映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 秦荘紬納めました | main | 袋帯芯入れ仕立て3本+1本 >>

久米島紬のお仕立て

与那国島より送られてきた、素敵な久米島紬
裾回しを素敵なビンロージュグレーの色でコーディネートして仕立てました
山本きもの工房の仕事です

衽の柄位置を第一に考え、胸、前身→脇→背→脇とバランス良く置き、
なおかつ合わせるとこは合わせ、柄も妙なところで切れないようにします
柄合せについては、山本流、特異な 技・仕様の中の
「小紋など柄合わせ・工房の仕事風景」で少し解説しています。
仁平氏のコメントを読んでね。。








にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村    人気ブログランキングへ
      ↑   感謝!順位見ましたでしょ〜か。    ↑
   お約束^^生徒様は2つともポチっとクリックしましょうね。。笑
 
こんなの 納めました | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1024434
この記事に対するトラックバック