映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 金彩入れ地紋起こし | main | 梅菊の長襦袢 >>

名古屋帯

 
作品名 名古屋帯
制作者 S.O さん





生徒コメント

工房で素敵な帯に出会いました。川島織物のものです

ちょっとコメント
名古屋帯ですけれど、格調がありますね。
袋帯でないとダメっとか名古屋帯ということだけで格が下がる”という考え方もあるようですが私は違うと捉えています。
帯自身が持っている品格というか中身の作り方と言いましょうか、
そちらの方を重要視します。
なぜならば
帯を作る側が、そんなこともう関係ない!という感覚で作り始めているからです。
売る値段を考慮したレベルに合わせたモノ造りではなく、
純粋にいい生地を作りたい
すぐれたデザイン意匠を完成させたい
そこから先は、袋だろうが八寸であろうかは問題にしない(作る側)
形とシチュエーションは後から付いてくる(着る側の選択)
なので八寸だからこのレベル!という考え方はなくなる訳です。
そういう考え方とモノ造り”私は好きなんですね。
そう言う布に惹かれてしまいまして、自然とそれらのモノでコーディネート
をしています。

生徒の作品集  帯 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1024521
この記事に対するトラックバック