映画賞

きるものがたり 山本きもの工房

山本秀司(和裁士 和服の仕立て師)が主宰する着物工房や和裁教室の物語です
第9回 きるものがたり展 4月13日(木)〜4月16日(日) まかない半襟付け講座 5月14日(日)
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 茶色地に格子柄紬単衣仕立て | main | きもの畳み方&お手入れ講座 >>

袖付けの「ひ打ち仕立て」

こういうのがあるんですよ、珍しいので記録的ご紹介です

袖付けの「ひ打ち仕立て」
男物などの袖付けに取り付ける強度強化と動き易くするための、仕様です

動きやすくするために男の袖付けを長めにするという思考は間違いです。
考え違いしやすい勘所、山本からの提言です。
和裁士の方もご注意ください、逆に短くする。即ち人形を長くするわけです。

この地は羽二重です。この生地は縫い扱うのがとても難しいのです
特に最近の羽二重のは、・・・良生地には逢ってないですね。残念
やたら苦労しました。
これは単衣でありますが、ひ打ちは単衣の方が難しいのです。

活動的な人には向くアイテムです、ご活用ください。







山本デザイン半天 これに入れると飛躍的に着やすくなります



こんなの 納めました | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1024445
この記事に対するトラックバック