映画賞

きるものがたり 山本きもの工房

山本秀司(和裁士 和服の仕立て師)が主宰する着物工房や和裁教室の物語です
第9回 きるものがたり展 4月13日(木)〜4月16日(日) まかない半襟付け講座 5月14日(日)
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 裾切れ対応仕立て、単衣と袷と長襦袢 | main | 久米島紬のお仕立て >>

秦荘紬納めました

斬新、大胆な柄でしたので悩まれたそう。ご相談でお持ちになった秦荘紬
ししょうに、「おまかせ!」と預かりました。
「おまかせ!」という事は文句は言わないからね!と同じ事ですから、
責任を背をって背筋、襟を正さねばね。

4段、2段、3段、の連続模様。。
4段の柄を2段ずつ合わせ、縫い目でずらしながら衽から背まで流れるように、
エメラルドグリーンの斜め格子線はあわす。
そうすると、3段は1段だけ重なり、2段は重ならずに連続する
いつもながら共襟胸元は柄を合わす。

斜め格子の色に裾回しを染め、かつ胴裏も色のバランスを見て品よく染めている
振りから覗く裏地の色が、何とも言えずヤッタネ良かったねと語りかけてしまう。








にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村    人気ブログランキングへ
      ↑   感謝!順位見ましたでしょ〜か。    ↑
   お約束^^生徒様は2つともポチっとクリックしましょうね。。笑
 
こんなの 納めました | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

師匠と出会うまでお仕立てしないでいて本当に良かったです。数倍も素敵なお着物になりました。お蔭様でぴったりの帯にもめぐり合えたし、まだ、反物で眠っている子達がいますので、これからもよろしくお願いします。
m.s | 2010/03/04 8:56 PM
こちらこそ〜ご縁いただいて、ありがとうございました。
なかなか完成度の高い、仕上がりになりました。私もうれし〜
合わせた帯は、フォリア仁平氏の鬼更紗帯でしたね。
やんまもっと | 2010/03/04 9:19 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1024443
この記事に対するトラックバック