映画賞

きるものがたり 山本きもの工房

山本秀司(和裁士 和服の仕立て師)が主宰する着物工房や和裁教室の物語です
第9回 きるものがたり展 4月13日(木)〜4月16日(日) まかない半襟付け講座 5月14日(日)
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

仕立て直し黒地羽織

作品名 仕立て直し黒地羽織
制作者 K.Fさん

 

 

 


生徒コメント
友人からいただいた着物を仕立て直しました。羽織を作るのは初めてでした。袖の巾を足すために接ぎを入れたり、前下りを縫ったり、まちをつけたり、乳をつけたりと、初めてのこともたくさん教わりました。難しかったけれど、楽しくできました。
表地の柄にぴったりの裏地も教室で見つけられて良かったです。

ちょっとコメント
振りからちらりと見える羽裏地も、これなら目を見張るアクセントになりますね。本小紋染めの逸品です。

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

末娘の羽織

作品名 末娘の羽織
制作者  E.M さん








生徒コメント
「何にしてもイイから使って!」と知人に頂いたピンクと茶の細い縦縞の着物で、娘がスグに「カワイイ!!」と飛びついたものでした。一ヶ所強いシミもあり、着物で着るには縞がすこしクドイ感もあったので、羽織に作りかえる事に決めました。
娘の要望で、ヒザ丈の長めのものにしました。縫うにはずっと薄物ばかりを扱ってきたので、少々厚めで針を抜くのに大変でした。が、柄が縦縞なので、真っ直ぐに縫うのはキレイにできたかなぁ〜
娘には大変よろこばれました。衿裏のちどり縫いがおもしろかった!です。

ちょっとコメント

最近ではこの羽織の襟をキチッとすわる仕上げが出来る職人も少なくなってしまいました。

なので教室の方が羽織を完成させた時には、こちらも嬉しくなってしまいます。

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

着物から作り替えた羽織

 
作品名  着物から作り替えた羽織
制作者  T.W さん

生徒コメント
いただいた着物だったのですが、やはりそのままでは寸法がきびしいと思い、取り合えず洗い張りに出しておきました。
かわいらしい柄だったので帯を作ろうと思ってお教室に持っていきました。先生にお伝えしたところ、もったいないので羽織にしたら?!との事。裄ははぎをすれば大丈夫と言われ、羽織にしました。
2回目の袷もので久々の本くけ縫いも忘れて、おかしな縫い方をしてしまいました。(言い訳ですが・・・)
出来上がってみると、はぎの部分も気にならないので、かわいい羽織が作れて良かったです。

ちょっとコメント
帯への希望だったのですが、羽織にしたらTさんにちょうど良い色柄でしたので羽織をお勧めしました。帯は羽織で楽しまれた後でも可能です。その逆はできませんからね。接ぎをしても目立たなくするのには高度な技術が必要になります。ここまでできるとかなり目立たなくなりますね。よく頑張りました。
 
生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

夏羽織

 
作品名 夏羽織
制作者 A.M さん




生徒コメント

友人の伯母様の形見の反物をゆずり受けました。和裁をしていると言うと、思わぬ所からそういったものをいただくことがあります。お会いした事も無い故人が、お好きで選んだであろう反物が、自分の手元にあるのは申し訳ない気持ちにもなりますが、これもご縁ですので、大事に着たいと思います。


ちょっとコメント
透けている生地、またそれを着て下に着ている生地も垣間見えるときの美しさは究極のものがあります。私は好きだな。
透ける生地の場合には下に着た物がどのように見えるか、縫い込みの処理の仕方も最大限デザインしていかなければならないのに、判る仕立て屋が少ないですね。「縫い込みの処理の仕方」ぐらいの考えしかありません。
生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

羽織〜着物〜羽織りと姿変え

 
作品名 羽織〜着物〜羽織りと姿変え
制作者 田中 玲子さん





生徒コメント
母が嫁入りの時に持っていった羽織を着物に仕立て直して、
私が娘の頃着ていたものです。
それを再度、羽織に仕立て直しました。今度は私の娘用です。
古いものも新しく生まれかわることが出来るって着物は素晴らしいですね。

ちょっとコメント
本日、お誕生日ですね。おめでとうございます。
羽織りから着物へ、そして羽織りへ形を変えながらう受け継がれていける着物は凄いですね。
そんな着物の活用術を可能にしているのが和裁の技術です。
意匠も素敵です!



生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

着尺から羽織と帯を(羽織)

 
作品名 着尺から羽織と帯を(羽織)
制作者 Y.松原さん





コメント
着尺から工夫次第で羽織りと帯が出来る教えていただき、この柄ならどちらも素敵だしお得感がありますので選びました。
初めて羽織を縫ったのですが、けっこう難しかったです。
袷の着物を縫う感覚でいたら、だいぶ違っていて、身頃も袷せる為のまとめも言われるまま縫っていましたが、なんとか羽織の形にすることができました。

ちょっとコメント
ほぼ100%ご自分で縫い上げたのだから、自分を褒めてあげましょう。
さらにそれを着て出かければ、きっと良いことが沢山おとずれることをお約束します。

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

母からのバトンタッチ羽織

 
作品名 母からのバトンタッチ羽織
制作者 N.二宮 さん



生徒コメント
母が30年以上前に知人から譲り受けて、洗い張りにだしたまま放置してあった物を、
このままバラバラではかわいそうなので、自分用に仕立て直すことにしました。
布が古いせいか、思いの外硬く縫いずらいし、
裏地も結構ボロボロな感じで「本当に仕立て上がるんだろうか」
と思いながら縫っていましたが、
先生方の導き(?)で形になり、とても嬉しいです。
お教室に通って数年経ちますが、覚えが悪く一向に上達しませんが、
マイペースでやっていきたいと思っていますので、
これからもよろしくお願いします。

ちょっとコメント
山本きもの工房の教室は「上達しなくちゃ」なんて不安は
すべてこちらに預けてください。「楽しみ」だけを持ち帰って下さい。
覚えたい人にはそれなりに全力で教えますので−。
P.S. 洗い張り業者によって、とても硬くなってしまう場合があるんですよ。
生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

小豆色絞りの羽織

 
作品名 小豆色絞りの羽織
制作者 Y.S さん

絞りの持つ奥ゆき感が私は大好きです。将来染め直しても深い味わいが出ます。




生徒コメント
母の羽織を仕立て直しました。生地が平らでないので、
縫いにくそうに思いましたが、糸こきを強くしない様にと教えていただき、
何とか縫うことができました。
最初は何がどうなっているのか分からなかったですが、
形になっていくうちに理解でき、思ったより早く仕上げる事が出来ました。
昔の物が裏地を変えただけで、すっかり現代風になりました。
又、挑戦してみたいと思います。
 
ちょっとコメント
昔の羽織は短い丈のが流行っていたのです(昭和30〜40年代)。
裏の生地を替えて、少しでも長めにしてあります。
絞りの持つ奥ゆき感が私は大好きです。
生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

リメイク水玉模様の羽織

 
作品名 グレーの羽織
制作者 S.T さん

古い着物リメイク第3弾です。きもののコーディネートが広がります。






生徒コメント
おばからもらった古い着物リメイク第3弾です。
第1段に続き、今回も羽織にしました。
羽織は2度目ということもあり、前回より早くスムーズに仕上がったと思います。
着物地がかわいい水玉模様だったので、裏地もそれに合わせて水玉模様を選びました。
着物は冬に着ることが多いので羽織は大変重宝していて、気に入ったアイテムとなっています。
又、第4弾、5弾と挑戦してレパートリーを増やしたいと思います。

ちょっとコメント
はおる羽織りが変わっただけでも、きもののコーディネートが広がりますね。
洋服はなるべく同じ色合いでコーディネートをするのに対して、和服はきものと帯セット、そして羽織りなどを別々の色合いでコーディネートしていきます。
古典のスタイルだからこそ、洋服では変わった人と見られてしまいそうな色合いも、身につけられる訳です。それが女性が持てる魅力ですね。
男性の和服のコーディネートは洋服と似ています。素材が大事ですね。

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

母へのウールの単衣と羽織

 
作品名 母へのウールの単衣と羽織
制作者 M.K さん

ここにこっち向きの模様があればという所にはすべてピッタリそのように模様が出るようになっている






生徒コメント
1〜3つ目の作品として、着物好きの父へウールの単衣、正絹長襦袢とウールの羽織を作り、プレゼントしました。
すると母はその都度「私はもう着物は着ないからいいの」とポツリとコメント(京都人なので、これは強いリクエストの意味)。その後、子供物などを作り、少しは上達?というより縫うのに慣れてきた気がするので、母のひとそろいにとりかかることにしました。
手持ちの反物の中から、母の好みに合いそうなものを選びました。どちらを着物にしようかとちょっと迷いましたが、大きな雲型の方は柄は好みには合うものの、着物にするとアンティーク調すぎる気がして、羽織にすることにしました。
思案して決めた時には、ブルーグレーの控えめな小紋は着物の形になりさえすればそれでよしと思っていたのです。ところが順に縫い進んでいくうちに、ここにこっち向きの模様があればという所にはすべてピッタリそのように模様が出るようになっていることに気がつきました。
そうして仕上がってみると、反物だった時より格段によくなり別物のようです、大満足です、ありがとうございました。
このあと、長襦袢と半幅帯を作って、来年のお正月のプレゼントにしたいと思っています。

ちょっとコメント
お母様はきっと、さぞかし大変だろうと気を使っているのでしょうね。
半巾帯や作り帯でしたら着ていただけますよ。同じに見える生地だからこそ柄の出し方で絵羽物のように見せることもできます。
生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -