映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

初めての羽織

作品名 初めての羽織
制作者 富谷さと子 さん

 

  

 

受講生徒コメント

初めての羽織が完成しました!
白生地から、自分の好みやイメージを伝え先生の助言を頂き、渋めで粋な紫色に染めていただきました!
元々織り込まれた銀糸のキラキラが映えて、とても素敵です。
和裁を習ってから、お教室での静かな時間や、いろいろなご縁で私の手元に来てくれた着物たちについて考えを巡らせている時の時間が、とても贅沢に感じて好きです。
いつか生活全体をもっと着物や和裁に費やせたらと、人生における目標、将来の楽しみもできました!
今は少し忙しくて、和服や和裁にどっぷり浸かれないことが残念ですが、日本人本来のゆったりとした時間の流れ、物を大切に丁寧に扱う心など、和裁を通じたくさんの気づきを下さいましたやまもと工藝様に感謝申し上げます。


やまもとコメント

お正月の福袋の中から選んでいただいた羽織の生地。銀糸だけでなく、よこ糸に太い糸が織り込まれていて、縫いづらく感じるかな。と心配でしたが、スムーズに手が進んでいて安心いたしました。白生地の時から銀糸がキラッと光っていましたが、富谷さんらしい粋なお色を選んでいただいたことでキラキラがより映えてドレッシーな雰囲気が増しましたね。

日々のお忙しい中、足を運んで頂けたことに感謝いたします。針を持ったり和服に触れたりする機会がゼロにならないように、少しでも時間を作っていただければ幸いでございます。

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | - | - | -

紅花単衣

作品名 紅花単衣
制作者 E.Sさん

 

 

  

 

受講生徒コメント

色が気に入って購入した反物です。
このところ濃い色味の地を縫うことが続いていたこともあり、とても楽しく作成することが出来ました。
裏地を縫っている際、小さなことだけれど、ああこうすれば良いのか!と気が付けることがありました。

また縫うのがおもしろくなりました。ラッキー


やまもとコメント

一見単色のように見えますが、糸の中でクルクルと桃色や薄紫に変わって見える楽しい生地でしたね。プロの仕事の中でも毎回発見の連続です。同じ事をしているようでも、生地によって綺麗に仕上げるためのアプローチの仕方は変わっていきます。裏についている居敷当ては胴裏の生地で、糸コキや針目等、実は難しい生地なのです。袷の裏にもなりますのでコツをつかんだら袷の縫いもキレイにできて楽しんで頂けるのではないでしょうか。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | - | - | -

黒地格子紬

作品名 黒地格子紬
制作者 M.K さん

 

 

 

 

受講生徒コメント

着物好きの叔母が「私が死んだら全部あげるから」と言っていたのに、従姉妹が急に着物好きとなりほとんどを持ち去った後の残り物(?)の一枚を仕立て直しました。揚げが少なく、長さが足りない分はお教室で用意して頂きました。
暑がりの身の為、背抜きで今回は作りましたので、生地が縫い重なる部分等で重みがあり、縫いづらい事もありましたがこれからの 10月や5月といった時期に気持ち良く着用できると思うと楽しみです。
背とじで差が出た際の段取りも教えていただき、今後の参考にしたいです。ありがとうございました。


やまもとコメント

ハギには黒い紬地を用意させていただきました。居敷当てではかくしきれなかった部分のくけが厚く感じられたかもしれません。胴抜き仕立ては単衣と袷の縫い方が混ざり合っています。裏がつく部分、つかない部分とのさかい目では、縫い代の処理の順番がポイントとなります。いろんなお着物を仕立ててきたKさんには、ハギが入ったり、 胴抜きだったりと一手間二手間必要な内容で、また1つレベルアップできたのではないでしょうか。残り物には福があるものです。この着物がどんな福を運んできてくれるか楽しみですね。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | - | - | -

12月のお教室

2020年12月の和裁教室のお休み日時と、着付教室の日程をお知らせします。

 

お教室のお休み 

12月   1日(火)終日

12月   5日(土)〜 8日(火)終日

12月 14日(月)〜 15日(火)終日

12月 21日(月)〜 31日(木)終日

 

着付グループレッスン(1回2時間)

次回の日時が決まりましたら、お知らせいたします。

 

マンツーマン着付教室 詳細はこちらから

講座内容:アイテムにあわせた自分好みの美しい着姿になるコツを

     じっくり自分のペースで学ぶことができます。

     ご希望の日時をいくつかお知らせください。

     講師とスケジュールを確認し、日程を調整させていただきます。

 

ご予約はメール、電話、工房にて、ご希望の日時の空き状況をご確認ください。

電   話:045-410-0410

メール:info@yamamoto-kimono.com

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | - | - | -

椿の名古屋帯

作品名 名古屋帯
制作者 S.Kさん

生徒コメント

可愛い椿の柄と優しい色合いに一目惚れをして教室で購入させていただきました。

初めての名古屋帯で縁を細かく縫い上げる事と絹糸の扱いがとても難しく、苦労しました。

出来上がって、たとう紙に包まれた帯を見たときはとても嬉しかったです。これから沢山使って、愛用したいと思います。

やまもとコメント

八寸帯の名古屋帯でしたので、手先と太鼓をかがり縫いしていただきました。かがり縫いは糸をこするような状態がなんども続きますので、糸が絡まりやすく、扱いが難しかったかもしれません。かがり縫いのときは、縫うときの糸の長さがスムーズに縫う為のポイントかもしれませんね。とても細かく縫えているので、糸と生地と馴染んでとても綺麗に仕上がっています!

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | - | - | -

11月のお教室

2020年11月の和裁教室のお休み日時と、着付教室の日程をお知らせします。

 

お教室のお休み 

11月   2日(月)〜   3日(火)終日

11月   5日(木)終日

11月   8日(日)〜 10日(火)終日

11月 15日(日)〜 17日(火)終日

11月 22日(日)〜 25日(水)終日

11月 27日(金)終日

11月 29日(日)〜 30日(月)終日

 

着付グループレッスン(1回2時間)

次回の日時が決まりましたら、お知らせいたします。

 

マンツーマン着付教室 詳細はこちらから

講座内容:アイテムにあわせた自分好みの美しい着姿になるコツを

     じっくり自分のペースで学ぶことができます。

     ご希望の日時をいくつかお知らせください。

     講師とスケジュールを確認し、日程を調整させていただきます。

 

ご予約はメール、電話、工房にて、ご希望の日時の空き状況をご確認ください。

電   話:045-410-0410

メール:info@yamamoto-kimono.com

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | - | - | -

星空柄小紋

作品名 星空柄小紋
制作者 M.M さん

 

 

 

 

 

受講生徒コメント

しみやヤケがたくさん目立っていた伯母からもらった色無地でしたが、地の浅葱色が気に入っていたので何とか着られるものにしたいと思っていました。元の色を星の様に残して濃い青緑に染めたら、本当に宇宙のようになり、満足しました。
ところが仕立てに入ってみると、印や縫い目が見えないという大問題が発生。いろいろな方向から生地の表面をながめて印を探したり、指先で触って縫い糸を確認したりと本当に目が疲れました。でも長〜いこと眠っていた懸案の着物が生まれ変わってたいへんうれしいです。帯合わせもいろいろ楽しめそうで10月が待ち遠しいです。


やまもとコメント

絹の光沢が美しい生地でしたので、深い色に染めても沈むことなく、本当に星が瞬いて見えるようですね。Mさんの思い描いていたイメージが見事に表現されていますね。やまもと工藝では絹の糸も綿の糸も、プロが使用しているものと同じ品質の糸を生徒さんにも使用していただいています。常時150色以上の糸が用意されているのですが、それでも色が合わないことがあるのです。大変苦労されたようですが、生地にぴったりの色糸があってよかったです!

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | - | - | -

緑色羽織

作品名 緑色羽織
制作者 前田幸四郎 さん

 

 

 

 

受講生徒コメント

メルカリで購入しました。これから涼しくなる季節に向けて洋服の上にジャケット代わりに羽織れる様な羽織が欲しいと思い、お教室で縫いました。 
縫ってみると縫いが硬くて驚きました。針を何本も折ってしまいました。

今回の羽織の点数は50点。縫う前のコテ当てなど手順を覚え、次回はもう少し自己採点の点数を上げていきたいです。


やまもとコメント

「あれ、ここはこうでしたっけ?」と以前縫った手順を思い出しながらお教室の時間を過ごしてくださっている前田さん。伝えたことが少しずつ身についていただけてるのかな、と嬉しく思います。羽織のポイントは襟の準備にあります。きっと前田さんはお気づきなのでしょうね。50点とは!ご自身の手で縫っていただいてますので、満点でも良い位の出来上がりになっていますよ!

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | - | - | -

洗える用正絹長襦袢

作品名 洗える用正絹長襦袢 
制作者 Y.Sさん

 

写真がないためコメントのみ掲載させていただきます。

 

受講生徒コメント

他の生徒さんが作っているのを見て、いつか縫いたいと思っていました。旅行や遊びに行く時に、着物を着た時に暑くて結構汗ばんでしまうことが続き、正絹で洗える長襦袢がほしいと思っていたので、反物の時点で洗って縮ませておけば大丈夫なのだと知って「ヨシ!」と。縫いあがった今は洗った後にきちんとととのえられるか心配ですが、もっと着物を着る機会を増やしたいです。
 

やまもとコメント

肌に近いものですから袖口や裾が汚れやすく、お手入れに悩んでしまうことの多い長襦袢。Sさんは普段着に着ていただく事が多いので、重宝していただけるかと思います。たくさん着てあげた長襦袢を洗える用に仕立て変えてあげるのもオススメですよ。襟先やたて襟先は洗える仕様に一手間加えてあります。着用して、お手入れした後のご感想も是非お知らせ下さいませ。

生徒の作品集  襦袢 | permalink | comments(0) | - | - | -

母の大振袖の仕立て直し

作品名 振袖
制作者 S.S さん

 

受講生徒コメント

母が結婚でしか着ていない、70年以上も前の大振袖。私の時代には着る事は考えもせずにスルーしてしまいましたが、孫の「これ着たいなー」の一言で、初めての振袖に挑戦することになりました。古い生地なので弱っている部分や反物幅も狭く、柄合わせしながらの寸法で何色もの色糸を取りかえながら大変でしたが頑張りました。完成した時は本当に嬉しかったです。孫は小学六年生でジャストサイズに仕上がり、卒業式に着たいなーと喜び、母も喜んでくれました。先生、ありがとうございました。


やまもとコメント

大作が出来上がりましたね!!

お孫さんの一言で挑戦しようと思った心意気も素晴らしいと思います。長くお教室に通っていただいたことが自信につながり、挑戦しようという気持ちを持っていただけたのだと思います。お母様の喜びひとしおでしょうね!!卒業式だけでなく、ひなまつりやお正月などにも袖を通していただけると良いですね! 

生徒の作品集  振袖、留袖 | permalink | comments(0) | - | - | -