映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

きるものがたり展’18:生徒作品展 4月19日(木)〜24日(火) そごう横浜新都市ビル 9階 入場無料
沖縄染織いざなふの風:5月6日〜8日、6月11日〜12日、日本橋COREDO室町3 三階「橋楽亭」にて
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

きるものがたり展準備完了‼

本日は生徒さんにご協力いただき、準備を進めております!!

今回で10回目となる、きるものがたり展。

着物を飾る台は着物が綺麗に見えるように試行錯誤した特別なものです。

飾られた着物を支える台は重たいのですが、今回は男性の生徒さんも参加していただいたので助かりました。

お着物は二人一組でかけると裾を引きずらずスムーズ。皆さんもうよくご存知です。

生徒の皆様のお力のおかげで、今回もあっという間に準備が完成!

ありがとうございます!明日からのお当番、21日の入替え作業もよろしくお願いいたします。

和裁やお教室に興味をお持ちの方、また着物を見るのがお好きな方、ご来場をお待ちしております。

 

 

和裁教室の作品展示会「第10回きるものがたり展」

http://blog.yamamoto-kimono.jp/?eid=1025520

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

「沖縄染織いざなふの風」展

「沖縄染織いざなふの風」展  

前期:5月 6日(日)〜 8日(火)11時 〜19時 (8日は16時まで)

後期:6月11日(月)、12日(火)11時 〜19時 (12日は16時まで)

会場:橋楽亭(COREDO室町3内 3階)

 

本展示会では紅型や芭蕉布、久米島紬、花織など、

山本が沖縄を旅して出会った布の数々をご紹介。

力強く、独特の美し和を持つ琉球の布と、沖縄以外の郷里でつくられた布を、

やまもと工藝がこだわる”モダンな取り合わせ”にてご紹介いたします。

 

 

 

 

DMご希望の方は info@yamamoto-kimono.com までお知らせください

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

6月のお教室

平成30年6月の和裁教室のお休み日時と、着付教室の日程をお知らせします。

 

■お教室のお休み  

夜の教室(18:30〜21:00)はしばらくお休みさせていただきます。

6月  2日(土)16:30〜

6月  3日(日)、4日(月)終日

6月10日(日)〜13日(水)終日

6月17日(日)、18日(月)終日

6月24日(日)、25日(月)終日

6月29日(金)、30日(土)終日

 

着付グループレッスン (1回2時間)

6月/袋帯(二重太鼓)の結び方講座 全4回  

料  金 :15,000円(税別)(着物レンタル 5,000円(税別))

講座内容:初めて二重太鼓を習う方から、再確認をしたい人までが対象です。

     帯の種類(全通柄、六通柄、ポイント柄)の解説を踏まえ、

     普段着から礼装用まで幅広くポイントを指導いたします。

開講日程:金曜午前、土曜午後の2クラス

・金曜クラス 10:30〜12:30(定員 各3名)

     第1回  6月  8日(金)   

     第2回  6月15日(金) 

     第3回  6月22日(金)

     第4回  6月29日(金)

 

・土曜クラス 13:30〜15:30(定員 各3名)

     第1回  6月  9日(土)   

     第2回  6月16日(土) 

     第3回  6月23日(土)

     第4回  7月7日(土)

 

7月/浴衣・半巾帯講習 

日  時:7月14日(土)13:30〜15:30(定員 3名)

料  金 :4,500円(税込)

講座内容:浴衣、半巾帯の着付が初めての方も、久しぶりの方も、

     ポイントを確認しながら学んでいただけます。

 

マンツーマン着付教室 詳細はこちらから

講座内容:アイテムにあわせた自分好みの美しい着姿になるコツを

     じっくり自分のペースで学ぶことができます。

     ご希望の日時をいくつかお知らせください。

     講師とスケジュールを確認し、日程を調整させていただきます。

 

ご予約はメール、電話、工房にて、ご希望の日時の空き状況をご確認ください。

電   話:045-410-0410

メール:info@yamamoto-kimono.com

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ご縁の袷(きるものがたり展 展示作品)

作品名 ご縁の袷
制作者 田中 玲子 さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

この反物に出合ったのは何年か前の展示会でした。一目でいいなと思ったのですが、あまり着たことのない地色だったので、少しためらいがあり、断念しました。その後教室で再度見たのですが、その時も決心がつきませんでした。今年になってふとこの反物の話をしましたら、まだ先生の手元にあると伺い、この度はためらわずもとめることにしたのです。この反物は私と強いご縁があったということでしょうか。大事にしたいと思います。


やまもとコメント

ありがとうございます。良い反物や作品は責任を持って特別に発注したり、約束の元に作られる信頼関係から生まれると思っています。そのようなこの着物に感謝ですね。

山本に来た時点で田中さんの手元で活躍することが決まっていたのですよ。

 

和裁教室の作品展示会「第10回きるものがたり展」

http://blog.yamamoto-kimono.jp/?eid=1025520

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

古代糸織の白鷹紬”淡雪”(きるものがたり展 展示作品)

作品名 古代糸織の白鷹紬”淡雪”
制作者 K.S さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

工房で出合った反物です。優しい色合いに惹かれました。
紬地なので縫い易かったです。
何年経ってもヨチヨチ歩き。点数はつけられません。
何度も何度も繰り返し御指導してくださる先生方に
感謝申し上げるのみです。
お教室を楽しんでおります。


