映画賞

きるものがたり 山本きもの工房

山本秀司(和裁士 和服の仕立て師)が主宰する着物工房や和裁教室の物語です
沖縄染織コーデネート展 5月17日(木)〜5月21日(日)
開港祭花火&ディナーの会:6月3日(土)19:00/スタート
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

藤の花の襦袢

作品名 藤の花の襦袢
制作者 M.F さん

 

 

 


受講生徒コメント

結城紬の着物の袖から少し見えたらいいなと思い、斬新な色と柄を選びました。
襦袢の着やすさと着付けで、着物の着心地がとても変わります。以前に縫った襦袢がとても役立ち、すっきりと着物が着れる事に気づきました。ご指導のもと縫い上げることが出来ました。袷の季節が待ち遠しいです。
運針が上手になるよう心がけ、頑張りたいと思っております。


やまもとコメント
受講する生徒には、山本の仕立ての他との違いなど説明する時間がないのですね、出来上がって着ていただいてびっくりして感想をいただく。「そうそう!そうだったんだよ」といつも後付けの解説です。

逆に初めて作る長襦袢が山本ですと、それがあたり前だと思っていて違いには気付かない訳です。そういう方はよそで作った襦袢を着て、「なんだ?」「違う!」となります。

間違えないように自分の寸法表を持ち込み、この寸法で作ってくれと伝えても無理ですし、クレームとしても理解していただけません。以前、寸法表をデパートや呉服店に持ち込んだ受講生は「こんなのありえない!何十年やってて見た事ない。お客様間違えてますよ」とまで言われたそうです。

形が似てても、着心地は非なるものなのです。

 

生徒の作品集  襦袢 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

チェックの長襦袢

 
作品名  チェックの長襦袢
制作者  Y.S さん

 

生徒コメント

手持ちの長じゅばんの数を増やそうと思っての挑戦でしたが、

私にはまだ早すぎた!!というのが正直なところです。

つるつるすべる、チャコの線もすぐ消えるというなかで、悪戦苦闘でした。

かなり時間がかかり、もうイヤだと何回思ったかわかりませんが(笑)

何とかできあがってうれしいです。


 
ちょっとコメント
長襦袢は素材的に着物よりも縫うのが難しいのです。下に着るものだから着物よりは最初に縫うには気が楽というのが皆さんの方向かな。
最初から着物でもいいのですよ。
生徒の作品集  襦袢 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

父の長襦袢を自分のサイズに

 
作品名  座繰糸手織り着物
制作者  R.O さん
生徒コメント

 元は父の長襦袢を、自分のサイズに直してもらいました。

 父とは身長差がかなりあるのですが、仕立てていく中で、

 丈が変わると仕立て方も、それに合わせて色々な工夫があり、

 とても面白かったです。ところどころ縫目が粗いところがあるので、

 次回はもっと丁寧に縫おうと思います。

ちょっとコメント
縫い目も所々、違えていくものです。その場所に応じて粗めでもよい所があります。
逆に裾に近いところ、おしりの力の掛かるところ、袖付けのところ、など力の掛かるところは細か目に縫います。
一枚の着物の中にでも縫い目にメリハリがあることは、いい仕事といえるのです。
 
生徒の作品集  襦袢 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ピンクぼかしの長襦袢

 
作品名  ピンクぼかしの長襦袢
制作者  Y.M さん

 
生徒コメント

 完成までだいぶ時間がかかりました。

 もう袖を縫った時のことを覚えていません。

 スローなペースですが、今回も完成しました。

 次回も、こんな調子だとは思いますが、

 自分なりにキチンと楽しんで縫っていこうと思います。
 

ちょっとコメント
なかなか長襦袢のお袖を、一回で覚えるのは難しいと思います。
楽しんで物づくりしている時が、かえがたい事です。

 

   

生徒の作品集  襦袢 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

初めての長襦袢

 
作品名 初めての長襦袢
制作者 A.N さん





生徒コメント

反物は以前勤めていた呉服屋で購入しました。白でカジュアルな 長襦袢が欲しいと気軽な思いで作りはじめたのですが・・・

作品名の通り、初めての絹でのお仕立てで、こんなにも大変なものなのかと、おどろきと仕立ての奥深さを感じました。

今では工房で毎日和裁士になるため針を持って過ごしています。4月から始まった着付教室で、この長襦袢を着ながら着付の練習をするのが楽しみです。



ちょっとコメント
約半年間教室に通っていましたが、先生ご相談がありますと言われてドキッ!やめたくなってしまったのかと心配しながら話を聞きましたが、プロを目指したいとの相談でした。
いいレールを敷いてあげる事は出来ますが、マキは自分でくべなければならないから時には大変ですよと!!だけど、それも楽しくやらせるスキルが山本にはありますので安心してください。


生徒の作品集  襦袢 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

シケ引き染め男物長襦袢

 
作品名 シケ引き染め男物長襦袢
制作者 K.N さん





生徒コメント

紬アンサンブルグレーに合わせて半衿を茶色にしました。三ヶ月、居敷当ては基本に戻って作業できたので良かったです。身長、首周り等、体型にそって寸法を調整していただきましたので、着やすいと思いました。


ちょっとコメント
男物の仕立ては、おはしょりを取る女性物より丈が短い対丈で仕立てますので、身長や身巾など細かく採寸する必要があります。そして寸法全般において、そのデータを吟味し、割り出して寸法を確定させることが難しいのです。
正しい寸法決めが着やすさに直結しています。

生徒の作品集  襦袢 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

猫柄長襦袢

 
作品名 猫柄長襦袢
制作者 T.K さん





生徒コメント
生地は工房で選びました。
シンプルなものから色とりどりのにぎやかなおもちゃ柄まで、
迷いに迷って決められなかった時、
「こんなのもいいよ」と最後に現れた猫柄で決着がつきました。
縫いやすい生地を選んでいると、言われるとおりスッスッと針が進んで
楽しく縫うことができました。(出来は別ですが・・・)
完成間近に飼い猫が死んでしまったこともあり、
特別な思いの残る長襦袢になりそうです。

ちょっとコメント
この長襦袢の生地は精華という生地ですが、産地によってピンキリです。どう判断するかというと、触った瞬間に硬いなと思えるのは 中国産の場合が多いですね。小林さんのはとてもやわらかく上等なものといえます。
布好きな人たちは、猫が好きで飼っているケースが多いです。

生徒の作品集  襦袢 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

葡萄の葉柄長襦袢

 
作品名 葡萄の葉柄長襦袢
制作者 R.K さん





生徒コメント
初めて長襦袢を縫いました。
生地がツルツルして、まっすぐに縫うのが難しかったです。
裾がすり切れたら、ぬい直しで対処できるように仕立てたり、
半衿も三河芯を生地の中に縫い込んだりと、
新しい発見、今まで知らなかった仕立てを知り、とてもおもしろかったです。

ちょっとコメント
お茶席仕様と言いますか、頻繁に着る方に適した裾の再生が容易にできる仕立て方で「裾切れ対応仕立て」と呼んでいます。特徴は裾返しが身頃と切れていて別布になっています。
生徒さんには身頃にのみ施していますが、オーダーいただいた仕立て物には立襟にもフキがついていることが見所ですね。



生徒の作品集  襦袢 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

柿色の襦袢

 
作品名 柿色の襦袢
制作者 M.K さん





生徒コメント
知人に”和裁を習っている”と話したところ、
縫ってない中振袖と中振袖用の襦袢地を頂きました。
購入されてから20〜30年程過ぎてるものらしく、
所々に茶色の染みも出てましたが、
ご本人より”あなたにあげたものだから、好きにして良いのよ”
という言葉も頂戴し、「柿色」に変身となりました。
地味色の着物に合わせ、”実は中は派手なのよ”的な自己満足をしたいと思います。
余った生地でうそつきも作ろうか考え中です。

ちょっとコメント
山本きもの工房の和裁教室は裁縫だけでなく、工房というだけあって
染み抜き〜洗い張り〜ガード加工のメンテナンスから
色を染め替えたい、紋や刺繍を入れたい、
金線彩や金砂子を入れてグレードアップさせたい等々、が頼めます。
着物すべてをコーディネートする「仕立て業」であるわけです。


長襦袢はこちらに詳しく

生徒の作品集  襦袢 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

母の襦袢

 
作品名 母の襦袢
制作者 K.M さん




生徒コメント
祖母のものにしてはめずらしく可愛らしい柄でした。
糸こきしすぎて生地が伸びてしまったり、
縫い直しなども多くてなかなか大変でした。

ちょっとコメント
はは〜!お母様に感謝ですね。
糸コキは「チカラ」まかせではダメなんですね。
指の腹で感じ取りながら、優しくしてあげないと上手く出来ません。
上手な人がしていると、力を入れているように見えたり聞こえたりします。
じつはプロでも苦手な人は沢山いて何年もやっている方のも直す事が多々あります。
糸コキ4〜5年〜と言ったところでしょうか。
生徒の作品集  襦袢 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -