映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

初の柄合せ付下げ

作品名 初の柄合せ付下げ
制作者 O.T さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

初めての柔らかものの着物です(今まで紬ばかり縫っていました)。

姉から貰った付け下げで、私には少し大きかったので、練習で縫い直してみようと挑戦してみました。
模様合わせはどうしようと心配でしたが、先生が模様合わせの仮縫いをしてくれたので、ズレることもなく綺麗に収まりました。自分で着る着物なので楽しみながら縫うことができました。有難うございました。


やまもとコメント

ほんの少しのお手伝いですから、仮縫いしてもらったなんて言わなくていいのにぃ〜

でも本縫いはすべて自分でやったのですから、初心者でも絵羽ものを縫い上げたということは揺るぎない事実です。よくがんばりました。おめでとう〜

生徒の作品集  訪問着 付下げ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

再生の絽小紋

作品名 再生の絽小紋
制作者 M.M さん

 

 

 


受講生徒コメント

知人からいただいた着物です。
汚れや痛みもありましたが涼しげな色と柄が気に入りましたので、是非活かしたいと洗張りをしてから仕立て直すことにしました。絽目がはっきり見えるので、縫いやすい面もありましたが、地の目が相当まがっていて布目を通すことが難しい場所があり大変でした。何とか形になりましたので、来年の夏に着用するのが楽しみです。綺麗に着れるように、袖と前身頃を入れ替えて仕立てることも教えていただきました。どうもありがとうございました。


やまもとコメント

着用していきますと上前が傷みやすく、それらは下前に移動させますが、とうとう綺麗な部分がないとなるとお袖まで使って再生していきます。

素敵な意匠ですから、とことん着てあげてください。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

入れ子菱模様の単衣用名古屋帯

作品名 入れ子菱模様の単衣用名古屋帯
制作者 K.萩原 さん

 

 

 


受講生徒コメント

他の生徒の出来上がった名古屋帯を工房で拝見して「すてき!」と思わず声に出すともう一本、色違いのモノがあるとのこと、

渋めのオリーブ系ですぐに購入を決めました。最近は単衣を着る時期が長くなり、出番の多い帯として活躍してくれそうで楽しみです。
表地に出さないように、縫代と芯地を止め縫いするのが難しかったです。

 


やまもとコメント

素材は麻100%で素材感があります。その上でモダンで素敵な手染めの染め帯ですね。

手の込んだ意匠というのは語らずとも人に「いいな』と感じさせてくれます。ですからそれを身につけることは自分が昇華されることはもちろん、他人をも幸せにできる力があります。そんな商品が格安だとしたら嬉しいですよね。山本はそういう物を念頭にご用意しています。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

洗える絹の単衣

作品名 洗える絹
制作者 K.萩原 さん

 

 

 


受講生徒コメント

外から帰ると胴周りのタオルが重くなるほど汗をかく夏の着物・・・自分で洗うことができればどんなに気持ちのいいことか・・・、そんな時、教室で「洗える絹」に出会いました。スタッフの方が洗える絹の着物を品よく着ていらして素敵でした。中性洗剤で洗う教室の講習会にも参加。縫い始めから完成までの間に孫の着物や被布、秩父銘仙の袷、帯等が入り、今日ようやく提出、ホッとしました。
三渓園の「夏じたく展」で、先生のお着物が中庭でハタハタと涼しげに風と戯れていたのが印象的でした。
生地が薄いため衿裏の本ぐけに苦労しました。

 


やまもとコメント

お陰様で大好評の「洗える絹の夏きもの」・・・糸の選定から始まり布の組織構造の指定まで、全てオリジナルの生地です。だからこそ洗える構造が作れるのですね。今は袷の着物でも出来ないか日々思案中です。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

「袷着物の裁ち方講座」参加の方からご感想

先日の「袷着物の裁ち方講座」に参加された方からご感想をいただきました。和裁教室生徒でしたので「感想をお願い」と頼みましたら、恐縮してしまう長文をいただいてしまいました。どうもありがとうございました。そのままご紹介します。

 

写真はイメージ:過去の半襟付け講習と、洗い方とアイロン掛け方講習の様子です。

 

裁ちが一番難しいという事は聞いていましたし、和裁を習い始めて1年半位で、簡単に習得できるものではないとは思っていたのですが、裁ちから全ての工程を経験してみたくて、講座に申し込みました。
先生はとても合理的に要点を押さえて教えてくださいました。
プロのする本物のやり方を惜しみなく教えて下さり、
公式に当てはめて寸法を割り出し、手順通りに進めれば裁ちができるようになります。
初心者である私はついて行くのに精一杯でしたが、でも落ち着いて先生の教え通りに進めればできそうです。
実は今回、私は 間違った所に鋏を入れてしまうという大失態。でも、あー練習でよかったねーとの先生の一言に気を取り直し、最後までたどり着くことができました。これを教訓に、本番では絶対に失敗しません!


さてさて、一応 裁ちがこういうものだという経験はできました。でも知れば知るほど、奥が深いという事が分かってくるというもの。
先生は、柄合わせとか生地の状態を見て、何万通りもある組み合わせから瞬時にどこに何を持ってきたらいいか判断されるそう。そこに辿り着くのはそうそう出来そうもありません。それは経験と努力が必要という事はもちろんですが、天賦の才能の領域のようにも思えます。


教室では、下準備をして頂いたものを 縫うところから始めていたので知らなかったのですが、裁った生地の布目を整える 地直しの作業もして頂いていたんですね。
地のしや地直しの工程を惜しまず丁寧にする事で、長年着ても狂いのない美しい着姿を保つ仕立てができるのだそうです。
素材によっても扱い方が全く違うので、それを見極めて、最適な方法をその都度考えるのだそうです。
本当に献身と言ってもいいようなお仕事をなさっています。
プロとしての矜持と愛がなければ出来ないお仕事だと思いました。
そしてこのような丁寧な仕事をされるところは本当に少ないのだそうです。
中々伝わりにくい事ですが、丁寧な仕事はやはり自ずと語っていますね。
本当に美しいです。


講座終了後、お茶を頂きながら聞かせて頂いたお話も とても面白く興味深いことばかりでした。
そして目の前の一人のために、今ここに全力を注ぎ込むということ。
そういう先生の仕事に対する姿勢に、いろんな事を学ばせて頂いた 充実した一日講習でした。
先生は ますます自在に 枠を超えたお仕事をされていらっしゃるご様子で、これからのこともすごく楽しみです。
そしてもっとたくさんの人に和裁の素晴らしさを伝えて頂きたいです。
ありがとうございました。

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

山本きもの工房15周年「新年のつどい」のご案内

新たな年を迎えるにあたり一年の良きスタートと皆様の更なるご活躍を祈念し、

新年会を企画いたしました。

お陰様で当工房も15周年を迎えます。

お世話になっている皆様への感謝を込め、

華やかに「新春のつどい」を開催できたらと思っております。

会場は、ホテルニューグランド開業当時のメインダイニング

「フェニックスルーム」

皆様への感謝を込めた豪華景品の当たる「くじ引き」もご用意しております。

ご多忙中とは存じますが、ぜひともお誘い合わせの上、

ご出席下さいますようお願い申し上げます。

 

   

 

日 時 :2018年1月28日(日)12:30受付 13:00開宴

会 場 :ホテルニューグランド 本館 フェニックスルーム

     ビュッフェ・フリードリンク付きで会費 10,000円  

     お着物でなくても構いません。

お申込み:info@yamamoto-kimono.com 又は045-410-0410までご連絡を

     前日当日キャンセルは料金が発生してしまいますのでご了承ください。

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

色大島のリニューアル

作品名 色大島のリニューアル
制作者 M.M さん

 

 

 


受講生徒コメント

40年位昔に織られた大島紬だと思います。
伯母から母へ、母から私へと譲り渡されてきました。私の手元でちょっとリニューアル。元々は橙色・黄色・緑色などを使って、古代エジプトの壁画風の柄が織り出されていましたが、敢えて茶系の色をかけて、目立たなくさせました。落ち着いた染め上がりで、長く着用できそうな着物になり、満足しています。
初めて袷を縫いましたが、和裁の本を見てもよく理解できないことをわかりやすく教えていただき、感謝です。
お教室を続けて縫い方をマスターしたいと思っております。


やまもとコメント

色をかけて現代感覚を装った色味にするのも山本の得意とするところです。どういう指示を出していくかが意外とテクニックを要します。理想に近づけるのは、ただただ発注してもできないのです。今まで失敗も数知れず、今では染める側のクセまで把握して、バランスを保てるようになりました。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

いとおしい時間

作品名 いとおしい時間
制作者 Y.T さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

工房で見せていただいた反物の中から、濃い紫のお色と、染めの格子の柔らかな印象に魅かれて選びました。
やわらかもので袷は初めての挑戦だったので、最初は少し難しく感じましたが、縫い進めていくうちにだんだん魅力に引き込まれました。やわらかく手に重みを持ってしなだれかかってくるような感じが何ともいとおしく、うっとりするような甘美な時間を過ごせました。
このお着物に袖を通すたび、その時間の記憶もよみがえってくると思います。導いてくださった先生に心より感謝いたします。ありがとうございました。


やまもとコメント

山本にはこの色違いの物が、シリーズのようにありました。2色しか使っていないのにもかかわらず、無限のグラデーションを感じる奥行感に魅力を覚えたのです。共感していただけて嬉しいです。Tさんは着物のコーディネーターを目指されたらいかがですか、表現力がとても素晴らしいので!

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

大好きな黄色 久米島紬

作品名 大好きな黄色 久米島紬
制作者   S.I さん

 

 

 


受講生徒コメント

先生に「似合いそうないいのがあるよ」と見せていただいて、ひと目で気に入った反物でした。購入するまでに1年弱、縫い始めてからも2年程お休みをいただき、やっと仕上げることができました。
糸が飛んでいる部分は少し縫いにくかったのですが、膝に乗せているとポカポカと暖かく、冬に着るのがとても楽しみです。


やまもとコメント

石川さんはご自分でも織りをされますので、珍しく貴重な真綿の久米島紬・組織ものを見てほしかったのです。この仕様は山本にもなかなか入ってこない意匠です。山本には選りすぐられた久米島紬が豊富にあります。ぜひ久米島紬をきもののアイテムに入れていただきたいと思います。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

「やまもと工藝 セレクトコーデネート展」を開催します

2017年 10月 3日(火)〜 7日(土) 10:00 〜18:00

袋帯「パーリッシュ 余韻」
帯締 龍工房
帯揚 ワークショップ作品「紅花染め」

各産地の風土から生まれた貴重な布々のなかから、山本の視点で選りすぐられたコーデネート例をご堪能いただきます。
各パーツが絶妙に織りなすハーモニーに「あっっいいな」とお感じいただければ幸いです。
●この期間中は通常価格より10〜40%引きになります(加工料除く)

■紅花染めワークショップを開催
その昔、金よりも高価だった紅花の染料。そこから生まれる色は人々を魅了しました。
そんな草木染を体験いただき、自作の紅花染め帯揚げを手にしていただけます。

日 時:10月/5日、6日、7日  
    10:00〜 14:00〜
費 用:4,600円(正絹材料費込み)
持ち物:エプロン、割烹着など
申込み:前払い制/先着順 電話かメールにてお申し込みください
 

 

講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -