映画賞

きるものがたり 山本きもの工房

山本秀司(和裁士 和服の仕立て師)が主宰する着物工房や和裁教室の物語です
<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

秋桜の浴衣

作品名 秋桜の浴衣
制作者 Y.T さん

 

 


生徒コメント

全く初めての作品です。作り易いとうかがったので、浴衣にしました。改めてよく見ると、直したい箇所がたくさんありますが、今回はこれが私の精一杯だった気がします。
先生が一つひとつ丁寧に教えて下さったので、初めての記念の作品が仕上がりました。大切にします。知識や技術はもちろんのこと、色柄のチョイス等わからないことばかりで、これから自分の目を養わなくてはと思っています。


ちょっとコメント
この夏、きっと活躍してくれていると思います。遠慮なく工房においてある様々な着物はてにとって見ていってください。

やっぱり見て実際に着物と帯と帯揚げ帯締めとコーディネートを置いてあれこれ動かさないと磨かれません。

アッこれッというものが分かってくると思います。

生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

有松絞りの浴衣

作品名 有松絞りの浴衣
制作者 A.M さん

 

 

 


生徒コメント
有松に所用で行く機会があり、せっかくなので有松絞りの浴衣を買ってみました。8月に着たいと思い、くけを宿題にしていただいて、なんとか5回で仕上がりました。
浴衣は初めてで、単衣の仕立てと同じかなと想像していましたが、裏の始末が色々簡略化されていて面白かったです。耳ぐけも結構楽しい・・・。

ちょっとコメント
毎年6月の第一土曜日と日曜日が、有松絞り祭りがあり、賑わっています。

一次は衰退してしまい、応援のつもりで行っていましたが、ここ数年人気が出てきていると感じるのは私だけでしょうか。

私も随分前に雪花絞りをオーダーしに行ったことがありました。

やっぱり絞りは良いなと、作品を見ていたらまた行きたくなりました。

生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

夏塩沢に合わせた帯

作品名 夏塩沢に合わせた帯
制作者 冨谷 さと子 さん

 

 

 

生徒コメント
「心よきもの展」で、飾ってあった夏塩沢が以前から欲しくて、購入を決め、その着物に合う帯をとの希望に、直美先生が予算内で見繕って下さいました。
かっこいい系の粋な帯!! 私好みです!!(似合う似合わないは別として)
夏に着られるように早く仕上げましょうと、ほとんど先生におんぶに抱っこで、早く仕上げさせていただけました。
絹の張りのある生地のため、ただでさえ針の下手な私でしたが、ますます苦戦しましたが、本当に何度もチェックをして直して下さる先生のおかげで縫い終わることができました。
この帯に合う銀座結びもいつかマスターしたいです。
ご指導ありがとうございました。

ちょっとコメント
これ麻地だと思えるくらい張りがありますけど、絹です。撚りを多くかけるとこの風合いになります。

夏芭蕉とうたっている生地をよく見かけますが(芭蕉は全く入っていません)それと同じです。

着たときのお写真ありがとうございました。グレー地の紗夏塩沢にこの帯!素敵な女性で輝いて見えてました。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

仕立て直し黒地羽織

作品名 仕立て直し黒地羽織
制作者 K.Fさん

 

 

 


生徒コメント
友人からいただいた着物を仕立て直しました。羽織を作るのは初めてでした。袖の巾を足すために接ぎを入れたり、前下りを縫ったり、まちをつけたり、乳をつけたりと、初めてのこともたくさん教わりました。難しかったけれど、楽しくできました。
表地の柄にぴったりの裏地も教室で見つけられて良かったです。

ちょっとコメント
振りからちらりと見える羽裏地も、これなら目を見張るアクセントになりますね。本小紋染めの逸品です。

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

木綿のお着物

作品名 木綿のお着物
制作者 Y.Tさん

 

 


生徒コメント
初めて縫うお着物。おうちで気軽に着られるよう、木綿で作りました。思いの外、色落ちする布で、水通しから苦戦。縫う時も指が青く染まりました。
覚つかない手付きでしたが、先生に教えていただいた通りに縫い進めていたら、いつの間にか完成していました。(魔法のように。)
最初は難しく思った運針もだんだん楽しくなってきて、ずっと縫い続けていたいと思うようになってきました。着物の構造や部位の名称もよくわからないまま始めたので、次回からは全体をイメージしながら縫い進められるようになりたいです。

ちょっとコメント
着たことがないくらい、身体にぴったり吸い付くように着れることでしょう。

それはどういう事かと言うと、着付が格段に楽であり、長時間着ていても着崩れしないという事です。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

「長襦袢から30分で着る」講座のご案内

9・10月の着付グループレッスンは「長襦袢から30分で着る」講座です。

少人数制で初心者の方にも分かりやすいこの講座、前回受講された方の感想をご紹介します。

 

着付けを自分で安心してお出かけ出来そうです。三人でやったので、自分のでは分かりにくい個所も、人のだとよく見れて分かりやすかった。ちょっとした補正も、自分でできそうだし、帯揚げも美しく結べるようになって嬉しいです。ありがとうございました。(H.Tさん)

 

楽しかったです。まさか自分で着れるようになるとは!!

ありがとうございました。次回また参加を希望します。(T.Mさん)

 

■着付グループレッスン (1回2時間)

910 /初心者向け「長襦袢から30分で着る」講座 全8回  

料      金:15,000円(税別) (着物レンタル 5,000円(税別))

講座内容:きもの未経験者や、長い間着ていなくて心配!覚えてるかを

     再確認をしたい人を対象とした一重太鼓(名古屋帯)の集中講座です。

開講日程:火曜午前、土曜午後の2クラス

・火曜クラス 10:30〜12:30(定員 各3名)

     第1回    8月30日(火)  肌着のつけ方、小物の準備 

     第2回    9月  6日(火)  カンタン補整、長襦袢

     第3回    9月13日(火)  長着を着る、紐の扱い方

     第4回    9月20日(火)  座学(帯の種類、着物の種類)

     第5回    9月27日(火)  名古屋帯、着物・帯の合わせ方

     第6回  10月  4日(火)  折り上げ(ピンチを使う)

     第7回  10月11日(火)  総まとめ

     第8回  10月18日(火)  長襦袢から30分で着るトライアル

 

・土曜クラス 13:30〜15:30(定員 各3名)

     第1回    9月  3日(火)  肌着のつけ方、小物の準備 

     第2回    9月10日(火)  カンタン補整、長襦袢

     第3回    9月17日(火)  長着を着る、紐の扱い方

     第4回    9月24日(火)  座学(帯の種類、着物の種類)

     第5回  10月  8日(火)  名古屋帯、着物・帯の合わせ方

     第6回  10月15日(火)  折り上げ(ピンチを使う)

     第7回  10月22日(火)  総まとめ

     第8回  10月29日(火)  長襦袢から30分で着るトライアル

 

ご予約はメール、電話、工房にて、ご希望の日時の空き状況をご確認ください。

電   話:045-410-0410

メール:info@yamamoto-kimono.com

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

袷着物の裁ち方講習会 参加者の声

2016年5月15日袷着物の裁ち方講座、無事に終了いたしました。

参加いただいた方の感想をご紹介します。

 

先生の情熱ほとばしる、濃厚で貴重な時間でした。布や道具の知識、そして着物への愛をベースに、長年の研究の積み重ねをおしみなく教えて頂きました。手順は合理的、ムダなく手早くリズミカルに!大切なのは、縫うのも教わるのも「リズム」ということ。素直な気持ちで、教える人のリズムにのることが、実は上達への近道だと理解しました。とはいえ、ついていくのに必死でしたが…。(今後の課題です)テキスト・教材は宝物です。そしてますますきものが好きになり、グッと身近になりました。ありがとうございました。(袖にそよ風さん)

 

あっという間に講習時間が過ぎました。何度も同じ質問をしてしまい、失礼いたしました。織る時のポイントなども参考になり、とても勉強になりました。ありがとうございました。(R.Oさん)

 

当日の講座風景

 

以下、5月15日に終了いたしました袷着物の裁ち方講座の内容です。

__________________________________ 

着物の仕立ての良し悪しは、裁ちで決まると言っても過言ではありません。
きものの縫いに取り掛かる前には、様々な準備が必要です。
どういう視点で反物を見て、反物に合わせた準備をできるかが、とても大切です。
山本きもの工房の基本的な鋏の入れ方と仕組みをやさしく解説し、わかりやすくご指導いたします。
袷の長着です。教材、テキストが付いております

前回の様子をちょっとご紹介!






ご参加お待ちしています!


日 時:平成28年5月15日  10:00〜18:00 ※お昼休憩をはさみます。

費 用:生徒会員:28,000円(税込) 
    今回の教材は表地と八掛けは絹、胴裏は化繊を使っています。

定 員:6名

持ち物:裁縫道具、お弁当(外食でもOK)

講 師:山本秀司

お申し込み方法
お電話(045-410-0410)または、
メール(info@yamamoto-kimono.com)にてお申し込みください。

参加条件
・尺、寸、分の単位を理解できる方
・着物の基本的な部位の名称のわかる方
・プロの方も気兼ねなくお越しください、初心者には難しい講座になります。
 

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

9月のお教室

 平成28年9月の和裁教室のお休み日時と、着付教室の日程をお知らせします。

 

■お教室のお休み 

9月  1日(木)終日

9月  6日(火)終日

9月11日(日)終日

9月16日(金)終日

9月19日(月)終日

9月22日(木・祝)〜25日(日)終日

9月28日(水)終日

 

着付グループレッスン (1回2時間)

910 /初心者向け「長襦袢から30分で着る」講座 全8回  

料      金:15,000円(税別) (着物レンタル 5,000円(税別))

講座内容:きもの未経験者や、長い間着ていなくて心配!覚えてるかを

     再確認をしたい人を対象とした一重太鼓(名古屋帯)の集中講座です。

開講日程:火曜午前、土曜午後の2クラス

・火曜クラス 10:30〜12:30(定員 各3名)

     第1回    8月30日(火)  肌着のつけ方、小物の準備 

     第2回    9月  6日(火)  カンタン補整、長襦袢

     第3回    9月13日(火)  長着を着る、紐の扱い方

     第4回    9月20日(火)  座学(帯の種類、着物の種類)

     第5回    9月27日(火)  名古屋帯、着物・帯の合わせ方

     第6回  10月  4日(火)  折り上げ(ピンチを使う)

     第7回  10月11日(火)  総まとめ

     第8回  10月18日(火)  長襦袢から30分で着るトライアル

 

・土曜クラス 13:30〜15:30(定員 各3名)

     第1回    9月  3日(火)  肌着のつけ方、小物の準備 

     第2回    9月10日(火)  カンタン補整、長襦袢

     第3回    9月17日(火)  長着を着る、紐の扱い方

     第4回    9月24日(火)  座学(帯の種類、着物の種類)

     第5回  10月  8日(火)  名古屋帯、着物・帯の合わせ方

     第6回  10月15日(火)  折り上げ(ピンチを使う)

     第7回  10月22日(火)  総まとめ

     第8回  10月29日(火)  長襦袢から30分で着るトライアル

 

11月/袋帯(二重太鼓)の結び方講座 全4回  

料  金 :8,000円(税別)(着物レンタル 5,000円(税別))

講座内容:初めて二重太鼓を習う方から、再確認をしたい人までが対象です。

     帯の種類(全通柄、六通柄、ポイント柄)の解説を踏まえ、

     普段着から礼装用まで幅広くポイントを指導いたします。

開講日程:火曜午前、土曜午後の2クラス

・火曜クラス 10:30〜12:30(定員 各3名)

     第1回  11月  1日(火)   

     第2回  11月15日(火) 

     第3回  11月22日(火)

     第4回  11月29日(火)

 

・土曜クラス 13:30〜15:30(定員 各3名)

     第1回  11月  5日(土)   

     第2回  11月19日(土) 

     第3回  11月26日(土)

     第4回  12月  3日(土)

 

マンツーマン着付教室 詳細はこちらから

講座内容:アイテムにあわせた自分好みの美しい着姿になるコツを

     じっくり自分のペースで学ぶことができます。

     ご希望の日時をいくつかお知らせください。

     講師とスケジュールを確認し、日程を調整させていただきます。

 

ご予約はメール、電話、工房にて、ご希望の日時の空き状況をご確認ください。

電   話:045-410-0410

メール:info@yamamoto-kimono.com

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

長着からうわっぱりへ

作品名 長着からうわっぱりへ
制作者  Y.H さん


 

 


生徒コメント
紬地の袷から家庭着を作りました。
和服にも洋服にも対応できると思います。
内側のポケットは収容力があり、スマホも楽々と入り気に入っています。

ちょっとコメント
着物の上からもきる事が出来、割烹着の変わりに、はたまたお茶時の水屋着にいいですね。

 

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

名古屋帯

作品名 名古屋帯
制作者 A.Mさん

 

 

 

生徒コメント
黒っぽい帯が欲しくて、工房の帯地を見せて頂きました。その場にいた方々のご意見も参考にさせていただいて、一番使い勝手が良いものが選べたと思います。
名古屋帯の仕立ては二度目でしたが、縫い終わって表にひっくり返す時のワクワク感はたまりません。

ちょっとコメント
織楽浅野さんの帯です。上品、モダン、可愛らしさ、それぞれ違う趣向のセレクトでもまとめ上げてしまう浅野さんの帯。

なぜなら山本が選りすぐった逸品が揃えてあるからです。

着物をお持ちいただければ、これぞと言う浅野さんの帯をお見せします。

 

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -