映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
半期に一度の展示販売会: 11月13日(水)〜 16日(土)10時〜17時 ワークショップ:紅花染め帯揚の製作
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

仕立てたかった浴衣

作品名 浴衣(紺、格子柄)
制作者 Y.Iさん

受講生徒コメント

最後の最後で一着、一ヶ月で浴衣を作れて良かったです。巾の短い反物で、衿が足りなくて先生に工夫してもらって、なんとかなり、作りたかった反物で完成する事ができ感無量です。ありがとうございました。

 

やまもとコメント

反巾がせまく、袖はミシンで接ぎをしていただきました。Iさんの身丈では総尺も少し足りませんでしたので、下前の地衿は別布を足しました。お教室に通える日に限りがありましたので、宿題が続きましたが「完成させたい!」という思いがしっかりと形になりましたね。この夏たくさん活躍してくれる一枚になりましたね!

生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

絞りの浴衣

作品名 絞りの浴衣
制作者  音tennis さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

この浴衣は伯母が長い間反物で持っていたものを譲り受けました。古い物なので変色があり、寸法も短めで縮んでいて縫いにくそうだなあと思い先生に相談すると、これは絞りだから延ばして縫うのだと教わり、また一つ新しい事を知りました。
又、柄の問題もあり、通常の浴衣とは少し縫い方が違うということで、着物は出来上がりはほぼ同じ形に見えるのに、色々な縫い方がある事も教わりました。秋に出来上がったので、来年の夏を楽しみにしています!と思っていたら、長襦袢を着れば着物としても着られそうな柄だねという声を聞いたので、来年フライングをして早目から着ようと思案中です。今回も楽しく縫えました。ありがとうございました!


やまもとコメント

絞りの浴衣でしたので、巾出しの加工をしてから縫っていただきました。反物の長さが短かったので、衿はつまみ衿、衽はカギ衽の形で、音tennisさんの寸法に合うように準備させていただきました。袖巾もギリギリで、少ない縫い代ですが、三つ折りぐけをがんばってました!
単衣の長襦袢と今回の浴衣を合わせて、着る機会が増えそうで楽しみですね。

生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

名前に惹かれた古渡染浴衣

作品名  名前に惹かれた古渡染浴衣
制作者  K.萩原 さん

 

 

 


受講生徒コメント

6,7年前、たまたま通りかかった呉服屋さんが閉店セールをしていました。色と柄が素敵な男物の浴衣地、何より「古渡染」というネーミングに惹かれ求めました。何を作るという予定もなく、手元にありましたが、長女のお婿さんの浴衣としてこの度、形にすることができました。古い生地らしく巾、丈はギリギリでしたが、出来上がってホッとしています。縫い易い生地でしたが、地色ピッタリの糸の色で老眼の身、ちょっぴり苦労しました。


やまもとコメント

古渡染とは「海を渡ってきた古い染め」という意味で、室町時代の頃に渡来した木綿布への染織技術の更紗染めのことです。男物でも丈がギリギリでしたね。きっとお婿さんの浴衣になるために早めにHさんの手元にたどり着いたのでしょう。兵児帯や角帯でも楽しめる浴衣ですので、たくさん着て夏を楽しんでいただけそうですね。

 

呉服業界では古渡り〜など良く見かけますが、私どもは特に古い生地も扱う事が想定されるので、むやみに「古」という言葉は付けません。これが付いた商品は「300〜400年の前のもの」という「冠」の意味を持つ美術品になるのです。

博物館に行くとよく分かります。江戸期の物には付いていませんが室町時代の物には「古」の冠が付いている名称があるものです。

教授してくれた友人に感謝。

 

生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

息子の浴衣

作品名 息子の浴衣
制作者 Y.T さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

大学祭の催しもので浴衣を着用するという息子のため、思いがけず作ることになりました。大学祭までという作成する時間が限られているため無理を言って先生にご協力いただき、なんとか間に合わせることができました。本当にありがとうございました。
たまたま運悪く目の調子が悪く、眼科に通いながらだったので、縫目が見えずギブアップしようかと悩みながらの毎日でした。丁寧にできていませんが、仕上がって息子に着せてみると「馬子にも衣装」とても素敵に見え、苦労した甲斐があると思いました。


やまもとコメント

息子さんの浴衣をつくりたいと話してくれたとき「間に合うかなー、無理ですかね」と心配そうに話されていましたが、ばっちり完成させることが出来ましたね!お稽古の回数を増やし、ご自宅でも宿題としてお持ち帰りして頑張っていたTさんの姿を見ていたので、こちらも全力で応援させていただきました。見えないなーと思いながらも針を持つお母様の姿を見て、息子さんも嬉しかったことでしょう。大学祭だけでなく、毎年たくさん来てくれることを祈っております。

生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

娘の黒地に花火柄の浴衣

作品名  娘の黒地に花火柄の浴衣
制作者  橋本 恵子さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

浴衣が欲しいと言っていた娘の為に、偶然去年の福袋の中にあった布地を見つけて縫い上げました。
黒地は背の高い娘に良く似合うと思っています。5月に初めての子供を出産しましたので、夏には着てもらえるかなと思っています。

 

やまもとコメント

黒地に花火。まさに真夏の夜の風物を、そのまま切り取って着ている様な意匠で素敵ですね。福袋も年々人気が出てきました。来年も頑張りますね〜 鬼が笑うかな。。

生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

初めて縫った浴衣

作品名 初めて縫った浴衣
制作者   佐々木安津紀 さん

 

 

 


受講生徒コメント

初めて着物を縫って、すべて手縫いで作ることはとても大変だということがよく分かりました。
一枚の布が浴衣になるというのがとても面白くて、作っている間は完成するのがとても楽しみでした。
一着縫い終えてみると「自分で作った」というのがとても嬉しいです。夏になったら着てみようと思っています。


やまもとコメント

素直な佐々木さんの人柄はとても素晴らしいと思います。教えていてもこちらが癒されるようです。これからもその達成感、高揚感、満足感を忘れることなく、続けていってください。
今後は着ることもね。

生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

綿麻紅梅浴衣

作品名 綿麻紅梅浴衣
制作者 Y.T さん

 

 

 


受講生徒コメント

軽くて涼やかで風をまとうみたいに着られそうです。暑い盛りに、一人涼し気な顔をして着てみたいです。
針もスイスイ通って縫いやすく、縫い始めたのが7月半ばでしたので間に合うのか心配でしたが、先生が段取りよく進めてくださったので、あれよあれよと8月上旬には完成していました。
友人宅に着て行って、お披露目する予定です。
ありがとうございました。


やまもとコメント
最初は何の知識もなく右も左も分からないタートであっても、縫うテンポも速くなれば、比例するように和裁の知識も蓄積されていきます。

最初の一歩は誰だって勇気のいる事です。

私はよくジグゾーパズルと一緒と話しています。最初のワンピースは何処へ置くのか全く見当がつかなくとも、最後の終わりのほうは見た瞬間に何処にはまるピースか瞬時に解ります。一歩ずつの積み重ねは偉大なパワーを生み出す物です。

生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

秋桜の浴衣

作品名 秋桜の浴衣
制作者 Y.T さん

 

 


生徒コメント

全く初めての作品です。作り易いとうかがったので、浴衣にしました。改めてよく見ると、直したい箇所がたくさんありますが、今回はこれが私の精一杯だった気がします。
先生が一つひとつ丁寧に教えて下さったので、初めての記念の作品が仕上がりました。大切にします。知識や技術はもちろんのこと、色柄のチョイス等わからないことばかりで、これから自分の目を養わなくてはと思っています。


ちょっとコメント
この夏、きっと活躍してくれていると思います。遠慮なく工房においてある様々な着物はてにとって見ていってください。

やっぱり見て実際に着物と帯と帯揚げ帯締めとコーディネートを置いてあれこれ動かさないと磨かれません。

アッこれッというものが分かってくると思います。

生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

有松絞りの浴衣

作品名 有松絞りの浴衣
制作者 A.M さん

 

 

 


生徒コメント
有松に所用で行く機会があり、せっかくなので有松絞りの浴衣を買ってみました。8月に着たいと思い、くけを宿題にしていただいて、なんとか5回で仕上がりました。
浴衣は初めてで、単衣の仕立てと同じかなと想像していましたが、裏の始末が色々簡略化されていて面白かったです。耳ぐけも結構楽しい・・・。

ちょっとコメント
毎年6月の第一土曜日と日曜日が、有松絞り祭りがあり、賑わっています。

一次は衰退してしまい、応援のつもりで行っていましたが、ここ数年人気が出てきていると感じるのは私だけでしょうか。

私も随分前に雪花絞りをオーダーしに行ったことがありました。

やっぱり絞りは良いなと、作品を見ていたらまた行きたくなりました。

生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

綿紅梅(風?)浴衣

 
作品名  綿紅梅(風?)浴衣
制作者  H.T さん

 
生徒コメント

針仕事の苦手な私ですが、これまでよりもキレイにお着物を着たい!

とサイズがまちまちの着物を仕立て直そうと思い立ち、和裁を始めました。

まずは浴衣から、と思い、気に入った反物で作成に入りましたが、

縫い進めていくうちに、あまりにも下手なため、悲しくなりました。

仕立て上がるイメージが薄れたものの、形になった時は素直にうれしかったです!

しかし・・・点数を付けるとしたら30点くらいでしょうか・・・。

次回は銘仙で袷にチャレンジします。よく着る着物なので、

破れたり、ほつれたりしない様、丁寧にそしてキレイに仕上げたいです。
 

ちょっとコメント
上手くなっていく楽しみがたくさんあっていいではないですか。
こんなに大きな作品!やはり完成したら感動しますよね。
生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -