映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月23~25日 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 羽織りについて/ 24日 仕立もの見学解説/25日 長襦袢について 連日9:30~11:00
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 古代紫縮緬菊華文散らし | main | 裾切れ対応仕立て、単衣と袷と長襦袢 >>

夏の綿単衣

作品名夏の綿単衣(ベージュ、縞柄)
制作者M.O さん









生徒コメント
初めての作品です。
渋いものが欲しいと選んだ反物でしたが、
出来上がってみると渋いを通り越して、
年寄りくさく、かなり地味ですね・・・
着物になる姿をイメージするのって難しい。
『くけ』部分が多く、苦闘しましたが、
いったい何針縫ったのでしょう・・・
来年夏、小物や帯でかわいく着てみたいと思います。
ありがとうございました。

ちょっとコメント
そういう時には、思い切って【鮮やかな色目の帯】を合わせるのです。
そうやってその時の世代々で、コーディネート出来てしまうのが
着物の醍醐味です。
ちなみに、そうした時の帯〆帯揚げは、
【鮮やかな色目の帯】とは逆の感覚の物、色味にすると
面白く良いコーデなります。

篆刻・落款を創る講座、開きます。ラスト申込み大丈夫です。

2月28日やさしい長襦袢の裁ち方講座 締め切り致しました。


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村    人気ブログランキングへ
       お願い!順位見たいでしょ。
       生徒様は2つともポチっとクリックしましょうね。。笑
 
生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1012041
この記事に対するトラックバック