映画賞

きるものがたり 山本工藝(新しい屋号になりました)

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。山本工藝の徒然。。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

絞りの道行コート

作品名 絞りの道行コート
制作者 S.S さん

 

 

 

 

 

 


受講生徒コメント

母の絞り羽織を道行コートに仕立直しをと考えました。作品に取りかかると、印のヘラや縫目が見えず困りました。白黒の絞りの布の為、切りしつけでも白糸では見えにくく、初めて赤色のしつけ糸を使用しました。
技量がないのに簡単に絞りの素材を選んだ事で、途中で後悔し、止めたくなりながらも、時間がかかりましたがやっと完成し嬉しく思っています。先生には本当に感謝しております。ありがとうございました。


やまもとコメント
大変難しい作品をよく頑張りましたね。こちらもおめでとうと言いたい気分です。技量がないことはありませんよ,もしそうでしたら総絞りを進める許可はいたしませんので!ほらその証拠に見事に完成しました。大作を着て出かけて、ご自分にもご褒美をあげてください。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

色抜き染替え道行コート

作品名 色抜き染替え道行コート
制作者 Y.S さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

娘の頃着ていたピンクのコートを色抜きし、染め替えました。色が濃くなり、模様がくっきり出て、全く違う感じになりました。裏地も工房で気に入った柄を見つけてとてもお洒落に仕上がりました。
細かく縫うのが大変でしたが、何とか形になり満足しています。
くるみボタンの仕上げ方や、紐の返し方等、色々とプロの技を教えて頂き、学ぶ事ができました。自分でコートが縫えるとは思っていなかったので、とても嬉しいです。充実した時間を過ごす事ができました。ありがとうございました。


やまもとコメント
染替えて自分の手で仕立て変えるプロセスを体験できたことは、面白かったと思います。

こうした、生地を生き返らせる仕事はワタクシもやりがいがある仕事です。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

長着からうわっぱりへ

作品名 長着からうわっぱりへ
制作者  Y.H さん


 

 


生徒コメント
紬地の袷から家庭着を作りました。
和服にも洋服にも対応できると思います。
内側のポケットは収容力があり、スマホも楽々と入り気に入っています。

ちょっとコメント
着物の上からもきる事が出来、割烹着の変わりに、はたまたお茶時の水屋着にいいですね。

 

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

染め替え道行コート

作品名 染め替え道行コート
制作者 Y.N さん








生徒コメント
昔購入した朱色のコート地を染め替えて頂きました。とても落ち着いた色に変わり気に入っています。仕立ては大変でした。
お袖以外は割り縫いの為、細かくまっすぐ縫うこと、長着のようにキセをかけてごまかすことができません。小衿の角は額縁のように仕上げることが難しい技術で、丁寧に教えていただいたおかげで、きれいに仕上げることができました。くるみボタンはまっすぐに付け、身頃の方がつれないようにつけることが難しく、何度も縫い直しして仕上げました。

ちょっとコメント
染め替えは、皆さん喜ばれますねー。
この再生出来る技術は、和裁の技があってこそのたまものです。
今回は、元の布が少し取って置いてあったので、とても参考になりますね。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

小紋柄道行コート

作品名 小紋柄道行コート
制作者 T.大木 さん








生徒コメント
この反物は以前お友達から譲って頂いた物で、いつか自分で縫える時が来たら、縫って着てみたいと思っていました。道行なんてとっても縫えないと思っていましたが、先生の大丈夫縫えるわよという言葉に勇気づけられて挑戦してみようと思い立ち、ようやく実現しました。

自分が縫った物を自分が着るなんてこんな幸せな事はありません。勿論、先生の熱心なご指導があったからこそですが。これからも頑張って続けていきたいと思います。

ちょっとコメント
どうもありがとうございます。山本の入会案内には、最初から何でも好きなものを縫えますとうたっているのですが、一番最初に道行コートを縫いたいと言われたら、遠まわしに最初はやめておきましょうかと話す時もあるんですよ。ケースバイケース。

細かく縫って割るコテ仕上げや、道行衿の角の縫い方始末の仕方は難しい技術ですが、最初の運針の仕方をしっかり覚えてもらい、数枚やった後でしたら、道行も縫っていただいてます。裏を返せば、こんなに短時間に簡単に道行コートを完成に導けるのは、特別なんだと思っていただけたら嬉しいです。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

染替えた道行コート

作品名 染替えた道行コート
制作者  A.岩橋 さん








生徒コメント
結婚が決まった時、母はたくさんの着物を自ら縫ってくれました。「若い娘の着物はきれいでたのしいねぇ」と、夜になるとおしゃべりしながら縫っていました。

その若い娘もはや60才。さすがにそのまま着ることができないので染め直し、その当時はやりだった短い羽織をコートに作り直しました。

母の糸をほどくのは寂しい様な気がしましたが、母にとっては娘がコートが縫えるほど成長して嬉しいという思いのようです。

ちょっとコメント
きものの思い出は世代を超えて受け継がれるもの。お母様とのやり取りが頭に浮かびます。

工房のお教室でも、皆さんよくおしゃべりしていますよねー。
縫っている時って、オンとオフが自由自在なので、そんなこともおもしろい理由だと思います。
楽しく縫ってもらえる事が一番です。だからコートも出来上がるんですね。

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

紫根染 絞り 道中着

作品名  紫根染 絞り 道中着
制作者  N.K さん








生徒コメント

某朝ドラヒロインの羽織を見て、「あ!」と思い出した古い反物。
眠っていた反物は羽織ではなく道中着となりました。
裏は工房で選んだもの。とても気に入っています。
飾り紐はあまりかわいいものは似合わないかも、と、茗荷結びにしました。
道中着を縫わなかったら知らなかったかもしれません。
お休みがちのお稽古ですが、日々あくせくとしていている私には、
和裁のお稽古は気持ちを切り替える大切な時間です。
先生、ありがとうございます。

ちょっとコメント
着物を縫うことは昔の女性にとっては必須科目で、学校の 授業にもあり、上手になる事が良い結婚相手の条件にもなりました。その頃の和裁というのはまさしく必死に訓練のように縫う和裁でした。それが今、形が変わり、山本に来て縫うことが至福の時といってもらえることは、プロの和裁士の私たちにとって至福の言葉となります。こちらこそありがとうございます。
生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

きものから雨コートへ

 
作品名 きものから雨コートへ
制作者 K.F さん





生徒コメント

いただいた着物をほどき、雨コートにしました。

はじめての道行衿、ポケット、くるみボタン。

ひとつひとつ教えていただきながら、どうにか仕上がり、ほっとしました。

軽いコートが欲しかったので、とてもうれしいです。


ちょっとコメント
大島の様な細い糸の素材を雨コートにするのにはとても適しています。とにかく軽いですし外出先で脱ぎ着するのにもすぐコンパクトになり扱いやすいですね

生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

大島のコート

 
作品名 大島のコート
制作者 橋本 恵子 さん





生徒コメント
着物の状態で頂いた袷の大島でしたが、少し古くなっていたので自分の物に縫い直しをと思い、先生に相談してコートということにしました。
暖かそうに出来上ったので、お出掛けが楽しみになりました。

ちょっとコメント
どんな生地がコートに適しているのかというと、糸が細く、軽く、薄くできているにもかかわらず、少し張りがある生地・・・そう、まさしく大島なんかは最高にこの条件に合っているのです。コートにはガード加工することも  私はお勧めします。
生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

コウモリ柄うら地の道中着

 
作品名 コウモリ柄うら地の道中着
制作者 H.Y さん





生徒コメント
幸運と慶事のしるしの吉祥文様であるコウモリ柄の裏地を選びました。この生地との出会いは某百貨店の催事でした。朱色の地にコウモリが飛び交いインパクトがあり、是非、羽裏かコート裏に使いたいという思いがふつふつとわいてきました。

ちょっとコメント
主に大陸での風習であったのがそのまま日本にも入ってきているようです。まさに「裏」にその幸運が忍んでいるというか、ささえてくれているというか、ものすごくいい保険というか、これは心強いですね。
私の羽織の裏にも9頭の馬が描かれていて「何事もうまく行く」っていうの持っているんです。こんどチラッとお見せしましょうね。
生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -