映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< なんとか終了 | main | 薄グリーン小紋 >>

男性が縫った小千谷単衣

 
作品名 単衣
制作者 K.飯澤さん








生徒コメント
ネットオークションで見つけた。
あわよくば10月頭には着れるかなと思ったが、思いのほか時間がかかった。
こんな大きなものを縫うのは初めての経験。
小千谷は針がすっと通ってしまうので、ついつい目が粗くなってしまった。
初めてにしてはまあまあということで、70点かな。
今度は長襦袢、早ーく仕上げたいな。
いずれは裁ちからやるぞ。しばらくは単衣でいこうかな。

ちょっとコメント
ネットで手に入れる方も最近は多いですね
1円スタートなんてののもざらですね
生徒さんも利用している方も多いようです
ただ私は、裁つのが大変になることが多々あります。笑
良いのに当たれば、ラッキーですね
生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1024654
この記事に対するトラックバック