映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 長襦袢の着心地/ 24日 仕立て目利き処/ 25日羽織り奥深き難しき 連日9:30~11:00
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 山本の「くりこし論」 | main | 山本の道具〜より良い作業の為に >>

綿の織出し柄の単衣

   
作品名 綿の織出し柄の単衣
制作者 Y.T さん









生徒コメント
着物の初作品でした。綿素材なので、初心者としては縫いやすい生地でしたが、
縫い目には四苦八苦の跡だらけでようやく完成したという感じです。
それでも何とか先生方に助けて頂きながらも形になってみると愛着も湧いてます。
合わせて作った帯をしめて、お茶のお稽古に行ってみたいと思っています。

ちょっとコメント
綿の織りの物ですけど、浴衣感覚で着られる物です(お値段も)
絣に見えますが、織りで飛ばして柄を作っていますので、
裏はまた違う景色が織り出されています。
単衣にすると、歩いて衽がひるがえった時に見えますのでいいですよね


 にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ   人気ブログランキングへ  
それぞれ順位見たい方ポチっとしてください
生徒の作品集  浴衣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1024493
この記事に対するトラックバック