映画賞

きるものがたり 山本きもの工房

山本秀司(和裁士 和服の仕立て師)が主宰する着物工房や和裁教室の物語です
沖縄染織コーデネート展 5月17日(木)〜5月21日(日)
開港祭花火&ディナーの会:6月3日(土)19:00/スタート
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

花織の袷

作品名 花織の袷
制作者 橋本 恵子さん

 

 

 


受講生徒コメント

夫が選んでくれた柄で、とても気に入ったものでしたが、とてもとても縫いにくい布でした。
見た目だけで布を選んでしまってはいけないのだと反省しました。
出来上がりは可愛い花柄でした。お出掛けが楽しみです。


やまもとコメント
苦労して作り上げたからこそ、喜びもひとしおだと言う事ですね。裏に緯糸がびっしりと入っているので空気を沢山含む事になるのでとても暖かい着物です。

単衣に仕立て上げる事は基本的にいたしません。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

胴抜き仕立ての洗い張り小紋

作品名 胴抜き仕立ての洗い張り小紋
制作者 Y.S さん

 

 

 


受講生徒コメント

実家のタンスに長年ねむっていた着物を、洗い張りして仕立て直しました。
洗い張りをしても生地が硬くて、針が通りにくくて大変でした。
今秋に着て、お出かけしたいです。


やまもとコメント
洗い張りをすると少し硬くなるのが常です。艶と張りを持たせるために糊を適量入れるためですが、コレも人それぞれの好みの具合で推し量られますので洗い張りの出来ぐあいも、千差万別なわけです。

なので店によって違いがありますので、好みに合うように伝えるのも一考です。

 

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ハギ入りの袷

作品名 ハギ入りの袷
制作者 H.K さん

 

 

 


受講生徒コメント

頂き物で味のある柄ゆきでしたが丈が足りず先生にすがりつきました。あまりに足りなくておはしょりぶんの上下隠れるところ2か所に足し布。手持ちの紬余り布に適当なものがなく、色を染めるところからスタートし、胴接ぎに四苦八苦し、とても手間のかかった一枚でした。ちゃんと着られるように、面倒な丈の割出しをして下さった先生のおかげです。出来上がって、改めて全体の形を見て、すごいことだ!と感動しました。
縫っている途中で泣きごとを言わなくなった分、少しは成長したのかなと思います。相変わらず手は遅いのですが。


やまもとコメント
素晴らしい着物なのに絶望的に丈が足りない場合も多々ありますよね。。。。これも一つの答えです

 

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

夾纈染の牛首紬

作品名 夾纈染の牛首紬
制作者 T.W さん

 

 

 


受講生徒コメント

牛首紬を着てみたいと思っていたら、気に入った色柄に出会ったので、購入した反物です。
いつものように、先生の丁寧なご指導のお陰で完成致しました。ぐし縫いはなんとか上達したかと思いますが、本ぐけ縫いはまだまだ難しいです。


やまもとコメント
この反物を気に入ったんだ〜とお持ちになり、反物を前に談笑しながら聞いてみた。。

「やっぱりこの柄は横段で全部合わせたいと思ってる__?」・・・そして大きく頷く彼女・・・

「そー」やっぱり__。 普通に裁つより何十倍も難しいのです。。

 

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

エンジ干支柄単衣小紋

作品名 エンジ干支柄単衣小紋
制作者 N.K さん

 

 

 


受講生徒コメント

色々な干支の柄が入っていて面白いなと思いました。
生地がやわらかかったり伸びたりと、縫うのも糸こきも難しかったです。単衣だとくけの縫い目が目立つので、もっときれいに縫えたらな・・・と思います・・・。


やまもとコメント
そのとおり単衣は,難しいのです。そのなかで一番難しいのは何だと思いますか?

それは「雨コート」です。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

縞模様のお召し

作品名 縞模様のお召し
制作者 K.R さん

 

 

 




生徒コメント
クリーム地の普段着が欲しくて、工房でもとめました。縞模様なので、直線はとても縫いやすかったのですが、ななめの線は生地がかたくて折り線がとてもつけにくく難しかったです。
最初先生に黄色系の八掛をオススメしてもらったのですが、その時の気分で少しオレンジがかったものを選びました。縫っているうちにやっぱり黄色系にすればよかったなと思い始め、先生のオススメは正しかったんだと後悔しました。
久しぶりの袷でしたが、今までの反省点をいかして、少し前よりうまくできたのではないかと思っております。

ちょっとコメント
いやいやそんなことはないですよ、素敵な八掛の色に 仕上がっています。私どもが勧めた色味と違うのでそう感じる部分もあるのではないですか。自分に合う色は自分が一番知っている訳ですから、そのとき選んだ色に胸を張って着てください。完璧に素敵ですよ。

着物は着るだけでも気分が晴れやかになるわけですから、そんな思いは着た時に吹き飛ばしてしまって下さい。必ず素敵な一日になります。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

斜万筋の着物

作品名 斜万筋の着物 
制作者 NONNA N. さん

 

 

 



生徒コメント
この袷長着の模様は、伝統的な伊勢型紙の伊勢五役”万筋、通し、行儀、斜万筋、角通し”の中の一つの斜万筋です。気に入って数年前に購入し、手許であたためていました。この度、山本先生との出会いのきっかけを作って下さった知人に着て頂きたいと思い立ち、その方の作品との物々交換ということで折合って、やっとのことで寸法を頂いて、仕立てるはこびとなりました。
工房に通い始めて2年と3ヶ月が経ち、この袷長着は8枚目の作品です。袷長着の縫い方だけでも何とか習得したいと思っていますが、”基本のキ”の運針さえもいまだに習得出来ていないので、前途遼遠です。でも望みを捨てないつもりです。

ちょっとコメント
今までの教室生徒さんで2年と3ヶ月で袷長着を8枚縫った人はいないと思います。基本はすでに習得しているといってもよいのではないでしょうか。あとはコツを覚えていけばいいので終わりはありませんが、楽しく覚えていってください。

ちなみにNONNA N.さんは傘寿を越えていらっしゃいます。私もNONNA N.さんのようにバイタリティーあふれる毎日を送れるよう目標にします。今のNONNA N.さんに届くかもわかりませんけどね(笑)

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

木綿のお着物

作品名 木綿のお着物
制作者 Y.Tさん

 

 


生徒コメント
初めて縫うお着物。おうちで気軽に着られるよう、木綿で作りました。思いの外、色落ちする布で、水通しから苦戦。縫う時も指が青く染まりました。
覚つかない手付きでしたが、先生に教えていただいた通りに縫い進めていたら、いつの間にか完成していました。(魔法のように。)
最初は難しく思った運針もだんだん楽しくなってきて、ずっと縫い続けていたいと思うようになってきました。着物の構造や部位の名称もよくわからないまま始めたので、次回からは全体をイメージしながら縫い進められるようになりたいです。

ちょっとコメント
着たことがないくらい、身体にぴったり吸い付くように着れることでしょう。

それはどういう事かと言うと、着付が格段に楽であり、長時間着ていても着崩れしないという事です。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

洗える絹の単衣

作品名 洗える絹の単衣
制作者 田中 玲子 さん








生徒コメント
仕事がら夏にも着物を着なくてはいけないのですが、ポリエステル地は踊りにくいので、洗える絹のものがあればと思っていた時に、工房で出会ったのがこの反物でした。工房へ通い始めて10年余、やっと和裁の入口にたどりつけたかなと思っています。
これからもいろいろなものに挑戦していけたらと思います。

ちょっとコメント
この生地は、世の中に洗える絹の着物でいいテイストのものがなかなかないので、よしそれでは自分で開発してしまえと、織元に依頼をして、開発した自信の一品 です。
これも絹という糸の素材の適性を理解している人と組まなければなかなか作れないし、布の表情もどうしたらどうなるということを責任を持って指示しないと作れないので、完成した時には本当に嬉しかったです。

水を通して洗える絹はそうはないので、ぜひ皆さん作ってみてください。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

はじめての袷

作品名 はじめての袷
制作者 Y.盒 さん








生徒コメント
浴衣の次は柔らかもの袷に挑戦しようと見せていただいた反物の中から、かわいさと上品さを合わせもつこの小紋を選びました。
真っ直ぐ縫ったつもりが曲がっていたりと何度もやり直し、ゆっくりとしか進みませんでしたが、習い始めて一年でこんなに素敵な着物を仕上げることができ、とても感激しています。

ちょっとコメント
着物を縫うということは、お教室で考えたらとても大きな作品ですから、皆さんは自分には難しいだろうと感じてしまう節があるのは当然ですね。そこのところを山本ではなるべく苦労を感じさせず、楽しく完成に導くようにしています。これってなかなか難しいことなんです。そこが山本のテクニックかな。もの作りを楽しむ、それに着物を選んでくださりありがとうございます。

生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -