映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

「工房お見立て会」開催中です。6月15日〜 半期に一度のお値引きが出来るセールです。
やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『唐獅子牡丹』羽織

作品名 『唐獅子牡丹』羽織
制作者 R.K さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

このところずっと、夫と私の実家の二件分の和箪笥の中を、ゆっくりゆっくり整理しているのですが、その中で、古い黒の絵羽織の裏に、なんとも可愛い赤い唐獅子を見つけました。「これは 保存だわ!」。
暫くして、今度は、比較的新しそうな「長春色」の長羽織を発見しました。でも、こちらは、私には丈が長過ぎで、羽裏も地味で気に入らない。
「であれば!!」と、唐獅子を洗い張りに出して裏に使い、完璧に私好みにカスタマイズしましたのが、今回の羽織でございます。 題して『唐獅子牡丹羽織』。
違いました! 表地は、牡丹唐草ではなくて、菊唐草でした。・・ちょっと残念(笑)

直美先生、今回も、手取り足取りのご指導を賜り、どうもありがとうございました!


やまもとコメント

雄々しい獅子に負けない、華麗な菊唐草模様だと思いますよ!見えない所に気を配り裏地にお気に入りをもってくる、和装の取り合わせの素晴らしさを楽しんでらっしゃいましたね。Kさんらしいコーディネートで他にはない羽織になりました。

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

細縞の羽織

作品名 細縞の羽織
制作者 A.N さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

秋冬向けに振りを閉じた羽織を作りました。これ迄、家にある裄や丈の短い母や祖母の着物を活かしたいと思い、仕立て直しも致しましたが中々手が追いつきません。
振りを閉じた羽織物があれば・・・と常々思っており、今回の制作に至りました。これで家で眠っている着物も出番が増えることでしょう。(一番は針の腕を上げて、着々と寸法直しをするのが良いのですが・・・今後の課題とします(笑))
羽織は初めてでしたが、先生の言葉に添って縫い進めていくと、見る見るうちに一枚の布が衣として形を成して行くさまに感動を覚えます。この秋冬は体も心も温々できそうです。ありがとうございました。


やまもとコメント

女物の羽織は着物のように袖振があいていますが、今回は男物のように袖を付けました。Nさんのように裄や袖丈の違うお着物をお持ちの場合袖付けが男物のように付いていると、その違いが隠れてくれます。そして風も通りにくくなるので寒い時季にもぴったりですね。寸法直しはお仕立ての流れを把握していないと、1からお仕立てするよりも難しい場合が多いです。一緒にひとつずつ、気持ちよく着れるお着物を作っていきましょう。

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

夏羽織

作品名 夏羽織
制作者   T.大木 さん

 

 

 


受講生徒コメント

知り合いから頂いた反物で、練習に使ってねと言われましたが、透けているから縫いやすいと思っていたら布地が硬くて針が通らないのにビックリ!大変でした。
でもようやく仕上がって、いつになくとっても嬉しいです。

苦労した分、嬉しさも増しました。先生も苦労でしたよね。有難うございました。

 

やまもとコメント

透けるものは、単衣ですし袷より簡単と思われる節もありますが、そうではありません。。袷にはない仕様の施し方が幾多と増えてきますので、それらを品物が持ち合わせている性質(透け感、意味合い)などを鑑みながら縫い方を決めていきます。

また、袷にはない縫い込みをくけ付けるという皆が苦手!(笑)にしている技術がかなりあります。透けるだけに余計に縫い込みの始末が大変なのです。

 

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

初めての羽織

作品名 初めての羽織
制作者   Y.盒 さん

 

 

 


受講生徒コメント

小さい頃からの憧れだった羽織姿。
教室で見せてもらった羽尺ならではの地模様の入った生地を選びました。
少し硬くて針が進みにくいところもありましたが、とてもおしゃれな羽織ができました。紬の着物にも似合いそうで嬉しくなってしまいます。


やまもとコメント

今、実はこの手の生地は生産されていません。現代のモノとはレベルが違うのです。ちょっとびっくりされそうですが、貴重な生地だったのです。この手の生地は山本にて揃えられるようにしています。皆がもっていない「非常」でいいもの。生地が硬いのはゴメンなさいですけど、苦労の甲斐があったでしょ!

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

黒紋付羽織の仕立て直し

作品名 黒紋付羽織の仕立て直し
制作者 Y.H さん

 

 

 


受講生徒コメント

夫の母が遺してくれた黒紋付羽織を仕立て直しました。最初は羽織以外のものをと考えましたが、裏地を長襦袢地に替えやはり羽織にしました。
義母は行事の折にこの羽織を着ていたそうですが、華やかな裏地に替わった羽織を気に入ってもらえると思います。


やまもとコメント
ご主人様の記憶の中に,この羽織を着ていたお母様が浮かび上がるのは,言葉に表さずとも奥様に感謝しているのではないでしょうか。こういう事が出来る着物は本当に素晴らしいと思います。

黒い羽織も,裏地を粋に丈も長くしてモダンに生まれ変わりました。

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

仕立て直し黒地羽織

作品名 仕立て直し黒地羽織
制作者 K.Fさん

 

 

 


生徒コメント
友人からいただいた着物を仕立て直しました。羽織を作るのは初めてでした。袖の巾を足すために接ぎを入れたり、前下りを縫ったり、まちをつけたり、乳をつけたりと、初めてのこともたくさん教わりました。難しかったけれど、楽しくできました。
表地の柄にぴったりの裏地も教室で見つけられて良かったです。

ちょっとコメント
振りからちらりと見える羽裏地も、これなら目を見張るアクセントになりますね。本小紋染めの逸品です。

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

末娘の羽織

作品名 末娘の羽織
制作者  E.M さん








生徒コメント
「何にしてもイイから使って!」と知人に頂いたピンクと茶の細い縦縞の着物で、娘がスグに「カワイイ!!」と飛びついたものでした。一ヶ所強いシミもあり、着物で着るには縞がすこしクドイ感もあったので、羽織に作りかえる事に決めました。
娘の要望で、ヒザ丈の長めのものにしました。縫うにはずっと薄物ばかりを扱ってきたので、少々厚めで針を抜くのに大変でした。が、柄が縦縞なので、真っ直ぐに縫うのはキレイにできたかなぁ〜
娘には大変よろこばれました。衿裏のちどり縫いがおもしろかった!です。

ちょっとコメント

最近ではこの羽織の襟をキチッとすわる仕上げが出来る職人も少なくなってしまいました。

なので教室の方が羽織を完成させた時には、こちらも嬉しくなってしまいます。

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

着物から作り替えた羽織

 
作品名  着物から作り替えた羽織
制作者  T.W さん

生徒コメント
いただいた着物だったのですが、やはりそのままでは寸法がきびしいと思い、取り合えず洗い張りに出しておきました。
かわいらしい柄だったので帯を作ろうと思ってお教室に持っていきました。先生にお伝えしたところ、もったいないので羽織にしたら?!との事。裄ははぎをすれば大丈夫と言われ、羽織にしました。
2回目の袷もので久々の本くけ縫いも忘れて、おかしな縫い方をしてしまいました。(言い訳ですが・・・)
出来上がってみると、はぎの部分も気にならないので、かわいい羽織が作れて良かったです。

ちょっとコメント
帯への希望だったのですが、羽織にしたらTさんにちょうど良い色柄でしたので羽織をお勧めしました。帯は羽織で楽しまれた後でも可能です。その逆はできませんからね。接ぎをしても目立たなくするのには高度な技術が必要になります。ここまでできるとかなり目立たなくなりますね。よく頑張りました。
 
生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

夏羽織

 
作品名 夏羽織
制作者 A.M さん




生徒コメント

友人の伯母様の形見の反物をゆずり受けました。和裁をしていると言うと、思わぬ所からそういったものをいただくことがあります。お会いした事も無い故人が、お好きで選んだであろう反物が、自分の手元にあるのは申し訳ない気持ちにもなりますが、これもご縁ですので、大事に着たいと思います。


ちょっとコメント
透けている生地、またそれを着て下に着ている生地も垣間見えるときの美しさは究極のものがあります。私は好きだな。
透ける生地の場合には下に着た物がどのように見えるか、縫い込みの処理の仕方も最大限デザインしていかなければならないのに、判る仕立て屋が少ないですね。「縫い込みの処理の仕方」ぐらいの考えしかありません。
生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

羽織〜着物〜羽織りと姿変え

 
作品名 羽織〜着物〜羽織りと姿変え
制作者 田中 玲子さん





生徒コメント
母が嫁入りの時に持っていった羽織を着物に仕立て直して、
私が娘の頃着ていたものです。
それを再度、羽織に仕立て直しました。今度は私の娘用です。
古いものも新しく生まれかわることが出来るって着物は素晴らしいですね。

ちょっとコメント
本日、お誕生日ですね。おめでとうございます。
羽織りから着物へ、そして羽織りへ形を変えながらう受け継がれていける着物は凄いですね。
そんな着物の活用術を可能にしているのが和裁の技術です。
意匠も素敵です!



生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -