映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
半期に一度の展示販売会: 11月13日(水)〜 16日(土)10時〜17時 ワークショップ:紅花染め帯揚の製作
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

茶色道中着

作品名 茶色道中着
制作者 田中玲子さん

受講生徒コメント

友人の道中着です。お母さんが染色家で、彼女が着ているのはすべてお母さんの作品です。そのお母さんが何年か前に他界をされ、遺品を整理していたら出てきた反物とのこと。色無地の着物用で共の八掛があったのですが、コートに仕立ててほしいとの依頼でした。大事なものを縫わせて頂き、感謝の一言です。先生のご指導のもとでなんとか仕上げることができました。


やまもとコメント

着物だけは特別な着る物だといつも思います。作り手の愛情がどれだけ沁みゆく物なのか計りしれません。たとえ着た物であっても喜んで次の担い手に受け継がれます。洋服だと新しい物であってもありがた何とやらになる事もあります。
ご友人にとってもかけがえのない逸品を田中さんが形にして届けた!田中さんにとってもすばらしい思い出になりましたネ。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ウールのホームコート

作品名 ウールのホームコート
制作者 Y.Sさん

生徒コメント

実家のたんすで長年眠っていたウールの単衣を何かに活用したかったので、ホームコートにしてみました。ひもを作るのが初めてでしたが、筒状に縫った後に引っくり返すのが難しかったです。
ホームコートは着物を家で着る時に、エプロン代わりにもなり、防寒着にもなるので、別の柄でまた作りたいです。


やまもとコメント

よくがんばりました。紐はネ、大変なんですよね。細々していますから、その分コツもいりますし、それなりに時間もかかります。そのため、同じ共布で作ってあるコートは、既製品ではないオーダーの物だと判るのですね。組紐の飾り紐も趣があっていですよ。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

両親への上っぱり

作品名 両親への上っぱり
制作者 M.K さん

 

 

 


受講生徒コメント

足元がおぼつかなくなってきた両親に、もう浴衣も着物も着てもらえなくなりました。そこで春頃には袖なし羽織を作ろうかと一度は考えたのですが、陣羽織のようになってしまうとのことで一度諦めました。秋になって、お稽古がご一緒になった方が、キッチンコートを縫っておられるのを見て、「これだ!!」と飛びつきました。作成中のものを一時中断して、何とか年内に2人分作ることができました。衿が羽織の様にしっかりピンとしているので、きちんと感があるのが嬉しいです。急な変更にもかかわらず、準備とご指導をありがとうございました。


やまもとコメント

衿には羽織と同様に芯を入れていただきました。衿は身頃の縫込み等も一緒にとじるので、衿の厚みがバラバラになるのですが、芯の入れ方によっては全体を均一に見せ、ヘタリやすい衿元をしっかりさせることができます。衿元がきちんとしていると着姿もステキですよね。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

道行コート

作品名 道行コート
制作者 肥後 三津枝 さん

 

 

 

 

 

 


受講生徒コメント

道行コートは初めて仕立てます。初売りでいただいたものと若い時のコートを染め替えをお願いして、2枚同時進行で進めていきたいと思いました。衿を継ぐのが細かい作業で接着芯を使うのも初めてでした。染め替えのコートは前衿の角を作る時、抜き差しの糸がゆるくて、表に返した時、糸が見えていました。
また、飾りボタンを作ったり、取り付け等、教室ではほかの方がされるのを見てたけど、自分でやってみるとなかなか難しく、釣り合いが悪く、ボタンを付けてははずしを何回したことか。脇綴じも不思議で手品のようでした。


やまもとコメント

初売りの裏地とコート時のセットのものですね。衿まわりはしっかりさせたいので、接着芯を使用しています。ボタンは、平に置いてみてOKでも、つるしてみるとズレてしまうこともあり、調整が必要な箇所でもあります。2枚同時に進められていたので、お着物や来ていく場所に合わせて、コートをコーディネートするのも楽しみですね。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

道中着

作品名 道中着
制作者  Y.T さん

 

 

 


受講生徒コメント

今年1月、教室にうかがったときに、福袋でみつけました。着物にはおるものとしては初めての作品です。
あわせやすい色合いではないのかと思い、選びました。針が進みにくい生地だったので苦労しましたが、できあがってみると達成感でその思いもふきとびました。


やまもとコメント

南天のオレンジ色がポッと暖かく感じられる柄で、上着の必要な季節にはぴったりの色合いですね。Tさんのお持ちの着物に合わせやすいのではないでしょうか。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ちりめんホームコート

作品名 ちりめんホームコート
制作者  Y.S さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

以前、自分用にウールのホームコートを仕立てた時に、母から「私にもつくってー」とリクエストと一緒に反物が届きました。ちりめんは初めてでしたが、もこもこしてピタッと仕上がらず、何ヶ所かやり直しをしつつ、無事完成させることができました。
近いうちに母が遊びに来る予定なので、その時に渡したいと思います。よろこんでくれるといいな。


やまもとコメント

お母様のことを考え、お袖の形を舟底の型にしようか、まっすぐにしようかと、悩みながら進めていましたね。できるだけ軽いようにと縫い代が少ない型になりましたね。紐の位置等、終始お母様を思って縫っていらっしゃったので、喜んで頂けると思いますよ!!

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

花柄亀甲地紋の道行コート

作品名 花柄亀甲地紋の道行コート
制作者  C.U さん

 

 


受講生徒コメント

老眼との戦い!この一言に尽きます。
今までは縫い目の目立たない「キセ」に助けられていました。「コート」はミシンで縫う目と同じ。
表地の織りがでこぼこしていて、細かくまっすぐに縫うのがとても難しかったです。
裏地はかわいく。表地は渋く。と理想通りに仕上がり、とても満足しております。(縫い目以外は)。


やまもとコメント

Uさんもコートを縫えるまでになりましたか!感無量です。何でもチャレンジしてOKで、コートもすぐ教えられるのですが、正直難しいのお解りになりましたでしょ!だから完成させた声を聞けるのは私も嬉しい。喜びもひとしおかな。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

春先に着たくなる道中着

作品名 春先に着たくなる道中着
制作者  M.Kさん

 


受講生徒コメント

道行ではちょっと重い、羽織では寒いかな?と思う時期に着たいコートが無い!と思い、昨年の工房福袋でピッタリの反物がありました。
少し前下がり丈でと先生にお願いしました。
力が入り過ぎ、結び紐に凝り、大仰なものとなりましたので、展示会後、あっさりしたものに直そうと思っています。


やまもとコメント

昨年から始まったのが、新春の福袋企画!もちろん福をお配りしなくてはいけませんので、喜んで微笑んでもらえる中身になるようにしています。来年も袋の中を覗いて見てください・・・覗ける福袋です。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

龍郷柄大島紬の道中着

作品名 龍郷柄大島紬の道中着
制作者  S.S さん

 


受講生徒コメント

子供の時、母が参観日等に好んで着ていた大島の着物、私も気に入っていたので、着たい一着になりました。でも母の身丈のままでは丈が足りないので、思い切って身頃にハサミを入れ、残布があったのでおはしょり部分にハギを入れて少し身丈を伸ばすことが出来ました。その着物もあまり着ることがなかったので、最近になり大島のコートだと軽くて良いなと思い、仕立て直しを決断。身頃を切った部分をそのまま繋いでも縫代をとられるので柄が合いません。少しでも目立たない様にと先生が工夫して下さり、5ヶ所もつないだとは思えない、一枚の布の様に柄合わせをすることが出来ました。ガード加工もしているので、雨天でもOKです。良いコート(道中着)が出来て、とてもうれしいです。先生ありがとうございました


やまもとコメント

子供の頃のお母様の着物姿の想い出が、さまざま形を変えて自分を着飾ってくれる―。守っていて下さるようで、すばらしいアイテムですね。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

母の着物から道中着へ

作品名 母の着物から道中着へ
制作者 田中 玲子 さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

母の着物を道中着に直しました。
以前、着物としては無理、捨ててしまおうかなと思い、先生に相談したところ、道中着にしてみてはと言っていただきいたことがありました。
そのとき仕立て直したものを常に着用していたので、今回はすぐに又直したいと思いました。


やまもとコメント

着物の時は身丈や袖丈など生地いっぱいで仕立てられていて、また着物としては難しかったのですね。形を変えて仕立てられのは和裁の素晴らしさですね‼お母様が着用されていたことを思い出しながら、解いたり形が変わっていく様を楽しんでいただけましたでしょうか。今回の道中着もたくさん手に取っていただきたいです。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -