映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月24・25日 10月22・23日 コレド室町/橋楽亭
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

米沢の紅花染紬

作品名 米沢の紅花染紬
制作者  田中 玲子さん

 


受講生徒コメント

着物や帯を選ぶ時はいつも最初の直感で決めています。この着物も色合いが一目で気に入って決めました。
何年習っていても一向に上手くはならないのですが、縫っていることが楽しく、これからも続けていこうと思っています。
手を動かすことは老化防止にもなりますから(笑)


やまもとコメント

田中さんは山本の和裁教室に通われて14年にもなります。さぞかし何でも一人で出来ると思うかもしれませんが訓練しているわけではありません。
ただコツコツ作り上げることを楽しまれているのです。このリズムを生活の衣に落とし込んで活躍されています。
これからもずーっと寄り添って指導していけたら私共も幸せです。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

緑の花浮織着物

作品名 緑の花浮織着物
制作者  Y.T さん

 

 


受講生徒コメント

見た目の可愛さに、生地の説明を詳しく聞かないまま、次回作にと決めました。ところが、前後4ヶ所の揚げにチャコを引く事がまず難問でした。裏に織の糸がぎっしりと渡っているため、チャコが生地まで着かないのです。さらに縦横どちらの方向でも、糸が渡っている部分は自分の縫い目も全く見えないのです。本当に難しい反物でしたが、お稽古を初めて十数年、新しいチャレンジも必要だと言いきかせ、頑張り切れたと思います。仕上がってしまった今、苦労した糸の渡し部分を見て説明できない事がとても残念です。


やまもとコメント

よく頑張りましたね、私共は完成に導くことはできても、行うのは本人です。プロでも難儀するこの生地をよくぞ自分の手で仕立て上げました。おめでとう。
この作品を見て、感慨深く、Tさんのお稽古第一日目を想い出すのでした。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ピンク地を染め替えた絵羽小紋

作品名 ピンク地を染め替えた絵羽小紋
制作者  M.K さん

 


受講生徒コメント

大昔に作ってもらったピンク地の着物。これをどうにか活用できないだろうかと思っていたところ、スタッフの方が濃い色を上からかけて色を変える方法を教えて下さり、早速お願いしました。とても感じのよい、少し緑色も入っているような色に仕上がってきましたので、縫い直しました。家族の集まり、観劇等に着ていけたらと思います。


やまもとコメント

洗い張りや寸法直し、型を変える!例えば着物だった物が羽織に、羽織がコートに、等々出来ることをご存知ですか?それもスゴイことですが、更にその上色も変えることができるのです。山本ではすべてをコントロールすることができます。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

娘の成人式振袖と長襦袢

作品名 娘の成人式振袖
制作者  松井 恵理 さん

 


受講生徒コメント

ずっと縫ってみたかった大作でしたが、すでに数年前から借りる約束をしていたので、それで済ませることにしていたのですが、急遽借用できないことになり、”では縫おう!”とタイムリミットぎりぎりで決心し、娘のひと目ぼれの柄で縫い始めました。実際に縫い始めると針の通りにくい部分があり、また柄により糸を細かく変えなければならなかったり、絵柄を合わせる作業だったりと手間のかかる事が多く、なんとか当日着せることが出来たのは先生の陰のお手伝いのお陰ととても感謝してます!
娘も母手作りの着物で、帯は私の成人式の物を締め大満足で”是非自分の娘にも自慢しながら着せたい!”とずい分先の夢を語ってくれました♡(笑)


やまもとコメント

山本にとっても、隠してあった!はずの一枚でした(笑) 嫁いでいったか〜という親心です。お嬢さんの気持ちにもウルウルしてしまいます。

 

作品名 成人式振袖用襦袢
制作者  松井 恵理 さん

 


受講生徒コメント

娘の振り袖を縫う決心をして生地の相談に娘と伺ったところ、本人がひと目で”コレッ!”と決め、合わせてこの襦袢が”とても軽くていいのよっ♡うちの娘のもこれで仕立てたのよ。”と勧めて頂き、生地の軽さ、手触り、柄ともに気に入り、即決しました!
期間的にもギリギリのスタートだったのですが、とても縫いやすく、ステキな柄が形になっていくのが楽しみでした。実際に着せてみると渋い柄で地味目な袖から赤くチラチラと見える襦袢が可愛くて大満足です。和装はやっぱりステキ!です。


やまもとコメント

この生地は、本来長襦袢にするには高級すぎる作り方の板張本小紋染!振袖襦袢分は着物2着分の価値です。こちらが用意できるのも、作り手に近い山本の得意とするところ。いい迫力です。この生地もあと少しで終了です。

生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

白鷹のぜんまい紬

作品名 白鷹のぜんまい紬
制作者  M.T さん

 


受講生徒コメント

ある日、工房の展示スペースに飾られていたこの反物に目が止まりました。色柄や紬の風合いが気に入ったのか、頭にずっと残っていたのです。前の作品が終わる頃、購入を決めました。裏地には好きなブルー系を選びました。
袷を縫うのは初めてで、裏地が付くのは難しいのではと少し不安でしたが、先生の御指導で一歩一歩進み、完成した時には感無量でした。裾の表地と裏地を合わせる横とじから、仕上がっていく過程は難しいところもありましたが、楽しかったです。
運針をしっかり身につけ、もっとスムーズに作業が進められるようになれるとよいのですが・・・。


やまもとコメント

単衣物と袷長着では縫う手間が違ってきますし、その工程も全く違います。単衣物を何枚も縫いこんでから袷の仕立てを覚えられるのが世の常ですが、山本では入って3ヶ月後にでも袷はかかれます。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

「沖縄染織いざなふの風展 【同時開催】着物お見立て相談会」

苧麻、芭蕉、絹といった様々な素材を生かす技や、作家さんのたゆまぬ創造力が産みだす染織など、多彩な魅力を持つ沖縄の染織。その魅力をより引き立てるやまもと工藝のコーディネートをお楽しみいただける「沖縄染織いざなふの風展」を日本橋橋楽亭にて開催いたします。

さらに今回は、全国から様々なご依頼をお受けしているやまもと工藝だからこそご提案できる「着物お見立て相談会」を同時開催。コーディネートを変えれば雰囲気をガラッと変えられ、解いて直したり、形も変えることもできる着物。お持ちの着物や帯がどんな風に活かせるのか、生まれ変わることができるのか。やまもと工藝でもよく受けるご相談で、多くの方に喜んでいただいておりまして、今回橋楽亭での開催となりました。

やまもと工藝の「お見立て」で、例えばどんなことができるのかと言いますと・・・

・気に入っている着物には、どんな帯が合うのだろう。昔ながらのセットも帯〆と帯揚げで、流行のコーディネートに生まれ変わります。

・若い頃の派手な長着は灰がかりに染めて落ち着かせられます。

・派手な長着は道行コートに直すとちょうど良いのです。

・豪華な柄の留袖は帯2本になり、素晴らしく活用できます。

・諦めた大きなシミは、金銀パールを振りかけ、品格よくよみがえります。

やまもと工藝がご提案する魅力ある作り手の布たちとのコーディネートも。

どうぞお手持ちの着物や帯について、またこれからのお着物ライフについてもお気軽にご相談ください。

 

「 沖縄染織いざなふの風展  【同時開催】着物お見立て相談会 」​

前期:  9月24日(月)11時〜19時 、25日(火)10時 〜16時                     

後期:10月22日(月)11時〜19時   、23日(火)10時 〜16時                  

会場:橋楽亭(COREDO室町3内 3階)

 

会場イメージ:橋楽亭での「沖縄染織いざなふの風」展の会場風景です。

   

    

 

 

DMご希望の方は info@yamamoto-kimono.com までお知らせください

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

9月のお教室

平成30年9月の和裁教室のお休み日時と、着付教室の日程をお知らせします。

 

■お教室のお休み  

夜の教室(18:30〜21:00)はしばらくお休みさせていただきます。

9月  2日(日)、   3日(月)終日

9月  9日(日)、 10日(月)終日

9月16日(日)、 17日(月)終日  

9月23日(日)〜 26日(水)終日

9月30日(日)終日

 

着付グループレッスン (1回2時間)

910 /初心者向け「長襦袢から30分で着る」講座 全8回  

料      金:24,000円(税別) (着物レンタル 5,000円(税別))

講座内容:きもの未経験の方や、長い間着ていなくて心配!覚えているか

     再確認をしたい方を対象とした一重太鼓(名古屋帯)の集中講座です。

開講日程:金曜午前、土曜午後の2クラス

・金曜クラス 10:30〜12:30(定員 各3名)

     第1回    9月  7日(金)  肌着のつけ方、小物の準備 

     第2回    9月14日(金)  カンタン補整、長襦袢

     第3回    9月21日(金)  長着を着る、紐の扱い方

     第4回    9月28日(金)  座学(帯の種類、着物の種類)

     第5回  10月  5日(金)  名古屋帯、着物・帯の合わせ方

     第6回  10月12日(金)  折り上げ(ピンチを使う)

     第7回  10月19日(金)  総まとめ

     第8回  10月26日(金)  長襦袢から30分で着るトライアル

 

・土曜クラス 13:30〜15:30(定員 各3名)※定員になりました

     第1回    9月  8日(土)  肌着のつけ方、小物の準備 

     第2回    9月15日(土)  カンタン補整、長襦袢

     第3回    9月22日(土)  長着を着る、紐の扱い方

     第4回    9月29日(土)  座学(帯の種類、着物の種類)

     第5回  10月13日(土)  名古屋帯、着物・帯の合わせ方

     第6回  10月20日(土)  折り上げ(ピンチを使う)

     第7回  10月27日(土)  総まとめ

     第8回  11月10日(土)  長襦袢から30分で着るトライアル

 

11月/袋帯(二重太鼓)の結び方講座 全4回  

料  金 :15,000円(税別)(着物レンタル 5,000円(税別))

講座内容:初めて二重太鼓を習う方から、再確認をしたい方までが対象です。

     帯の種類(全通柄、六通柄、ポイント柄)の解説を踏まえ、

     普段着から礼装用まで幅広くポイントを指導いたします。

開講日程:金曜午前、土曜午後の2クラス

・金曜クラス 10:30〜12:30(定員 各3名)

     第1回  11月  2日(金)   

     第2回  11月  9日(金) 

     第3回  11月16日(金)

     第4回  11月30日(金)

 

・土曜クラス 13:30〜15:30(定員 各3名)

     第1回  11月17日(土)   

     第2回  11月24日(土) 

     第3回  12月  8日(土)

     第4回  12月15日(土)

 

マンツーマン着付教室 詳細はこちらから

講座内容:アイテムにあわせた自分好みの美しい着姿になるコツを

     じっくり自分のペースで学ぶことができます。

     ご希望の日時をいくつかお知らせください。

     講師とスケジュールを確認し、日程を調整させていただきます。

 

ご予約はメール、電話、工房にて、ご希望の日時の空き状況をご確認ください。

電   話:045-410-0410

メール:info@yamamoto-kimono.com

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

子供用浴衣

作品名 子供用浴衣
制作者  肥後 三津枝 さん

 

 

 


受講生徒コメント

七五三に着物が着れるかどうか心配で、まず浴衣で慣れさせようと思いました。また毎年見に行く花火大会にも着せたいと思い、子供の浴衣を仕立てようと思いました。小さいので白地の方が可愛いかなと。でも柄が大きかったのでちょっと心配しましたが、着せてみたら心配したほどではなく良かった(可愛かった) 子供の浴衣と言えども、一つ一つの作業が細かく、始末も多いなァと思いました。


やまもとコメント

子ども物は肩あげや腰あげの行程が最後にあるので、形になってから一手間二手間かかります。しかし、この「あげ」がなんとも子どもらしくて可愛らしいですよね。子どもさんは夏の間にグンと手足や背がのびます。来年は成長を感じながらあげを調節して何回か着る機会を作ってあげてくださいませ。今年楽しく浴衣を着てもらえますように願っています。

 

生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ステンドグラス柄名古屋帯

作品名 ステンドグラス柄名古屋帯
制作者  M.T さん

 

 

 


受講生徒コメント

あまりに綺麗な染め帯に、心ひかれてお話を伺ったところ「京都の女性がお一人でそめていらっしゃいます」
初めて縫う染めの名古屋帯は、この帯にしようとすぐに決めました。
良い紬地なので、とても楽しく仕上げることが出来て、嬉しかったです。


やまもとコメント

この帯はチャンチン染めという技法で染められています。チャンチンとは染め道具の一つで、色と色とが重なってにじまない様に防染させる糊を線上に引いて行くものです。一つ一つの線が手で引き描かれているので、生きた表情になるのが特徴です。良い生地と生きた手染、それにTさんの手縫いのカルテットで生まれました。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

私の「終活」つづき

作品名 私の「終活」つづき
制作者  NONNA N. さん

 

 


受講生徒コメント

妹から貰っていた絹布四点を妹の娘のものに縫い直すことにしました。織物を始めたばかりの頃の作品で、どれも染めムラ有、織ムラ有ですが、娘ならば母親が手間をかけた布に愛着が涌くのでは―と思い、この仕事に取りかかりました。
ヤシャと一位で染めた縦縞の袷長着。インド茜、タンガラの名古屋帯が各一本。そしてヤシャ染めのこの羽織が最後の四枚目です。植物染料の色同士、さぞかしトーンが合うことでしょう。
この他に、この三年間で、あの方、この方に五点、計九点の終活作品を仕上げることが出来、すべてに感謝しています。


やまもとコメント

NONNA N.さんありがとうございます。ご経験者で他の教室に在籍し通いつつも、山本の技術を学びたいと向上心をみなぎらせながら製作していただきました。大変先細っているこの業種、次の世代へ渡していただく、NONNA N.さんも貴重な繋ぎ手の一人です。感謝です。

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -