映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月24・25日 10月22・23日 コレド室町/橋楽亭
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 萩と桔梗の浴衣 | main | 茶色地に格子柄紬単衣仕立て >>

コートの防寒仕様の仕立て

山本のコートの仕立てには防寒仕様というのがあります。
表地と裏地との間に「エアコン」と呼ばれている(防寒着を作る業界で通用)
薄くて軽いハイテク素材を入れ込んであります。
これには、寒気を外に逃がし暖気は中に閉じ込めるという性能があり、
主に高所登山用の暖かさと軽さの両立を求められる、高性能ウェアーなどに使われています。
和装コートは絹が主ですから、日本一レベルの軽さと暖かさを兼ね備えたコートの仕立てであるということは、言うまでもありません。

写真は「胡蝶の夢」より拝借 すいれんさんの声。。。。。ありがたいことです


首元のループが表地で作ってあります。普通は裏地で作りますが、何故でしょう
こんなのも山本のこだわりです


裏のシルクは先染めの織りの物で本来表に使うもの、裏に使うと言いましたら店中「なんと贅沢な」と目を白黒させていました(笑)
山本流 技・知恵・仕様 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1024651
この記事に対するトラックバック