映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< きるものがたり’10 終了 | main | 金彩入れ地紋起こし >>

単衣(黒地に雪輪)

 
作品名 単衣(黒地に雪輪)
制作者 N.H さん







生徒コメント

やっと手順が分かる様になってきましたが、ひとりで縫うにはまだまだです。
着る方もなんとか出来るようになりました。
こんど裁ち方も覚えたいです
最近着る機会がなくなってしまったので、普段着として着られる様にしたいと思います。

ちょっとコメント
きものの裁ち方を覚えたいな、やってみたいなと思ったら
声かけてくださいね。何人か集まったら日曜日に企画しますので。
一般ののかたも参加OKです
以前やって良かったと思えたのは、
他で教えてもらえなかったという和裁士の言葉が嬉しかったのです
「こんなに教えてもらって、いいんですか!ここのは秘技に感じます」って
それ以上ない褒め言葉です。(お世辞と解ってます〜汗)
裁ちを縛りのような保険にしてはいけないなと考えます。
生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1024501
この記事に対するトラックバック