映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 長襦袢の着心地/ 24日 仕立て目利き処/ 25日羽織り奥深き難しき 連日9:30~11:00
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 塩沢紬 | main | 針供養と中華街春節祭を味わう >>

ガード加工 覚書

以前、ミクシィに書いたことの覚書、メモです。必要なので

撥水・ガード加工の溶剤を製造しているのは、日本に2社で、
しかも其の内の1社はもうほとんどないと思います。(要確認)
大元は、アメリカのデュポン社製シリコーンです 。(要確認)
それに各社が、匂いを付けたり、保証を付けたり、抗菌剤混ぜたりして、
○○加工、○○ガード、防カビ○○、防縮、○年保障等と名前を変えて出しているのです。
元は同じなのです。(大抵)
(防カビ、防縮は違う方法もある)

この溶剤を生地に定着させるには、
さまざまな方法と、さまざまな機械がありまして、
それぞれに効果の違いが出ます。。
すぐに落ちてしまったり、効果の薄い場合は、
溶剤の濃さ量がはっきり言って少ないのです。

専門業者のガードは溶剤を定着させるのに熱を使います。蒸気で蒸すのです
これが溶剤も薄めてある市販のスプレー=すぐ効果が落ちる。
との大きな違いです。
当工房では、上がってきた反物に此れでもかというくらいの
蒸気アイロンをあて地詰め、地直しをしています。

効果の薄くなった加工品に蒸気アイロンを当ててあげると、再度粒子が結びつき、ある程度復活します。
アイロンを当てると落ちてしまうと言うことはないんですよ
、むしろ強くなります

ガード加工を施した後のシミ抜きや紋入れには、
撥水を一時除去する溶剤を付け一旦表面張力を取り除いてからてから、
加工処理を施し、終了後アイロン(蒸気)を当て、効果を復活させます。

ガード加工出始めの時
風合いが変わってしまう(硬くなる)という現象がありましたが、
「ガード」だからと言うことではないのです。
繊維なら起こりうる症状の1つです。
ハンカチやジーパンを思い浮かべてください。洗濯後に硬くなりますよね。
これと同じなのです。騒ぐほどの現象ではありません。揉めばよかったんです
繊維はいったん濡れると乾いた時にその表面に、
どうしても膜を作ってしまうためです。結びついてしまうイメージ。
なので現在では加工後の処理をしっかりやりますので、
硬いままという事はほとんどありません

私の発注先は、
ガード加工を施してすぐに柔軟加工と言うものをしてもらいます。
これは薬品を使う手法ではなく(薬品使用の技法あり)、
きぬた打ちを機械的にしてしまうもので、
出来た膜にひび割れを起こさせるんですね。
くたくたに柔らかくなります。
湯通しでも、これと同じ処理を施します。
擦れると付くチョークマークも膜がひび割れて出来る現象ですからこれで直せます。 (完全にはなおらない場合もあります)

ガード加工は、加工によって強くも(値段が高い)薄くも出来ますので
色々な方法や加工先を理解して、都度ごとの内容により発注先を使い分けます。

ガード加工は水分を弾くだけでなく、袖口や裾ふきなどの汚れ防止にも役立ちます。
また油分は付いてしまうのですが撥水が掛っている方が落としやすいのです。
なので、私はお勧めしています。(反物で¥4,000)


針供養と中華街春節祭   
興味ある方ご一緒にいかがですか、〜どうぞ〜 

篆刻・落款を創る講座、開きます

2月28日やさしい長襦袢の裁ち方講座あります

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村    人気ブログランキングへ
      ↑   感謝!順位見ましたでしょ〜か。    ↑
   お約束^^生徒様は2つともポチっとクリックしましょうね。。笑
 
ちょっとうんちく  | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1011281
この記事に対するトラックバック