生徒コメント

工房で色に魅せられた着尺です。草木染めなので、何とも言えない色合いです。何色と言ったらよいのでしょうか?
手元の二冊の色辞典ではわかりませんでした。色無地なので、縫い紋1つを入れていただきました。
相変わらず手作業は遅く、先生のお手を煩わせることが多く恐縮ですが、楽しく教室通いをさせていただいております。よろしくお願い申し上げます。


やまもとコメント
画像では現せない独特の深みのある、いいお色なのです。浮き織になっている地紋が渋さの中で光りますから、いちだんと奥行きが生まれます。

Sさんこれからも私達の手を、どんどん煩わせてくださいね。年だとか遅いとか全く気にかけないでください。私どもの方がS

さんの笑顔に触れられるのが幸せなのです。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

大きな麻の葉模様の秩父銘仙

作品名 大きな麻の葉模様の秩父銘仙
制作者 K.H さん

 

 

 


受講生徒コメント

秩父ほぐし織り(銘仙)2枚目の作品です。
1枚目は立て涌の単衣、これは袷にしました。間近だとそうとわからないほど大きな麻の葉模様、少し冒険しました。復刻柄とか。
いろいろなことがありながら休みつつ、ようやく完成、秩父の織元さんにも漸くホッとしてもらえそうです。
ご指導ありがとうございました。


やまもとコメント

ここ近年、秩父地方の無形文化財にも指定されている、新啓織物さんの作品ですね。この柄は自信作ではないかな。そんな着物に触れられて、私も嬉しいです。ここのご家族が大好きで、ついつい余計な意見を差し出がましくもしてしまいます。どうぞどうぞ3枚目いきましょうか!?

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

絞りの道行コート

作品名 絞りの道行コート
制作者 S.S さん

 

 

 

 

 

 


受講生徒コメント

母の絞り羽織を道行コートに仕立直しをと考えました。作品に取りかかると、印のヘラや縫目が見えず困りました。白黒の絞りの布の為、切りしつけでも白糸では見えにくく、初めて赤色のしつけ糸を使用しました。
技量がないのに簡単に絞りの素材を選んだ事で、途中で後悔し、止めたくなりながらも、時間がかかりましたがやっと完成し嬉しく思っています。先生には本当に感謝しております。ありがとうございました。


やまもとコメント
大変難しい作品をよく頑張りましたね。こちらもおめでとうと言いたい気分です。技量がないことはありませんよ,もしそうでしたら総絞りを進める許可はいたしませんので!ほらその証拠に見事に完成しました。大作を着て出かけて、ご自分にもご褒美をあげてください。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

格子柄小紋

作品名 格子柄小紋
制作者 A.M さん

 

 

 


受講生徒コメント

お茶のお稽古に気軽に着られるような小紋が欲しくて選んだ反物です。着まわしがききそうで、気に入っています。
この頃縫うのに慣れてくるにつれ、縫目が雑になってきている気がします。運針をもう一度きちんと練習し直したいです。


やまもとコメント
まっすぐ縫うのも大事ですが、じつは糸コキ(布を縫い目に添って先へ送り込む動作)の方が大切です。どんなにまっすぐ縫ってあったとしても,糸コキが不完全ですと、いくら仕上げをやっても綺麗には見えません。指の腹で感じる感覚が大切なのですが山本で完璧にできるようになるには3年は掛かります。外来の職人さんで出来た人は見たことがありません。それだけ難しく厳しい。

針のおしり使って「ビービー」と音を立てて擦る技法がありますが,山本では禁止です。生地や糸に負担をかけるだけでなく素材や縫い方によって変える微妙な加減が習得できない為です。一見職人っぽく見えるのですが。

なお糸を「ビンビン」とはじく行為も禁止です。山本の糸はすべてが丸巻きなのではじく行為は必要ありません。糸がよるのが嫌なら、優しく糸を撫でるだけで解決します。粋に見える行為も糸に与える影響を理解し考察していただけたらと思います。

 

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

紬の袷

作品名 紬の袷
制作者 M.K さん

 

 

 


受講生徒コメント

袷に入りました。白っぽい地色のものがあればと思っていて、母の遺した物の中に、この生地を見つけました。里山風の柄もいいなと思い、縫い直すことにしました。
胴裏と八掛は新しくして、私のサイズに全部を合わせて頂きました。胴裏と八掛を縫い合わせるところが寸法通りにいかずに大変手間取りました。何とか仕上げました。前回の単衣を着て出かけた時、とても着心地のよさを感じたので、袷を着てみるのがとても楽しみです。


やまもとコメント
単衣と比べると袷は手間が掛かります。単衣や長襦袢を何枚も縫わないと袷を教えてもらえないという事を現代でもよく聞きます。ある程度のプロを目指すのであれば,当然その方が早く仕事を覚えられるので合理的です。

でもブログで見ての通り、教室ではご自分の物を縫うのでそのようなことはありません。山本流の運針技法が一ヶ月ほどで身に付けば,振袖でも帯でも直し物でもリクエストを受け付けてます(基本からずれたもの無理な時もありますよ)

 

「縫うことに充実し楽しんでもらう」お陰様でお教室には笑顔が溢れています。

「目の前の一人によりそう」20年前に一人の夢を叶えるために始めた和裁教室。

いまでは全国に広がっています。

 

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

「袷着物の裁ち方講座」のご案内

ご要望をいただいていた袷着物の裁ち方講座を開催いたします。

着物の仕立ての良し悪しは、裁ちで決まると言っても過言ではありません。
きものの縫いに取り掛かる前には、様々な準備が必要です。
どういう視点で反物を見て、反物に合わせた準備をできるかが、とても大切です。
山本きもの工房の基本的な鋏の入れ方と仕組みをやさしく解説し、わかりやすくご指導いたします。
袷の長着です。教材、テキストが付いております。

 

「袷着物の裁ち方」講座

日 時:平成29年9月23日(土・祝)  10:00〜17:00 

            ※お昼休憩をはさみます。

定 員:6名

講習費:一般 5万円 会員 3万8千円

持ち物:裁縫道具、お弁当(外食でもOK)

講 師:山本秀司

 

参加条件
・尺、寸、分の単位を理解できる方
・着物の基本的な部位の名称のわかる方
・プロの方も気兼ねなくお越しください、初心者には難しい講座になります。


お申し込み方法
お電話(045-410-0410)または、
メール(info@yamamoto-kimono.com)にてお申し込みください。

 

前回の様子をちょっとご紹介!




 

2016年5月15日 袷着物の裁ち方講座に参加いただいた方の感想から

 

「先生の情熱ほとばしる、濃厚で貴重な時間でした。布や道具の知識、そして着物への愛をベースに、長年の研究の積み重ねをおしみなく教えて頂きました。手順は合理的、ムダなく手早くリズミカルに!大切なのは、縫うのも教わるのも「リズム」ということ。素直な気持ちで、教える人のリズムにのることが、実は上達への近道だと理解しました。とはいえ、ついていくのに必死でしたが…。(今後の課題です)テキスト・教材は宝物です。そしてますますきものが好きになり、グッと身近になりました。ありがとうございました。」(袖にそよ風さん)

 

「あっという間に講習時間が過ぎました。何度も同じ質問をしてしまい、失礼いたしました。織る時のポイントなども参考になり、とても勉強になりました。ありがとうございました。」(R.Oさん)

 

 

ご参加お待ちしています!


 

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

9月のお教室

平成29年9月の和裁教室のお休み日時と、着付教室の日程をお知らせします。

 

■お教室のお休み 

9月  3日(日)終日

9月  7日(木)、8日(金)終日

9月12日(火)終日

9月16日(土)〜18日(月)

9月22日(金)終日

9月27日(水)終日

 

着付グループレッスン (1回2時間)

910 /初心者向け「長襦袢から30分で着る」講座 全8回  

料      金:15,000円(税別) (着物レンタル 5,000円(税別))

講座内容:きもの未経験の方や、長い間着ていなくて心配!覚えているか

     再確認をしたい方を対象とした一重太鼓(名古屋帯)の集中講座です。

開講日程:火曜午前、土曜午後の2クラス

・火曜クラス 10:30〜12:30(定員 各3名)

     第1回    9月  5日(火)  肌着のつけ方、小物の準備 

     第2回    9月12日(火)  カンタン補整、長襦袢

     第3回    9月19日(火)  長着を着る、紐の扱い方

     第4回    9月26日(火)  座学(帯の種類、着物の種類)

     第5回  10月  3日(火)  名古屋帯、着物・帯の合わせ方

     第6回  10月17日(火)  折り上げ(ピンチを使う)

     第7回  10月24日(火)  総まとめ

     第8回  10月31日(火)  長襦袢から30分で着るトライアル

 

・土曜クラス 13:30〜15:30(定員 各3名)

     第1回    9月  2日(土)  肌着のつけ方、小物の準備 

     第2回    9月  9日(土)  カンタン補整、長襦袢

     第3回    9月16日(土)  長着を着る、紐の扱い方

     第4回    9月23日(土)  座学(帯の種類、着物の種類)

     第5回    9月30日(土)  名古屋帯、着物・帯の合わせ方

     第6回  10月14日(土)  折り上げ(ピンチを使う)

     第7回  10月21日(土)  総まとめ

     第8回  10月28日(土)  長襦袢から30分で着るトライアル

 

11月/袋帯(二重太鼓)の結び方講座 全4回  

料  金 :8,000円(税別)(着物レンタル 5,000円(税別))

講座内容:初めて二重太鼓を習う方から、再確認をしたい人までが対象です。

     帯の種類(全通柄、六通柄、ポイント柄)の解説を踏まえ、

     普段着から礼装用まで幅広くポイントを指導いたします。

開講日程:決まり次第お知らせいたします

 

 

 

マンツーマン着付教室 詳細はこちらから

講座内容:アイテムにあわせた自分好みの美しい着姿になるコツを

     じっくり自分のペースで学ぶことができます。

     ご希望の日時をいくつかお知らせください。

     講師とスケジュールを確認し、日程を調整させていただきます。

 

ご予約はメール、電話、工房にて、ご希望の日時の空き状況をご確認ください。

電   話:045-410-0410

メール:info@yamamoto-kimono.com

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

色抜き染替え道行コート

作品名 色抜き染替え道行コート
制作者 Y.S さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

娘の頃着ていたピンクのコートを色抜きし、染め替えました。色が濃くなり、模様がくっきり出て、全く違う感じになりました。裏地も工房で気に入った柄を見つけてとてもお洒落に仕上がりました。
細かく縫うのが大変でしたが、何とか形になり満足しています。
くるみボタンの仕上げ方や、紐の返し方等、色々とプロの技を教えて頂き、学ぶ事ができました。自分でコートが縫えるとは思っていなかったので、とても嬉しいです。充実した時間を過ごす事ができました。ありがとうございました。


やまもとコメント
染替えて自分の手で仕立て変えるプロセスを体験できたことは、面白かったと思います。

こうした、生地を生き返らせる仕事はワタクシもやりがいがある仕事です。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

初心/初めの一歩

作品名 初心/初めの一歩
制作者 A.N さん

 

 

 


受講生徒コメント

初めの一歩は自分らしい一着を、
普段の、日常着として木綿を選びました。
お蔭様で一針一針、初心者は初心者なりの形になったかと思います。
工房での勉強を通して、着物暮らしがより楽しく深みのあるものになりました。
先生方には本当に感謝しております。
これからも一つづつ、作る楽しみを重ねて行きたいと思います。


やまもとコメント
「初めの一歩」この言葉の心理を覗いてみましょう。それはどんな人にも「平等」におとずれるという事です。夢や希望を持ちワクワクする目標を立てながらも,必ず不安もあります。それを大きくして立ち止まっているよりも、まずは不安ながらも一歩を踏み出してみる。どんなに偉大な成功を収めた人にも、誰にでも平等にこの一歩はあるのです。

和裁初めて見ませんか。山本が寄り添います。

出来なかった人はいないと自負しています。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

付下げ

作品名 付下げ
制作者 Y.M さん

 

 

 


受講生徒コメント

紬が好きで何枚か縫ってきましたが、心機一転、やわらかものに挑戦です。
付下げで、柄合わせもあってと、初めてでドキドキしながら縫いました。明るくキレイな色目の反物は、縫っていても楽しかったです。


やまもとコメント
すっきりとした飛び柄の付下げは、無地感覚で着れながら一ランク格高な装いが出来るので使い勝手がいいアイテムです。

柄の付け方も絞りですし可愛らしく、色も明るく若々しいきものですね。

初心者でも簡単に導きますのでご安心くださいね。山本流の針の持ち方と運針技法がそれを実現しています。

生徒の作品集  訪問着 付下げ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -