映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ココロヨキモノ展 | main | 成人式用の袋帯 >>

灰色と黒の紬、男性用袷

 
作品名 グレーの男性用袷
制作者 M.F さん







生徒コメント
お休みを頂いていた期間もあったので、1年がかりでやっと完成しました。
お正月に間に合わせるための年末の追い込みがきつかったです。
主人のものですが、サイズが大きくて前回の長襦袢と同様、
袖のはぎなど縫う部分が多くて大変でした。
(去年10’のうちに完成しました。ご紹介遅くなりまして、すみません)

ちょっとコメント 
それもそのはず!隣のトルソー君と比べてもご主人が大きいのが分かります。
確か背丈を測るのに台に乗って計ったような記憶が・・・
山本工房には身長測定機がありまして、必ず実測します。
男物は特にです。対丈ですから尚更です。
女性も長襦袢は対丈ですから同じです。
山本は基本的にお会いした方の誂えしかお仕立てを受けないという理由が
少しここにあります。

サイズが大きくて幅の広い反物でも袖の接ぎなど縫う部分が多く大変でした。
幅広反物でも間に合いませんでしたね。長い人はこれでOKです
全く気になりません。
という事は、反物幅が狭めの物でも接ぎを入れれば着物として
問題なく着れる訳ですから、気に入った反物があって幅が狭めでも
あきらめる事などありません。

生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1024635
この記事に対するトラックバック