映画賞

きるものがたり 山本きもの工房

山本秀司(和裁士 和服の仕立て師)が主宰する着物工房や和裁教室の物語です
沖縄染織コーデネート展 5月17日(木)〜5月21日(日)
開港祭花火&ディナーの会:6月3日(土)19:00/スタート
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

タイシルクで帯

作品名 タイシルクで帯
制作者  Y.T さん

 

 

 


受講生徒コメント

タイへの旅行時、同行者の希望で、現地で有名なシルクメーカーの生地工房のような場所に行く事が決まっており、帯用にと生地を選んできました。
南国ですので、大柄の派手な者が多く、無難なものを探した結果、少し地味な物になってしまった様にも感じておりましたが、日常使いには良かったと思います。
反物からでなくともきちんと形になると、次も現地で探してこよう!!と楽しくなります。


やまもとコメント
どんな生地からでも(極端な例外もありますが)帯につくる事が出来ます。柔らかいもの弱いもの!諦めずに気に入った生地がありましたらご相談ください。

http://麻の広幅地で北欧風な名古屋帯制作 

http://羽織り〜帯へ  

http://バティックで帯 

http://手作り生地で帯.- 

http://お土産のテーブルクロスで帯-

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

立涌縞帯

作品名 立涌縞帯
制作者 K.M さん

 

 

 


受講生徒コメント

出会いは2年前(?)くらいの「心よきもの展」でした。
大人な感じの縞にあこがれ、心惹かれつつも、他に心奪われ、日々が流れました。
今年の春の心よきもの展で ”まだ嫁に行ってなかったのね”的に再会し、”待っててくれてありがとう”と私の帯になりました。
納得のゆく1本と感じてます。


やまもとコメント
織楽浅野さんの帯です。地紋の織目ひとつ一つを緻密に計算されたからこそ見えてくる絶景です。ただ何げなく「良く」見える、その裏側は大変な努力の末の賜物なんですね。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

北欧風?な名古屋帯としぶい色の半巾帯

作品名 北欧風?な名古屋帯としぶい色の半巾帯
制作者  Y.T さん

 

 

 


受講生徒コメント
広巾の麻の生地で帯を作りたいと思い、先生にご相談したら、とてもステキな帯にしてくださいました。
名古屋帯に変身した馬と樹の柄の生地は、帯にしたときにキレイに柄が出る様、先生が教えてくださって、想像以上にかわいくできて大満足です。
ありがとうございました。
袷を制作中に小休止して帯作りをしたのですが、あっという間に形になるのがうれしくて、またあれこれ作ってみたいと妄想しています。

やまもとコメント
楽しいですよね、大きな作品の出来上がった時の達成感は言葉には言い表せません。

そんな生徒さんの姿を拝見できた時に私達も感動できます。

お誂えの仕立ての着心地の良さに感動して喜びの声をいただいた時にも感動いたしますね__。

山本におまかせ頂いた仕立てのお仕事は、無料で仕立ての微調整もしますし、万が一お仕立てがお気に召さなかった場合には金銭補償をしますので「仕様が細かい」と言われてしまう方もご安心ください。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ジュニア用名古屋帯

作品名 ジュニア用名古屋帯
制作者 M.K さん

 

 

 


受講生徒コメント

8歳の子にできるだけ楽に着物を着せたいので、振袖地で半幅帯の作品をご指導頂きました。二重の文庫風など飾り結びを毎年工夫してきましたが、11歳を過ぎると、後ろ姿がちょっともの足りなく見えるようになりました。ちょうどかわいい本人好みの小紋柄の端ぎれを見つけたので、今度は名古屋帯に挑戦してみることに。

いつもながら、よく仕組み(特に三角のところの作り方)が分からないのですが、おかげ様で可愛く仕上がりました。とても柔らかくて軽いので、しめても楽だと思います。次の帯はいよいよ袋帯になるでしょうか。それとももう少し本格的な名古屋にしようか、今から楽しみで迷ってしまいます。


やまもとコメント
何をどんな形にしようか悩めるのは、それだけ知識も腕も抽き出しが出来てきた証拠ですよ。喜ばしい事!ぜひ楽しく計画してくださいね。山本はどんな事があっても完成に導きますからご安心ください。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

羽織から帯へ

作品名 羽織から帯へ
制作者 Pip さん

 

 

 


受講生徒コメント

羽織だったものを解いた状態で譲られた生地は、濃い橙色が印象的でした。ずっと放置されていたものが、機会を得て生かすことができました。しかも、欲しいと思っていた夏向きの帯になり、嬉しく思います。着物と違って工程が多くないので、すぐ形になるのも楽しかったです。

新しい着物もよいのですが、手元にある受け継いだものを一枚づつ自分に合った形に整えてゆくことが楽しみになってきています。

 

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

夏塩沢に合わせた帯

作品名 夏塩沢に合わせた帯
制作者 冨谷 さと子 さん

 

 

 

生徒コメント
「心よきもの展」で、飾ってあった夏塩沢が以前から欲しくて、購入を決め、その着物に合う帯をとの希望に、直美先生が予算内で見繕って下さいました。
かっこいい系の粋な帯!! 私好みです!!(似合う似合わないは別として)
夏に着られるように早く仕上げましょうと、ほとんど先生におんぶに抱っこで、早く仕上げさせていただけました。
絹の張りのある生地のため、ただでさえ針の下手な私でしたが、ますます苦戦しましたが、本当に何度もチェックをして直して下さる先生のおかげで縫い終わることができました。
この帯に合う銀座結びもいつかマスターしたいです。
ご指導ありがとうございました。

ちょっとコメント
これ麻地だと思えるくらい張りがありますけど、絹です。撚りを多くかけるとこの風合いになります。

夏芭蕉とうたっている生地をよく見かけますが(芭蕉は全く入っていません)それと同じです。

着たときのお写真ありがとうございました。グレー地の紗夏塩沢にこの帯!素敵な女性で輝いて見えてました。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

名古屋帯

作品名 名古屋帯
制作者 A.Mさん

 

 

 

生徒コメント
黒っぽい帯が欲しくて、工房の帯地を見せて頂きました。その場にいた方々のご意見も参考にさせていただいて、一番使い勝手が良いものが選べたと思います。
名古屋帯の仕立ては二度目でしたが、縫い終わって表にひっくり返す時のワクワク感はたまりません。

ちょっとコメント
織楽浅野さんの帯です。上品、モダン、可愛らしさ、それぞれ違う趣向のセレクトでもまとめ上げてしまう浅野さんの帯。

なぜなら山本が選りすぐった逸品が揃えてあるからです。

着物をお持ちいただければ、これぞと言う浅野さんの帯をお見せします。

 

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

羽織を帯に作り替え

作品名 羽織を帯に作り替え
制作者 Y.M さん









生徒コメント
母の古い羽織を二枚、名古屋帯に仕立て直しました。
ずっとしまったままだったので、あちこちシミがひどかったのですが、先生がシミは帯にしたときに目立たないところへ回して、つないでいくと昔の短い丈の羽織が帯一本分の長さになりました。凄い!
かわいい柄だったので、使えるものになって嬉しいです。

ちょっとコメント
羽織が帯になるの?と驚かれる方も多いですが、接ぎを入れながら帯の形にする事ができます。それも日本の和裁技術の神髄で、一本の糸でやさしく縫い合わせていますから、生地への負担が少なく、痛めていないので再生しやすいという特長を持っています。そこがすごいですね。昔の羽織は大柄が多く、いい景色のものもありますので、そういったものを現代の帯にすることはとてもモダンな帯になって素敵ですね。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

立体形状の帯

作品名  立体形状の帯
制作者  Y.Hさん






 
生徒コメント
「心よきもの展」で出会いました。
「立体に織る」という世界、藤田織物の想い、お話には大変感銘とおどろきを覚えました。熟練の職人さんに織られた帯の光の当たり方により、様々な表情に変化していく様子を楽しみたいと思います。
ほぼ3シーズン締められるということで、大切にしたい帯です。
 
ちょっとコメント
大変素晴らしい織り上がりの八寸帯ですね。この張り感伝って来ますでしょうか?
麻地ではなく、絹地で表現してあります。
皆さんが勘違いしていることで九寸帯の幅を狭く織るのが八寸帯と、出来上がりの幅をかえただけで八寸帯が織り上がるだろう!幅もないし、かえって楽なのでは?とお想いの方がほとんど。
実は大変さ、技量が問われるのがこの八寸帯なのです。
着用事は芯も入れることはしないし、耳は見えるし、そのものだけでカッチッと完成していなければなりません。
目利きの視点として「そのものだけで帯として成立している」かどうかです。
その点で藤田さんにはいつも脱帽するのです。
生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

一目ぼれした帯

 
作品名 一目ぼれした帯
制作者 田中 玲子 さん





生徒コメント
11月のこころよきもの(展示会)で一目惚れして買ったものです。
これまでは帯はつづれ織りのものをよくしめていたのですが、
もう少し違ったものをと思っていたところに出会った帯です。

ちょっとコメント
一目惚れされて嬉しいです。。。私ではないですが嬉しいです。
私も藤田織物さんに惚れ込んで、お付き合いさせていただいています。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -