映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月24・25日 10月22・23日 コレド室町/橋楽亭
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

コート

作品名  コート
制作者  N.T さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

知人より「コートにでも作り変えて」といただいた着物でした。自分の気に入った柄でもなかったので、なかなかやる気が起きません。でも不思議です。洗い張りをしていただき、裄の長い私用に、先生が色々柄を合わせて継ぎ接ぎをしてくださると、まるで別の物の様に愛着がわいてきました。ちょっと柄のせいで目がチカチカして縫うのが大変ではありましたが、素敵なコートに仕上がりました。普段着使いに愛用したいと思います!
先生、いつも無駄に手足の長い私の為に、色々考えて下さり、ありがとうございます。私サイズの着物たちが増えていき、とても嬉しいです。どうもありがとうございます。


やまもとコメント

巻物に巻いてある時にはなかなかイメージが湧かないですよね。雨コートは大変技術を要する仕立物です。身長のあるTさんですので、着た時に流れるような縦横の絣が綺麗に見えると思います。紬地で寒い時季にも暖かく、ガード加工も施してありますので気兼ねなく着れますね!

 

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

色紙重ね引け染め道行コート(きるものがたり展 展示作品)

作品名 道行コート
制作者 A.M さん

 

 

 


受講生徒コメント

工房の初売りで見つけたお値打ちの羽尺です。早いもの勝ちでGetしました。
寒色の道行はなかなか珍しいらしく、教室で縫っていると皆さん興味を持って見て下さいました。
道行を縫うのは初めてでしたので、細かく縫うのには苦労しました。裏をつける順番も長着とは違っていて、混乱しているうちに縫い上がってしまいました。もう一枚くらい縫って理解したいところです。


やまもとコメント

うん!徐々にですね。もう一枚で道行が理解出来たら天才でございます。是非とも山本にもっと通っていただけたらと願います〜。

あまり手にすることの機会の少ない、コートや羽織は勉強会を発足させましょうか?皆さんリクエストをお待ちしております。

 

和裁教室の作品展示会「第10回きるものがたり展」

http://blog.yamamoto-kimono.jp/?eid=1025520

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

単衣の道中着(羽織からのリフォーム)

作品名  単衣の道中着
制作者  M.M さん

 

 

 


受講生徒コメント

先に完成したブルーグレーの道中着と同じように、羽織からのリフォームです。この羽織は伯母から譲り受けたもので、結構な長さの残布がありましたので、上前衽はこの新しい布地から裁ち出していただき、衽部分のみ袷となりました。
また肩すべりをつけましたので、縫代の始末は前作品より簡単になりましたが、衿の中に入る生地の厚みの違いが大きくなったため、衿先辺りにも薄い芯地を入れて、厚みを整えてあります。
今回もループとボタンのうちあわせにして、みょうが結びをアレンジしたループをつけました。秋一番の着用が楽しみです。

 

やまもとコメント

Mさんは、学校系で教えていらした経験もある方です。飲み込みも早いし、何よりも意欲も高いのです。楽しまれてますね。Mさん作品の連続の紹介ですが、じつは同時進行だったのです。

1枚を進めながら更にもう一枚を仕上げていくのは合理的で効率よく覚えられると思われるでしょうが、これを実際に進めていくのは言うは易し行うは難しで、二枚以上の努力が必要です。大抵の方は断念していますね。

まだまだやりたい課題も幾つもあるそうで!私どもの技術を受け取ってもらえたらと思います。

 

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

単衣の着物衿道中着(羽織からのリフォーム)

作品名  単衣の道中着
制作者  M.M さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

昨年の春頃、色と柄は気に入ったのですが、着丈の短い未着用のリサイクル羽織をみつけ、着物衿の道中着にしたいと思っておりました。5月から6月にかけて着用できるような単衣の道中着に仕立て直すことにして、4月から始めたのですが、急に5月の中旬に着用したい機会ができ、超特急で教えていただき、無事間に合わせることができました。
単衣なので、裏側に見える縫代(特に衽付け)の始末に時間がかかりました。衿付にはバイヤスの力布をはさみ込む方法を教えていただき、うちあわせにはループとボタン止めにして、ループの付け方にちょっと工夫をしてみました。
一度着用した後、身幅を少し細く詰め直して、サイズ感もピッタリになり、満足できる一着ができあがりました。

 

やまもとコメント

未着用だった羽織が姿を変え、コートとなって生まれ変わる。やまもと工藝の和裁教室は染織に新たな息吹を吹き込める、すべてのツールを実現出来る現場です。

皆さん未経験者、初めてからのスタートです。その一歩を踏み出せば完成したも同然なのです。なぜならば私どもが敷く道を、あなたは歩くだけでいいからです。心から楽しいと思える教室はスキルが高く、それを感じさせないこと。この押し付けず感じさせないことこそがトップレベルの証だと思います。

 

 

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

菱小紋の道中着

作品名 菱小紋の道中着
制作者 Pip さん

 

 

 


受講生徒コメント

色やちょっとモダンな菱柄が好きで頂いた羽織でしたが、羽織ってみると何とも重くて袖を通すこともなかったものでした。
今回、単衣の道中着に仕立て直して、気のせいかもしれませんが、軽くなったように感じます。これならば気楽に羽織って活用できそうで楽しみです。
なかなか思うようには手を動かせず、はかどらない縫いです。それでも続けていれば出来上がり、満足感を得ることが出来ます。だから続けられるのかな・・・


やまもとコメント

着物という大きな作品を自分の手で作り上げられたら。それを着て出かけられたら。。素晴らしい経験値になります。

針を持つなんてとても無理!未知の領域に見えて。。山本に来る方はほとんど全員そんな方。ではなぜ、これだけの作品群が完成していくのか。

それは、私には無理と思っている初心方も、運針が出来るようになる山本のシステム的な技法と、完成に導ける指導スキルを持ち合わせているからです。

(ブログ「きるものがたり」に登場している生徒作品数は半分以下です)

 

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

絞りの道行コート

作品名 絞りの道行コート
制作者 S.S さん

 

 

 

 

 

 


受講生徒コメント

母の絞り羽織を道行コートに仕立直しをと考えました。作品に取りかかると、印のヘラや縫目が見えず困りました。白黒の絞りの布の為、切りしつけでも白糸では見えにくく、初めて赤色のしつけ糸を使用しました。
技量がないのに簡単に絞りの素材を選んだ事で、途中で後悔し、止めたくなりながらも、時間がかかりましたがやっと完成し嬉しく思っています。先生には本当に感謝しております。ありがとうございました。


やまもとコメント
大変難しい作品をよく頑張りましたね。こちらもおめでとうと言いたい気分です。技量がないことはありませんよ,もしそうでしたら総絞りを進める許可はいたしませんので!ほらその証拠に見事に完成しました。大作を着て出かけて、ご自分にもご褒美をあげてください。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

色抜き染替え道行コート

作品名 色抜き染替え道行コート
制作者 Y.S さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

娘の頃着ていたピンクのコートを色抜きし、染め替えました。色が濃くなり、模様がくっきり出て、全く違う感じになりました。裏地も工房で気に入った柄を見つけてとてもお洒落に仕上がりました。
細かく縫うのが大変でしたが、何とか形になり満足しています。
くるみボタンの仕上げ方や、紐の返し方等、色々とプロの技を教えて頂き、学ぶ事ができました。自分でコートが縫えるとは思っていなかったので、とても嬉しいです。充実した時間を過ごす事ができました。ありがとうございました。


やまもとコメント
染替えて自分の手で仕立て変えるプロセスを体験できたことは、面白かったと思います。

こうした、生地を生き返らせる仕事はワタクシもやりがいがある仕事です。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

長着からうわっぱりへ

作品名 長着からうわっぱりへ
制作者  Y.H さん


 

 


生徒コメント
紬地の袷から家庭着を作りました。
和服にも洋服にも対応できると思います。
内側のポケットは収容力があり、スマホも楽々と入り気に入っています。

ちょっとコメント
着物の上からもきる事が出来、割烹着の変わりに、はたまたお茶時の水屋着にいいですね。

 

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

染め替え道行コート

作品名 染め替え道行コート
制作者 Y.N さん








生徒コメント
昔購入した朱色のコート地を染め替えて頂きました。とても落ち着いた色に変わり気に入っています。仕立ては大変でした。
お袖以外は割り縫いの為、細かくまっすぐ縫うこと、長着のようにキセをかけてごまかすことができません。小衿の角は額縁のように仕上げることが難しい技術で、丁寧に教えていただいたおかげで、きれいに仕上げることができました。くるみボタンはまっすぐに付け、身頃の方がつれないようにつけることが難しく、何度も縫い直しして仕上げました。

ちょっとコメント
染め替えは、皆さん喜ばれますねー。
この再生出来る技術は、和裁の技があってこそのたまものです。
今回は、元の布が少し取って置いてあったので、とても参考になりますね。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

小紋柄道行コート

作品名 小紋柄道行コート
制作者 T.大木 さん








生徒コメント
この反物は以前お友達から譲って頂いた物で、いつか自分で縫える時が来たら、縫って着てみたいと思っていました。道行なんてとっても縫えないと思っていましたが、先生の大丈夫縫えるわよという言葉に勇気づけられて挑戦してみようと思い立ち、ようやく実現しました。

自分が縫った物を自分が着るなんてこんな幸せな事はありません。勿論、先生の熱心なご指導があったからこそですが。これからも頑張って続けていきたいと思います。

ちょっとコメント
どうもありがとうございます。山本の入会案内には、最初から何でも好きなものを縫えますとうたっているのですが、一番最初に道行コートを縫いたいと言われたら、遠まわしに最初はやめておきましょうかと話す時もあるんですよ。ケースバイケース。

細かく縫って割るコテ仕上げや、道行衿の角の縫い方始末の仕方は難しい技術ですが、最初の運針の仕方をしっかり覚えてもらい、数枚やった後でしたら、道行も縫っていただいてます。裏を返せば、こんなに短時間に簡単に道行コートを完成に導けるのは、特別なんだと思っていただけたら嬉しいです。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -