映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< リサイクル京袋帯 | main | 幾何学柄・長襦袢 >>

自分の視点を信じる

「上様」

 ありがとうございます。
結局、素人判断は難しく、信頼できるかたに相談するのが一番いい、と分かりました。


「山本」

相談できる環境があるのは、良い事ですよね

私は常々大事に語っているのは
相談をした結果に対して、決断をするのは本人であることで、責任を持たなくてはいけないよ!っ
と伝えています。
仕事に対して良ければ賞賛し、
ダメならクレームをあげコミュニケイトすること。
「おまかせします」とは「もんくは言わないよ」と同じことですから
軽々しく言ってはいけないと伝えています。

そういう視点でみれば、
ガード加工の出来不出来や扱い方もおのずと気がつくと思います。
ガードのテストは、単純です。
水滴を付けて表面張力がどの程度あるかを目視し、確認し判断します。
この時気を付けるのは、スプレイで水滴を付けないということです。
空気と同時に吹き付けては効果を見落とします。
ドボドボと落とす感じです。。
ただ掛ってなかったら悲劇ですので、はじっこで!笑


ガードってそーなんだ!思っていただけましたら、2つのポチ!クリックお願いします。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ                人気ブログランキングへ
      ↑   感謝です!好順位は皆のおかげです  ↑
   お約束^^生徒様は2つともポチっとクリックしましょうね。。笑
ちょっとうんちく  | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1024473
この記事に対するトラックバック