やまもとコメント

Sさんは10年以上も前から和裁教室に通ってくれています。

着物を作り上げること、そして行程を楽しむ事に重きをおいて制作されています。

「バリバリ」でなくて良いし、なろうと思わなくてもよし。

いつまでも「ヨチヨチ」でも山本に来ていることで胸を張っていただけたら嬉しいです。

 

和裁教室の作品展示会「第10回きるものがたり展」

http://blog.yamamoto-kimono.jp/?eid=1025520

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

名古屋帯グループレッスン第2回

「もう忘れちゃったかもー」と生徒さんの声で始まった名古屋帯グループレッスンの第2回目。

先生は「忘れても大丈夫ですよ。繰り返していきましょう」との返事。

心配な様子でスタートしましたが前回よりも紐の扱いが馴れてきているようで

「気持ちいい」と、締めたときに気持ちの良い加減がわかるようになってきました。

 

今回は前回同様長襦袢の着方を繰り返し重点的に、後半は着物の裾丈を意識して腰紐の締め方を練習しました。

週に一回の講座なので、始めは前回の内容を忘れていても徐々に思い出していき、長襦袢を着る手順はスムーズになってきました。

始まりの先生の言葉のように、繰り返し体を動かしていくことが大切ですね。

 

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

手描裏付き無地着物(きるものがたり展 展示作品)

作品名 こだわりの袷
制作者  N.睫擇気

 

 

 


受講生徒コメント

あまり良い話ではありませんが、最近はお祝い事よりも葬儀へ行く事が多くなり、お通夜に着られる着物が欲しいと思いました。
私の中のイメージがあり、歩いた時に裾からチラッと蓮の花の柄が見えるようなそんな着物が欲しかったんです。先生に相談させていただいたところ、蓮の花の絵を描いたらどうかと言う事になりました。白生地の反物を希望の色に染めていただき、絵心の無い私はインターネットから蓮の花の絵を探し、こんなイメージで・・・と秀司先生にデザインを起こしていただきました。ここまでこだわったので、少し明るい色の糸の刺繍紋が素敵だったので、同じように明るい色の糸で家紋を入れていただきました。
1/14の法事にどうしても着たかったので、12月はお教室を増やしていただき、帯と同時並行で大慌てでした。直美先生の完璧なスケジュール通り進めると、きちんと間に合うように仕上がるのです。先生、本当にいつもありがとうございます。
秀司先生、何でもできるのですね。素敵な蓮の花を描いていただきありがとうございました。
法事が楽しみ・・・と言うのも変ですが、この素敵な着物を着られるのが、とても楽しみです!!


やまもとコメント

ふふふ!ありがとうございます!本物が目の前にあるイメージでデッサンから起こしましたから絵に動きが生まれます。

 

和裁教室の作品展示会「第10回きるものがたり展」

http://blog.yamamoto-kimono.jp/?eid=1025520

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

色紙重ね引け染め道行コート(きるものがたり展 展示作品)

作品名 道行コート
制作者 A.M さん

 

 

 


受講生徒コメント

工房の初売りで見つけたお値打ちの羽尺です。早いもの勝ちでGetしました。
寒色の道行はなかなか珍しいらしく、教室で縫っていると皆さん興味を持って見て下さいました。
道行を縫うのは初めてでしたので、細かく縫うのには苦労しました。裏をつける順番も長着とは違っていて、混乱しているうちに縫い上がってしまいました。もう一枚くらい縫って理解したいところです。


やまもとコメント

うん!徐々にですね。もう一枚で道行が理解出来たら天才でございます。是非とも山本にもっと通っていただけたらと願います〜。

あまり手にすることの機会の少ない、コートや羽織は勉強会を発足させましょうか?皆さんリクエストをお待ちしております。

 

和裁教室の作品展示会「第10回きるものがたり展」

http://blog.yamamoto-kimono.jp/?eid=1025520

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

山本セレクト品のコーディネート

やまもと工藝の玄関では、山本セレクトの反物・帯・帯〆のコーディネートをご紹介しております。

不定期ですが季節ごとに変わる景色をご覧くださいませ。

 


 

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

グループレッスン始まりました

本日より着付けグループレッスン8回コースが始まりました。

長襦袢から30分で着付けが出来るようになるために週一回の集中講座です。

今期は金曜日のコースはなくなり、土曜日のみの開催となりました。

 

1回目のポイントは補正と長襦袢の大切さです。

補正は土台となります。

出来上がりがこけしの様な寸胴になるように一人一人の体型を見て先生が補正する箇所を教えてくれました。

 

その上に長襦袢です。

綺麗に着る為の基礎ですので、長襦袢の羽織り方から何回も何回も着ました。

 

お着物の畳み方もしっかりとお伝えします。

 

1回2時間ですが初回だったので、生徒さんはなかなか腕が上がらなかったり、体が痛かったり。

「普段使わない筋肉を使ってストレッチになりましたね」と先生の一言。

週1回の講座なので体が着付けに馴れてくるのも早いと思いますよ。

これから綺麗な着物姿目指してがんばっていきましょう!!

 

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -