映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 長襦袢の着心地/ 24日 仕立て目利き処/ 25日羽織り奥深き難しき 連日9:30~11:00
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 季刊きもの−連載「仕立ての基本と工夫」 第2回 | main | 綿の織出し柄の単衣 >>

山本の「くりこし論」

「季刊きもの」連載のため感覚的なつぶやきを覚え書きとして集めた物です


ぐずぐず時代(笑)と今とでは、繰り越しが全然違うのです。大正以前には、
着物に繰り越しをつけていないのですね。特別なモノのみに付けたのです。
例えば打ち掛け。羽織類などです。現代は完全に勘違いしてる状態。
「繰り越し」季刊きものに詳しく語ります。


胸元が 綺麗に着れない方、
それは寸法があってないのは確かだろうし襟の付け方もまずかろうと思うのですが、
何の寸法が一番間違ってるかっていうと、それは身幅ではなくて繰り越し!
大抵はそれです
すぐ福与かな方には7〜10分付けたがる着付けの先生とやら居ますけど、
「えもん」が巧く抜けないのは、繰り越しが足りないからではありません。
胸にしわが寄るなら縫いや補正の技法に走らず「くりこし」の背景を
探るべきです


よく力士の着物の胸が、皺しわになってるのを見かけますが、
あれは太ってる=繰り越しを多めにつける、と思い込んでいる間違い。。
最近綺麗なのも見かけるようになっては来ていますが
そういう思い込み的発想は駆逐されるべきなんだな


やっと少しだけれど、
有名どころの着付けの先生方も、繰り越しはあまり大きくしない方がいいと
言い始めて、指導に取り入れてきている様子
それは山本が伝えた訳ではないけれど、
その先生方が買われる有名呉服屋さんに、ずっと説明し言い続けてきた事で
ようやく伝わっていっているのかな
これからは、もっと広がるだろう。
その生徒さんから巡って僕の耳にたどり着いたから


 にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ   人気ブログランキングへ  
それぞれ順位が付いています。ポチっとしてくださると上がります

ちょっとうんちく  | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1024483
この記事に対するトラックバック