映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 長襦袢の着心地/ 24日 仕立て目利き処/ 25日羽織り奥深き難しき 連日9:30~11:00
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< きもので花見クルーズ | main | リサイクル京袋帯 >>

覚え書き、ガード加工質問と返事

やまもとさま
わたしが過日見学した、某ガード加工の会社では、素材によって、受ける、受けないがある、と言っていました。
詳しくは説明してもらえなかったので、見ていたところ、大島紬のような、表面がすべすべしたものは可、結城紬のようにでこぼこしたものは不可、でした。
加工薬品が十分に滲み通らるか通らないか、という理由によって分けられていたようです。
表面がでこぼこしている、というと縮緬はでこぼこしていますが、こちらは大丈夫なのですね。
この違いについて、ご存知なら説明していただけますか?

また、一般消費者としては、着物の汚れは、上前や袖や裾に起りやすい、ならば部分的にその辺りだけ加工する、あるいは、染み抜き料金が安ければ、その都度部分汚れを取ってもらえばいいのではないか、というふうにも考えますが、いかがでしょうか。

最近はインクジェット染色の着物が多く出回っています。この類いの加工はどうですか?


返事
上さま
生地はさまざまな風合いがあるわけですから、
当然さまざまな薬の乗り具合いに違いが出ると推察するのが自然です。
また別の表現で言えば、乗り具合は一緒でも効果の見え方に違いが出る物です。
見学された会社の場合は、
例えば一回の同じ薬料を施した場合の効果の見え方の違いを判断材料として、
受ける事の是か非かの二者択一に分けたのだと推察します。
確かに表面の平らな素材は、効果が出やすく
紬やスエード調の物などは、効果が出にくい
といえます。
が、これは見えにくい物はそれなりに見えるまで施せば良いと思いますが、
同じ値段で、それなりに同じ見え方に加工するところはありますし、
(完全には無理かもしれません)
そういう手間は掛けないとする理由も分かります
あくまで自由な判断ですからユーザーが見分ける目や感覚が問われます。
難しい所ですね。。。
縮緬をそれぞれの会社がどう扱っているのかのデータはありませんので、
断言できませんが着物地の大きな範囲は縮緬ですので、
縮緬が出来ないと言う所はないと思います。(聞いた事はありません)

2つ目のその部分だけの加工は、
ユーザーの着用状況によって各々判断してよいと思います。
ただ前述しましたが、熱処理で飛躍的に効果が上がるので、
自分で行うスプレータイプ(溶剤薄いかも)に熱による加工を施すのは
生地変化のリスクを伴います。
吹き付けるだけをこなした方がベターかもです。
裾、袖口の汚れ防止&落とし易さを考えるならば
反物の八掛け地に施すのが、強力に掛りますし安価です。
仕立て上がりに施す方が、弱いと思われます。

3つ目のインクジェット染色物は、熱による変化を起こさない物であれば
基本的に大丈夫かと思います。
ご参考になりますかどうかです。

ガード加工については以前、ブログに載せた覚え書きあり


山本って面白そうと思っていただけましたら、2つのポチ!クリックお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ にほんブログ村    人気ブログランキングへ
      ↑   感謝!好順位は皆様のおかげ。    ↑
   お約束^^生徒様は2つともポチっとクリックしましょうね。。笑
ちょっとうんちく  | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1024472
この記事に対するトラックバック