映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(仕立て師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装)が主宰する仕立て教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< スタッフに取材 | main | 「まかない半衿付」講習会 >>

ありがたく

 つい先日、「すいれん」さんというお客様に(もちろん本名ではありません)黒留袖、袋帯、長襦袢のお仕事を納品させていただきました。
「すいれん」さんはブログをやっておられて、その中で恐縮してしまうほど喜んでいただいていて、大変ありがたい事です。
形作りの者としてこれ以上の喜びはありません。

自信満々あった訳ではありませんが(笑、ブログ読んでいただけると分ります)
いちおう説明しないと!他の処とは違うので間違いだと思われては大変!っと
力が入っていたかも知れませんね。

うれしく思い、ここで紹介させていただきます。ブログ「胡蝶の夢」、このページも

 画像は「すいれん」さんブログより、

こんなの 納めました | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック