映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

生成の紬の袷

作品名
制作者 K.Hさん

 

生徒さんコメント

頂き物の反物で、線は見えにくかったのですが縫い易い生地でした。楽しみながら針を進めることができました。何枚塗っても忘れることの方が多くて、先生に教えていただきながらの手仕事です。でもお教室は楽しくて続けさせて頂いております。これからも宜しくお願い致します。

 

やまもとコメント

お教室では白色のチャコを使用しておりますので、生成のような色は見にくかったかもしれませんね。袷は一枚縫い上げるまで半年ほどかかります。同じ工程を行うのは半年後。覚えていることは難しいですよね。手順は覚えていなくても、手を動かして縫うことの楽しさや、和裁の奥深さが伝わっているのであれば嬉しい限りです。こちらこそ今後とも宜しくお願い致します。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | - | - | -

紅花単衣

作品名 紅花単衣
制作者 E.Sさん

 

 

  

 

受講生徒コメント

色が気に入って購入した反物です。
このところ濃い色味の地を縫うことが続いていたこともあり、とても楽しく作成することが出来ました。
裏地を縫っている際、小さなことだけれど、ああこうすれば良いのか!と気が付けることがありました。

また縫うのがおもしろくなりました。ラッキー


やまもとコメント

一見単色のように見えますが、糸の中でクルクルと桃色や薄紫に変わって見える楽しい生地でしたね。プロの仕事の中でも毎回発見の連続です。同じ事をしているようでも、生地によって綺麗に仕上げるためのアプローチの仕方は変わっていきます。裏についている居敷当ては胴裏の生地で、糸コキや針目等、実は難しい生地なのです。袷の裏にもなりますのでコツをつかんだら袷の縫いもキレイにできて楽しんで頂けるのではないでしょうか。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | - | - | -

黒地格子紬

作品名 黒地格子紬
制作者 M.K さん

 

 

 

 

受講生徒コメント

着物好きの叔母が「私が死んだら全部あげるから」と言っていたのに、従姉妹が急に着物好きとなりほとんどを持ち去った後の残り物(?)の一枚を仕立て直しました。揚げが少なく、長さが足りない分はお教室で用意して頂きました。
暑がりの身の為、背抜きで今回は作りましたので、生地が縫い重なる部分等で重みがあり、縫いづらい事もありましたがこれからの 10月や5月といった時期に気持ち良く着用できると思うと楽しみです。
背とじで差が出た際の段取りも教えていただき、今後の参考にしたいです。ありがとうございました。


やまもとコメント

ハギには黒い紬地を用意させていただきました。居敷当てではかくしきれなかった部分のくけが厚く感じられたかもしれません。胴抜き仕立ては単衣と袷の縫い方が混ざり合っています。裏がつく部分、つかない部分とのさかい目では、縫い代の処理の順番がポイントとなります。いろんなお着物を仕立ててきたKさんには、ハギが入ったり、 胴抜きだったりと一手間二手間必要な内容で、また1つレベルアップできたのではないでしょうか。残り物には福があるものです。この着物がどんな福を運んできてくれるか楽しみですね。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | - | - | -

飛び柄柿渋紬

作品名 袷 紬
制作者 K.R さん

 

受講生徒コメント

お教室で先生に見せてもらい、一目で気に入った柿渋紬です。手持ちの着物は淡い色合いのものが多いので、濃い色のものを探していたのですが、淡い色合いのこの柿渋紬に心を奪われてしまいました。何度目かの袷の仕立てなので、今のところ順調に進んでおりますが、展示会までに無事に出来上がるかどうか。お友達とこの紬を着てお出掛けする約束もしていることですし、最後の追い込み頑張らねば。


やまもとコメント

柿渋染は青柿から作られる天然染料です。青い渋柿は緑ですが、取り出した染料を発酵させることで茶に変化していきます。絣の柄は摺り込みで染められていると思いますが、絣で丸の形を染め織り上げるには、高度な技術が必要になります。「これは持っていないと後悔してしまうかも」と呟いていたRさん。描かれた染めとは違う絣ならではの風合いに可愛らしさを感じますね。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | - | - | -

母の紬 仕立て直し

作品名 母の紬 仕立て直し
制作者 S.Sさん

受講生徒コメント

母が着ていた紬の着物でした。薄黄緑色と麻の葉柄が気に入っているので、自分サイズに仕立て直しました。
春先の季節に着たい一枚になりました。
このところ母の着物の仕立て直しが続いていますが、一枚づつ新しい形になる喜びを感じています。
先生ありがとうございました。


やまもとコメント

寸法を変えられる!着物(長着)だったものを、コートや羽織にも作り替えられる、色を染め足したり、変えたりできる。
これを実現させるためにも、土台になっているのが和裁の技術で何年やっても感心するばかり。これを習得するには5年もの年月が必要であり、やっと一人前かな?これも新たなスタート。それなのに日本から無くなろうとしています。女性の内職業ではなく、日当計算出来る職人技として応援いただきたいと願います。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

灰色紬

作品名

灰色紬

制作者 M.K さん

受講生徒コメント

手持ちの着物の八掛や羽織の丈直しが続くと、やはり新しいものも欲しくなり、昨年の工房の福袋で購入した紬です。
自身としては普段なら選ばないような斬新な柄ですが、洋服地のような灰色が気に入り(お値段も?)ました。
少しだけチャレンジな一枚となりました。


やまもとコメント

年の初めの福袋、人気でしたね、ありがとうございます。
着物のお値段もいろいろ、それぞれとなりますが、絹の物でいえば人出がどれくらい掛かっているかで変わります。糸が手作りか機械的か、染めが草木染のみか、化学染料か、織が手織りか機械的か。それらが判ると明確に価格のあり方が分かります。今度座学をやりましょうか。福袋は訳ありですが、価値あるものをお値打ちにという思いで作っています。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

遠州木綿縞

作品名 遠州木綿縞
制作者 K.前田 さん

 

 

 

 

 


受講生徒コメント

和裁用語を知らないので覚えなければいけませんでした。襟の部分は難しいので覚えるまで時間がかかりそうです。今回の作品は50点かな。今後は単衣の着物を3、4着作ってから袷を作りたいです。


やまもとコメント

前田さんがお教室に入られて初めての作品ですね。お仕事でも着物をお召しになるので、ご自宅でお手入れ出来る遠州木綿を工房で用意してあった中から選んでいただきました。襟を縫っている時に「わからないな」「難しいな」とつぶやきながらも手を動かしてらっしゃいましたね。

覚えようとすると大変ですので、言葉や道具の扱い方等繰り返しの中で少しずつ慣れていっていただければと思います。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

遠州木綿単衣着物

作品名 遠州木綿単衣着物
制作者  Y.S さん

 

 

 


受講生徒コメント

2018年の福袋で選んだ遠州木綿の反物を着物に仕立てました。木綿の着物は持っていなかったので、福袋で良い反物があり、今だ!という感じで購入。仕立ても縞柄が縫う時の目印になって、縫いやすかったです。
仕立て上がり、持ち帰った時期はもう暑くてすぐに着ることはできなかったので、涼しくなるのが楽しみです。普段でも気軽に着られる着物なので、着物を着る機会を増やしたいと思います。


やまもとコメント

縞柄はズレると目立つこともあるのですが、線をひく工程が1つなくなって、縞がラインになるので、キレイにまっすぐ縫えましたよね。
木綿の着物は長い季節着れますし、水通ししして持ってきていただき、洗える仕様にもしていますので、汚れたら押し洗いして、気軽に楽しんでください!!

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

遠州木綿単衣着物

作品名 遠州木綿単衣着物
制作者 Y.S さん

 

 

 

 


受講生徒コメント

2018年の福袋で選んだ遠州木綿の反物を着物に仕立てました。木綿の着物は持っていなかったので、福袋で良い反物があり、今だ!という感じで購入。仕立ても縞柄が縫う時の目印になって、縫いやすかったです。
仕立て上がり、持ち帰った時期はもう暑くてすぐに着ることができなかったので、涼しくなるのが楽しみです。普段でも気軽に着られる着物なので、着物を着る機会を増やしたいと思います。


やまもとコメント

縞柄はズレると目立つ事もあるのですが、線をひく工程が1つなくなって、縞がラインになるのでキレイにまっすぐ縫えましたね。
木綿の着物は長い季節着れますし、水通しして持ってきていただき、洗える仕様にもしていますので、汚れたら押し洗いして、気軽に楽しんでください!!

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

縞の単衣

作品名 縞の単衣
制作者 K.F さん

 

 

 


受講生徒コメント

工房の福袋で購入しました。
いつもと違う色合いにチャレンジしてみました。木綿だし、縞だったので縫いやすかったです。
久しぶりの単衣で、共衿のつけ方や、衿先のところを斜めにとめるところなど、忘れていた事も結構ありました。その都度教えていただき完成しました。ありがとうございました。


やまもとコメント

お正月の福袋の1つで遠州木綿です。濃いグリーンや藍の色が多い中で、ピンクと茶の色あいが目を引く反物でした。
洗っていただけるよう、衿先は中の始末が動かないようにポツポツ止めていただきました。夏が過ぎたら出番の多い1枚になりそうですね。

生徒の作品集  紬 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -