映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

男物(アンサンブル)&長襦袢

作品名 男物(アンサンブル)&長襦袢
制作者  肥後 三津枝 さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

長襦袢は二枚目で、立衿の片方を自分で待ち針を打ち仕立てたところ、立衿の裾に段差ができました。自分でも待ち針を打ちながら、前身頃の上にくると思い込み、少し出して待ち針を打った結果、出来上がりで段差ができました。ヘラ印の重要さを実感しました。 正月に主人も一緒に着物を着られたらと思い、男物を仕立てたいと思いました。今までの女物とは仕立て方、ヘラの場所など違う部分も多く、戸惑いもありましたが、先生の指導のもと出来上がりました。 薄いグレーと濃いグレーのアンサンブルで色合いもよく、縫いやすい反物で良かったです。羽織は初めてだったので、先生の指示通りに縫って、仕立てることができました。


やまもとコメント

男物は内揚げの位置や袖付け等女物とこんなにも違いがあるのか戸惑う箇所が多々あった事と思います。しかしその違いも楽しみながら縫い進められたのではないでしょうか。着物の八掛は紺、羽織では鳥獣戯画の裏地でグレーとの相性の良い落ち着いた紫色を選んでいただきました。お正月に着物を着て一緒にお出掛けするのも楽しみですね。

生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

夫の長襦袢

 
作品名  夫の長襦袢
制作者  C.中村さん

 

 

 
生徒コメント
以前から和装に興味があった夫ですが、
着物は衝動買いしたものの長襦袢がなく、着て出かける機会がなかったので、
自分の着物を作り終えて、やっと夫のものに取りかかることにしました。
色が地味で、縫っていてもあまり心躍ることがない布でしたが、
縞にそって縫えば良かったので、縫いやすかったです。
 
ちょっとコメント
そ!そんな〜。。仲のいいご夫婦ならではの掛け合いですね。
久々にご主人の着物姿、見れますように。
生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

男物花織の袷

 
作品名 男物花織の袷
制作者 K.I さん

和と洋の文化の発展の仕方の違いがおもしろいですね





生徒コメント
反物は呉服店のバーゲンでみつけたものです。初めて袷に挑戦しました。
単衣とは違い、当然ながら表地と裏地を別々に縫うのですが、
合体した時のズレにがっかり。
印つけの起点はどこか、ちゃんと頭に置かなければと痛感したしだいです。
柄合せを先生がきちんとしてくれたのに、
縫い手のいい加減さが微妙なズレになってしまいました。申し訳ないです。
でも完成するとホッとします。
 
ちょっとコメント
大作でしたね。
洋服はつるして保管するために裏をブカブカに仕立てるのですが、それに対して
きものは畳んでしまっておく衣なので、何もかもぴったりに仕立てます。これが大事!
こんな保管方法の違いから縫製の在り方ががらりと変わります。
和と洋の文化の発展の仕方の違いがおもしろいですね
生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

夫のために縫った小千谷縮み

 
作品名夫のために縫った小千谷縮み

制作者 E.H さん





生徒コメント
夫の浴衣をつくりました。
始めたのが遅かったので、
今年の夏には間に合いませんでした!
来年は一緒に着てお祭りに行きたいと思います。

ちょっと笑えるコメント
ご主人さまのきものを縫っている!
何とも微笑ましい素敵な光景です。
そこで縫っている本人がよく言うセリフで多いのは
「あ〜〜早く自分の縫いたいっ!」です。
ね。微笑ましいでしょ。
でも縫って差し上げてるだけで愛情たっぷりです。
生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

紬地男物袷 (生壁鼠)

 
作品名紬地男物袷 (生壁鼠)



制作者 橋本 恵子 さん





生徒コメント
夫が自分のも縫って欲しいと言い出し、工房に来て選びました。
長くかかりましたが、その間に家のリフォームも済んでやっと出来上りました。
先に作った羽織とでやっとアンサンブルで着てもらえそうです。
着姿を早くみたいですし、いっしょに出かけるのが楽しみです

ちょっとコメント
190cmあるご主人様、採寸する私が台に乗って身長を測らせていただいたのを今も覚えています。
それはそれは縫うのに苦労されてましたね。
また生地を見る目、センスが抜群の旦那さまだなぁと感心しました。
二人で歩いたらとても素敵ですね。

生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

オランダの友人の阿波しじら織

 
作品名 オランダの友人の阿波しじら織
制作者T.福岡 さん






生徒コメント
オランダ人の友人に浴衣を縫いたいと先生に相談したところ、
しじら織りを紹介されました。
縫い目もめだたないし、縫いやすい生地でしたので、
身長198㎝用の大きな浴衣でしたが、思っていたより楽しくぬえました。
さらさらした生地で着ごこちがすごく良いととても喜ばれました。

ちょっとコメント
私が対峙した仕立物で、一番大きな方ではないかな〜。彼は喜んで言うかな。
この浴衣だれんだー?って。
P.S 社長就任、と新命お授かり、二重のお喜びですね。本当におめでとう!
多忙極まりないと思いますが、体調万全にお過ごしくださいね。
生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

男物浴衣

 
作品名 男物浴衣
制作者Y.Oさん





生徒コメント
見当たりません。せっかくの完成品なので写真だけ載せますね。

ちょっとコメント
ご主人のために縫われた粋な浴衣、角帯も似合いそうな品があります。
このグレーと藍の取り合わせっていいですね。
ただ微妙なバランスを崩すといただけませんが。
生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

主人の「しじら織り単衣」

 
作品名主人の「しじら織り単衣」
制作者N.K さん







生徒コメント
見当たりません。写真だけ。せっかくの完成品なので載せますね

ちょっとコメント
Kさんはただいま産休中です。
元気な女の子の写真を見ましたよ
おめでとうございます。
「また必ず始めたい、戻ってきますから」と言われただけで
感無量です。
ありがとうございます。

生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

男性が縫った小千谷単衣

 
作品名 単衣
制作者 K.飯澤さん








生徒コメント
ネットオークションで見つけた。
あわよくば10月頭には着れるかなと思ったが、思いのほか時間がかかった。
こんな大きなものを縫うのは初めての経験。
小千谷は針がすっと通ってしまうので、ついつい目が粗くなってしまった。
初めてにしてはまあまあということで、70点かな。
今度は長襦袢、早ーく仕上げたいな。
いずれは裁ちからやるぞ。しばらくは単衣でいこうかな。

ちょっとコメント
ネットで手に入れる方も最近は多いですね
1円スタートなんてののもざらですね
生徒さんも利用している方も多いようです
ただ私は、裁つのが大変になることが多々あります。笑
良いのに当たれば、ラッキーですね
生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

灰色と黒の紬、男性用袷

 
作品名 グレーの男性用袷
制作者 M.F さん







生徒コメント
お休みを頂いていた期間もあったので、1年がかりでやっと完成しました。
お正月に間に合わせるための年末の追い込みがきつかったです。
主人のものですが、サイズが大きくて前回の長襦袢と同様、
袖のはぎなど縫う部分が多くて大変でした。
(去年10’のうちに完成しました。ご紹介遅くなりまして、すみません)

ちょっとコメント 
それもそのはず!隣のトルソー君と比べてもご主人が大きいのが分かります。
確か背丈を測るのに台に乗って計ったような記憶が・・・
山本工房には身長測定機がありまして、必ず実測します。
男物は特にです。対丈ですから尚更です。
女性も長襦袢は対丈ですから同じです。
山本は基本的にお会いした方の誂えしかお仕立てを受けないという理由が
少しここにあります。

サイズが大きくて幅の広い反物でも袖の接ぎなど縫う部分が多く大変でした。
幅広反物でも間に合いませんでしたね。長い人はこれでOKです
全く気になりません。
という事は、反物幅が狭めの物でも接ぎを入れれば着物として
問題なく着れる訳ですから、気に入った反物があって幅が狭めでも
あきらめる事などありません。

生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -