映画賞

きるものがたり 山本きもの工房

山本秀司(和裁士 和服の仕立て師)が主宰する着物工房や和裁教室の物語です
第9回 きるものがたり展 4月13日(木)〜4月16日(日) まかない半襟付け講座 5月14日(日)
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

綿麻紅梅浴衣

作品名 綿麻紅梅浴衣
制作者 Y.T さん

 

 

 


受講生徒コメント

軽くて涼やかで風をまとうみたいに着られそうです。暑い盛りに、一人涼し気な顔をして着てみたいです。
針もスイスイ通って縫いやすく、縫い始めたのが7月半ばでしたので間に合うのか心配でしたが、先生が段取りよく進めてくださったので、あれよあれよと8月上旬には完成していました。
友人宅に着て行って、お披露目する予定です。
ありがとうございました。


やまもとコメント
最初は何の知識もなく右も左も分からないタートであっても、縫うテンポも速くなれば、比例するように和裁の知識も蓄積されていきます。

最初の一歩は誰だって勇気のいる事です。

私はよくジグゾーパズルと一緒と話しています。最初のワンピースは何処へ置くのか全く見当がつかなくとも、最後の終わりのほうは見た瞬間に何処にはまるピースか瞬時に解ります。一歩ずつの積み重ねは偉大なパワーを生み出す物です。

生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

秋桜の浴衣

作品名 秋桜の浴衣
制作者 Y.T さん

 

 


生徒コメント

全く初めての作品です。作り易いとうかがったので、浴衣にしました。改めてよく見ると、直したい箇所がたくさんありますが、今回はこれが私の精一杯だった気がします。
先生が一つひとつ丁寧に教えて下さったので、初めての記念の作品が仕上がりました。大切にします。知識や技術はもちろんのこと、色柄のチョイス等わからないことばかりで、これから自分の目を養わなくてはと思っています。


ちょっとコメント
この夏、きっと活躍してくれていると思います。遠慮なく工房においてある様々な着物はてにとって見ていってください。

やっぱり見て実際に着物と帯と帯揚げ帯締めとコーディネートを置いてあれこれ動かさないと磨かれません。

アッこれッというものが分かってくると思います。

生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

有松絞りの浴衣

作品名 有松絞りの浴衣
制作者 A.M さん

 

 

 


生徒コメント
有松に所用で行く機会があり、せっかくなので有松絞りの浴衣を買ってみました。8月に着たいと思い、くけを宿題にしていただいて、なんとか5回で仕上がりました。
浴衣は初めてで、単衣の仕立てと同じかなと想像していましたが、裏の始末が色々簡略化されていて面白かったです。耳ぐけも結構楽しい・・・。

ちょっとコメント
毎年6月の第一土曜日と日曜日が、有松絞り祭りがあり、賑わっています。

一次は衰退してしまい、応援のつもりで行っていましたが、ここ数年人気が出てきていると感じるのは私だけでしょうか。

私も随分前に雪花絞りをオーダーしに行ったことがありました。

やっぱり絞りは良いなと、作品を見ていたらまた行きたくなりました。

生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

綿紅梅(風?)浴衣

 
作品名  綿紅梅(風?)浴衣
制作者  H.T さん

 
生徒コメント

針仕事の苦手な私ですが、これまでよりもキレイにお着物を着たい!

とサイズがまちまちの着物を仕立て直そうと思い立ち、和裁を始めました。

まずは浴衣から、と思い、気に入った反物で作成に入りましたが、

縫い進めていくうちに、あまりにも下手なため、悲しくなりました。

仕立て上がるイメージが薄れたものの、形になった時は素直にうれしかったです!

しかし・・・点数を付けるとしたら30点くらいでしょうか・・・。

次回は銘仙で袷にチャレンジします。よく着る着物なので、

破れたり、ほつれたりしない様、丁寧にそしてキレイに仕上げたいです。
 

ちょっとコメント
上手くなっていく楽しみがたくさんあっていいではないですか。
こんなに大きな作品!やはり完成したら感動しますよね。
生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

習い始めの浴衣

 
作品名  習い始めの浴衣
制作者  Y.W さん

 
生徒コメント

 和裁教室を習い始めて最初にでき上がった浴衣です。

 妹が身長が高く、自分に合った浴衣がないといっていたので、

 自分と妹の分を2着同時進行で作りました。

 自分の性格が縫目に表れている気がしますが・・・

 もっときれいに仕上げられるようにしていきたいです。

 先生のご指導のおかげで2着つくることができました。ありがとうございます。
 

ちょっとコメント
凄いことです。おめでとう!と褒めるしかないです。
浴衣の仕立て方はこちらに詳しく載っています。見返せば、よりよく理解出来ると思います
生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

雪輪に朝顔柄の浴衣

 
作品名  浴衣
制作者  音tennis さん
生徒コメント
振袖を縫ってからの浴衣だったので、
こちらから始められていたらなぁと思いました。
裏地はないし、晴着でもないし…。
でも、絹と綿、袷と単衣(!?)、色々と違いを感じながら縫えました。
ちょっとコメント
一番大変な物からチャレンジしたあとのご褒美ですね。
かえって良かったじゃありませんか!他の方から見たら羨ましい経験で、なかなかたどり着けない感覚かも知れません。笑
生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

急ぎの母の浴衣

 
作品名 急ぎの母の浴衣
制作者 島田 さん





生徒コメント
絞りの浴衣は姪っ子の為にと思っていたのですが、母が突然新しい浴衣がほしいと言いだしたため、二週間後のお祭りに向けて急いで縫いました。
絞りのため布地がすべらずくっついてしまい、少しだけ苦労しましたが、ぎりぎり間に合ってホッとしています。先生ご協力して頂き、本当にありがとうございました。

ちょっとコメント
お教室でありながら、急いで縫おうという事も遂げられるようになりました。
立派な事です。上達しましたね〜〜こちらも感慨深く嬉しいですよ。
これからも着物生活がお互いに深くなりますように〜〜

生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

お嫁さんの浴衣

 
作品名 お嫁さんの浴衣
制作者 橋本 恵子 さん





生徒コメント

表、裏どちらにも模様があり、可愛い柄だったので、お嫁さん用に縫いました。

夏に着てもらえたら嬉しいです。

 彼女も楽しみにしてくれているので、頑張って縫い上げました。


ちょっとコメント
染めてある物なのに、裏と表で柄が違うのって不思議に思われている方も多いのではないですか?片側染めれば裏にしみ出しますよね、普通は。
これは染める前に、裏側に染み出ないように予め裏に糊を引いておきます。そうしてから表に型を引いて表染めをします。表の染めが終わったら裏に塗ったこの糊を洗って落とします。
そして裏側を染める時には、また表と同じ行程を繰り返します。
ですから倍以上の手間がかかっているのです。
生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

孫の浴衣

 
作品名 孫の浴衣
制作者 A.K さん





生徒コメント
お教室に伺うようになって初めて反物から選び縫いました。
お教室にいらっしゃってるお若い方が、孫の年齢からのアドバイスを下さり、柄を決めました。
おかげ様で、きものを一から選んで作る楽しさを味わえました。
早めに作り始めていましたので、ゆっくりと仕上げる事ができました。
お似合いで可愛く着てもらえる事と楽しみです。

ちょっとコメント
普段はあまり表立って出していませんが、選び抜いた浴衣の生地がしまってありますので、リクエストくださればいろいろお見せする事が出来ます。
成人式の振袖もぜひ自分で縫われてください。

生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

長男のしじら織り浴衣

 
作品名 長男のしじら織り浴衣
制作者 K.T さん




生徒コメント
息子たちに浴衣をつくってやりたいと常々思っていましたが、成長期真っ盛りの子供達の浴衣には手が出しにくく様子見でした。高校生の長男の嘆きとうらはらに、そろそろ成長も落ち着いてきたかなと、うきうきと縫い始めたのがこの作品です。
しじら織りの肌ざわりが暑い夏にとても気持ち良さそうで、大満足です。
部活動オンリーの息子には、まだ浴衣を着る機会が想像できないようですが、とても気に入ってくれたようです。

ちょっとコメント
うらやましい息子さんですね。ウキウキ!お母さんが縫ってくれたと嬉しそうな顔が目に浮かびますね。しじらは浴衣というよりも着物に見えます。お祭り等で、しじらの浴衣を着て歩けば、上等な素敵な浴衣だなぁと思ってもらえます。
意外と高い高級な既製品の浴衣を買われるようでしたら、しじら織りで、山本の誂えの仕立てで着るのも値段的には変わりません。
生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -