映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

いざなふの風展で見つけた紅型の帯

作品名 紅型の帯、青
制作者 田中 恵子さん

受講生徒コメント

日本橋コレドの展示会で拝見して、ずっと夢見てきた沖縄の紅型。しかも珍しい青色の帯地を手に入れました。大切に身につけて楽しませていただきます。粋に着こなせると良いのですが。

 

やまもとコメント

昨年のやまもと工藝が日本橋COREDO3の橋楽亭にて開催した『沖縄染織いざなふの風展』にて手に取っていただいた、やふそ紅型工房の名古屋帯です。藍の濃淡で染められていますが、紅型らしい鮮やかさに目を奪われますね。最近では洋服だけでなく浴衣でも大量生産のためプリントされたものが増えていますが、手仕事が感じられる物を身に付けることの出来る着物の文化を大切にしていきたいものですね。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

鯉柄 名古屋帯

作品名 鯉柄 名古屋帯
制作者 pipさん

受講生徒コメント

なんとも可愛い鯉の姿です。柔らかなベビーカラーで地色に溶け込むように泳ぎます。目立たないようで存在感がある柄が気に入っています。帯は着物に較べて短時間で形になるので嬉しくも楽しくもあります。また、今回の布地は縫いやすく感じました。その分、手が疎かになりがちでした。毎回新しい出会いがあって楽しいです。自分の物を自分の手で縫えることが喜びとなっております。今後は日常着を増やしてゆきたいと思います。

 

やまもとコメント

「帯は軽くしたいです」とご希望でしたので、帯芯は夏芯を使用いたしました。滝の中を勢いよく昇っていくような姿の鯉の図は中国から伝わってきた図です。荒磯文様と呼ばれ縁起の良い文様です。色無地はもちろん、涼しげな波の図は単衣の時期にも似合う帯ですね。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

インド綿アレンジ名古屋帯

作品名 インド綿アレンジ名古屋帯
制作者 Y,T さん

 

受講生徒コメント

インド旅行の際、購入してきたブロックプリントの生地になります。現地の方の生地の活用法は「ブラウス」になりますので、ポイントの柄が袖、衿、裾の端、しかも“耳”にくる様計算されてプリントをしているそうです。幅広の場合、3等分にして名古屋帯が作れるとだけ記憶していたので、ただただ気に入った柄行を選んでしまいましたが、お太鼓、前帯にもポイントを入れるには、生地が足りなかったようです。
通常より多くハギを入れる事になりましたが、先生のアドバイスのおかげで柄行が寂しい帯にならずに済みました。


やまもとコメント

一目見て素敵な布地で、もし帯ができたら嬉しいですよね。それは様々なサイズの物がありますが、ハギを入れる位置を細かく計算することで、帯にすることができますが・・・まぁこれが大変です。でも作っている時、完成した時の武山さんの笑顔がみれればそれも飛んでしまいますね。

 

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

鹿の帯

作品名 鹿の帯
制作者 松井 oshirikun さん

 

 

 


受講生徒コメント

初めて芯を入れた名古屋帯を作りました。ずっと馬の柄だと思っていたら、皆さんに”鹿ですよ”って云われました。
裏の色味がとても気に入っています。どの着物に締めようかなぁ〜って選べるほどもちあわせはないので、帯に合わせてこんどは着物、縫ってみようかなぁ。


やまもとコメント

お正月の福袋の中の1点でしたね。太鼓裏の色は表の柄が引き立つように柄に近い色で染めて用意させていただきました。
タレを青の無地にすることもできましたが、鹿をメインに選びましたね。芯とじは苦労する方も多いのですが、松井oshirikunさんは「分かった!!」とポチポチっと生地をはずして芯だけ止める作業がズムーズに出来ていていました。すごいです!

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

姉妹帯

作品名 姉妹帯
制作者 M.K さん

 

 

 


受講生徒コメント

古い子供用反物にはなぜか心惹かれるものがあり、出会いがあるとつい求めてしまいます。これもそんな中の1つでした。古い物にしては状態がよく、四ツ身にしようかとも考えたのですが、現状では主張がありすぎる柄の気がしてためらっていました。が、帯ならば帰ってアクセントになるかもと思いました。そこで半巾帯では後ろ姿が少し物足りなくなってきた小五の姉と、何でも姉と一緒でなければ気がすまない小二の妹にペアの帯をプレゼントすることにしました。名古屋帯を作るのは2本目ですが、とても不思議な縫い方をする様な気がします。反物で作った帯は柔らかく締めやすいので、また作りたいです。ご指導ありがとうございました。


やまもとコメント

こども物をたくさん縫われているKさんならではのアイデアで素敵な帯が出来上がりましたね!名古屋帯は松葉のように開いたり、ひっくり返したりと、真っすぐ縫うだけの帯ですが様々な行程が不思議ですよね。流水の丸みと赤と白の梅がピンクの地色に映えて可愛らしい柄ですが、二人並んで帯を締めたら可愛さが何倍にもなりそうで楽しみです。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

白地に小花柄の袋帯

作品名 白地に小花柄の袋帯
制作者 Y.M さん

 

 

 


受講生徒コメント

前に縫った付け下げに合わせた袋帯です。芯は先生のおすすめもあり、絹芯にしたので、とても軽い仕上がりになりました。


やまもとコメント

優しいオレンジ色の付け下げは可愛らしい模様でしたので、シンプルな袋帯を紹介させていただきました。袋帯は裏に糸が走っている事が多いので、糸に馴染みやすく軽い絹芯をオススメすることが多いです。是非締めた時の感想もお聞かせくださいませ。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

喪服用の帯

作品名 喪服用の帯
制作者  N.睫擇気

 

 


受講生徒コメント

喪服用の黒い帯を探していました。
なかなか気に入る物が無く、先生に相談させていただいたところ、素敵な帯を見つけていただきました!
1月に法事があり、着物と同様にその時に使いたかったので、12月はお教室の日を増やしていただき、何とか間に合うように仕上がりました。
先生、いつもありがとうございます。


やまもとコメント

喪服以外でも使えるような帯が良いのではないかと、織楽浅野さんの帯を紹介させていただきました。お着物と帯と濃い色が続き縫い目が見え難いようでしたが、自分の手で目的を持って作り上げて行く睫擇気鵑里手伝いが出来て嬉しく思います。角がピシッとしていて素敵な帯に仕上りましたね。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

自作した昼夜織りの名古屋帯

作品名 自作した昼夜織りの名古屋帯
制作者  S.I さん

 

 

 


受講生徒コメント

5年ほど前に織った帯地です(自作です)。主に西洋茜で糸を染め、通常の昼夜織りと少し組織を変えて織りました。
糸に節があるため、この組織には合っていなかったようで、ダブついた糸が模様のようになってしまいました。残念ながら失敗作ですが、それが味にもなったかなと思います。
名古屋帯を縫うのは3本目でしたが、まだまだ覚えられず情けないです。これからもご指導よろしくお願いいたします。


やまもとコメント

ご自身で織った帯を仕立ても自らこなし装う!いっぱい出掛けてください。自分へのご褒美、すばらしい事です。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ステンドグラス柄名古屋帯

作品名 ステンドグラス柄名古屋帯
制作者  M.T さん

 

 

 


受講生徒コメント

あまりに綺麗な染め帯に、心ひかれてお話を伺ったところ「京都の女性がお一人でそめていらっしゃいます」
初めて縫う染めの名古屋帯は、この帯にしようとすぐに決めました。
良い紬地なので、とても楽しく仕上げることが出来て、嬉しかったです。


やまもとコメント

この帯はチャンチン染めという技法で染められています。チャンチンとは染め道具の一つで、色と色とが重なってにじまない様に防染させる糊を線上に引いて行くものです。一つ一つの線が手で引き描かれているので、生きた表情になるのが特徴です。良い生地と生きた手染、それにTさんの手縫いのカルテットで生まれました。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

更紗柄名古屋帯

作品名 更紗柄名古屋帯
制作者  K.F さん

 

 

 


受講生徒コメント

どのような着物にもあわせやすい色柄の帯ということで購入しました。
厚い芯だったので、芯をとじるのにちょっと苦労しました。
できあがって形になったら思っていたよりも素敵でとても嬉しいです。


やまもとコメント

さあ、どのような帯〆帯揚げを合わせましょう!着物との関係からも変わってきますが、考えるだけで楽しくなる柄です。帯の見所は何といっても角の仕上げです。シャープに仕上がっています。芯入れは苦労されましたが、芯と表地のなじみ具合もポイントでしょう。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -