映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 染織iwasaki(岩崎訓久、悦子)展 | main | 吉田美保子展「中世の秋」 >>

明日より「異次元の布」展

9月10日より始まりました 染織iwasaki(岩崎訓久、悦子)展
本日20日にて終了いたしました。ありがとうございました
11月25日〜の秋冬展で販売ありで、またご紹介出来ると思います。新作もあるかな!

 
九寸帯=吉野格子「ミルクチョコ」

明日9月21日〜27日「異次元の布」展
まだ山本にしかない布などもありまして、良すぎてですね〜スタッフ会議の結果
諸事情で写真を載せるは時期尚早とあいなりました。スミマセンです。
ぜひ足を運んでいただいて実物をご覧いただければと願います。。

今後の展示の予定

28日〜10月4日 「フォリア仁平幸春」展 
 現在「宙」」さんで開かれている内容とは異なりますので是非行かれてください。
 26日までですよ
        
山本に あるモノ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック