映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

鹿の帯

作品名 鹿の帯
制作者 松井 oshirikun さん

 

 

 


受講生徒コメント

初めて芯を入れた名古屋帯を作りました。ずっと馬の柄だと思っていたら、皆さんに”鹿ですよ”って云われました。
裏の色味がとても気に入っています。どの着物に締めようかなぁ〜って選べるほどもちあわせはないので、帯に合わせてこんどは着物、縫ってみようかなぁ。


やまもとコメント

お正月の福袋の中の1点でしたね。太鼓裏の色は表の柄が引き立つように柄に近い色で染めて用意させていただきました。
タレを青の無地にすることもできましたが、鹿をメインに選びましたね。芯とじは苦労する方も多いのですが、松井oshirikunさんは「分かった!!」とポチポチっと生地をはずして芯だけ止める作業がズムーズに出来ていていました。すごいです!

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

姉妹帯

作品名 姉妹帯
制作者 M.K さん

 

 

 


受講生徒コメント

古い子供用反物にはなぜか心惹かれるものがあり、出会いがあるとつい求めてしまいます。これもそんな中の1つでした。古い物にしては状態がよく、四ツ身にしようかとも考えたのですが、現状では主張がありすぎる柄の気がしてためらっていました。が、帯ならば帰ってアクセントになるかもと思いました。そこで半巾帯では後ろ姿が少し物足りなくなってきた小五の姉と、何でも姉と一緒でなければ気がすまない小二の妹にペアの帯をプレゼントすることにしました。名古屋帯を作るのは2本目ですが、とても不思議な縫い方をする様な気がします。反物で作った帯は柔らかく締めやすいので、また作りたいです。ご指導ありがとうございました。


やまもとコメント

こども物をたくさん縫われているKさんならではのアイデアで素敵な帯が出来上がりましたね!名古屋帯は松葉のように開いたり、ひっくり返したりと、真っすぐ縫うだけの帯ですが様々な行程が不思議ですよね。流水の丸みと赤と白の梅がピンクの地色に映えて可愛らしい柄ですが、二人並んで帯を締めたら可愛さが何倍にもなりそうで楽しみです。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

白地に小花柄の袋帯

作品名 白地に小花柄の袋帯
制作者 Y.M さん

 

 

 


受講生徒コメント

前に縫った付け下げに合わせた袋帯です。芯は先生のおすすめもあり、絹芯にしたので、とても軽い仕上がりになりました。


やまもとコメント

優しいオレンジ色の付け下げは可愛らしい模様でしたので、シンプルな袋帯を紹介させていただきました。袋帯は裏に糸が走っている事が多いので、糸に馴染みやすく軽い絹芯をオススメすることが多いです。是非締めた時の感想もお聞かせくださいませ。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

喪服用の帯

作品名 喪服用の帯
制作者  N.睫擇気

 

 


受講生徒コメント

喪服用の黒い帯を探していました。
なかなか気に入る物が無く、先生に相談させていただいたところ、素敵な帯を見つけていただきました!
1月に法事があり、着物と同様にその時に使いたかったので、12月はお教室の日を増やしていただき、何とか間に合うように仕上がりました。
先生、いつもありがとうございます。


やまもとコメント

喪服以外でも使えるような帯が良いのではないかと、織楽浅野さんの帯を紹介させていただきました。お着物と帯と濃い色が続き縫い目が見え難いようでしたが、自分の手で目的を持って作り上げて行く睫擇気鵑里手伝いが出来て嬉しく思います。角がピシッとしていて素敵な帯に仕上りましたね。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

自作した昼夜織りの名古屋帯

作品名 自作した昼夜織りの名古屋帯
制作者  S.I さん

 

 

 


受講生徒コメント

5年ほど前に織った帯地です(自作です)。主に西洋茜で糸を染め、通常の昼夜織りと少し組織を変えて織りました。
糸に節があるため、この組織には合っていなかったようで、ダブついた糸が模様のようになってしまいました。残念ながら失敗作ですが、それが味にもなったかなと思います。
名古屋帯を縫うのは3本目でしたが、まだまだ覚えられず情けないです。これからもご指導よろしくお願いいたします。


やまもとコメント

ご自身で織った帯を仕立ても自らこなし装う!いっぱい出掛けてください。自分へのご褒美、すばらしい事です。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ステンドグラス柄名古屋帯

作品名 ステンドグラス柄名古屋帯
制作者  M.T さん

 

 

 


受講生徒コメント

あまりに綺麗な染め帯に、心ひかれてお話を伺ったところ「京都の女性がお一人でそめていらっしゃいます」
初めて縫う染めの名古屋帯は、この帯にしようとすぐに決めました。
良い紬地なので、とても楽しく仕上げることが出来て、嬉しかったです。


やまもとコメント

この帯はチャンチン染めという技法で染められています。チャンチンとは染め道具の一つで、色と色とが重なってにじまない様に防染させる糊を線上に引いて行くものです。一つ一つの線が手で引き描かれているので、生きた表情になるのが特徴です。良い生地と生きた手染、それにTさんの手縫いのカルテットで生まれました。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

更紗柄名古屋帯

作品名 更紗柄名古屋帯
制作者  K.F さん

 

 

 


受講生徒コメント

どのような着物にもあわせやすい色柄の帯ということで購入しました。
厚い芯だったので、芯をとじるのにちょっと苦労しました。
できあがって形になったら思っていたよりも素敵でとても嬉しいです。


やまもとコメント

さあ、どのような帯〆帯揚げを合わせましょう!着物との関係からも変わってきますが、考えるだけで楽しくなる柄です。帯の見所は何といっても角の仕上げです。シャープに仕上がっています。芯入れは苦労されましたが、芯と表地のなじみ具合もポイントでしょう。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

藍染めの上っぱりと半巾の帯

作品名  藍染めの上っぱりと半巾の帯
制作者  N.N さん

 

 

 


受講生徒コメント

母が持っていた物で、浴衣に仕立てようと思ったのですが、何故か長さが足りず、

先生から「母用の上っぱり(サイズ小さいです)」と「帯」にしてはどうかとご提案いただき、そうすることにしました。
期せずして母とお揃い(柄だけですが)という事になり、いつもは作りっぱなしで着ていない私ですが、ちゃんと使おうと思います。


やまもとコメント

長着にならずとも、コーディネートして仕立て上げる事で新しい命を吹き込むのが我々の使命ですね。お母様とのお揃い柄!素敵です。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

接ぎ合わせ名古屋帯

作品名  接ぎ合わせ名古屋帯
制作者  NONNA N. さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

私の地元のデパートが、1年に一回くらい手芸材料展を開催します。数十年前、そこで”これは面白そう、何かに使えそう”と思って買った数枚の端切れ(端布)が、この度一本の名古屋帯に変身しました。
この帯に似合う帯はどれか?合わせてみるのが楽しみです。昨年から今年にかけて4本の名古屋帯を縫いました。4本目にしてようやく「縫い方ノート」を作り始めました。あと「お太鼓の仕上げ」を書けば一段落です。今後縫う度にノートの手直しをしていくつもりです。文字に書き表しづらいのが、表地と芯地との釣り合いですが、これは枚数を重ねて縫っていくうちに覚えてゆきたいと思っています。

 

やまもとコメント

帯のお仕立ては、デジカメで記録を取ってしっかり覚える人もいるほど。そんなことも自由に許してます。ただ動画はお断わりしています!私がやっているところを撮りたいといわれた事も!恥ずかしいのでね。

もう帯のポイントにお気付きですね。芯を詰まらせて表がボコボコの酷い状態の帯を良く見かけます。

やまもとでは芯を工房内で水通しして詰めるだけ詰めて整理します。手間が大変かかりますが将来にわたって美しい仕上がりを保つ事が出来るのです。ただこれは50cm以上詰まりますので、通常市販の帯地では足りなくなってしまいますのでご注意を。ここだけで出来る特異な仕様です。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

織楽浅野名古屋帯

作品名 織楽浅野名古屋帯
制作者 Y.T さん

 

 

 


受講生徒コメント

お教室で着物に合わせて紹介していただいたものですが、素敵な帯が仕上がったと思っています。色もいろんな着物に合わせやすそうで、気に入っています。
初めての帯で、教えていただく通りに芯を入れ、まわしたり裏返したりしているうちに、あっという間にできた印象で、着物も同じですが、一枚の布の日本人の無駄のない使い方に感心をおぼえます。自分で着付!もまだ出来ませんので、人前でしめられるようになるまでは、まだまだかかりそうですが、がんばります。


やまもとコメント

ホント素敵な帯ですよね。「織楽浅野」私のお勧め帯です。名古屋帯になりますがポイントも多く決して簡単ではないのですが「あっという間」と感想を言っていただけるのは嬉しい限り!是非ご興味のある方はご自作にチャレンジしてください。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -