映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 成人式用の袋帯 | main | 誂え、深紅の長襦袢 >>

娘の振袖

作品名振袖
制作者A.Yさん





  


生徒コメント
山本先生にあちらこちらと探して頂いた振袖・・
最終的には(青い鳥のごとく)先生の工房で待っていてくれた様で、
娘も一目見て気に入ってしまい、何だか不思議なご縁を感じ、嬉しくて嬉しくて・・

そのうえ、裾まわしなどもオリジナルに染め直して頂き、縫い上げていくのも楽しくて・・・先生方に完成へと導かれていったという感じです。

私にとって通常の仕事を離れ、何も考えずに針を走らせる・・
(なかなか思うようにはいかなくても)その時間は貴重な時間となっております。

また、工房で様々な方の素敵な作品(めったに目に出来ない様な物も)を拝見したり、触れることもでき、いろいろ教えて頂ける事が伺う楽しみになっております。
その事でまた違った世界の広がりを感じております。

私の点数(縫う事)は40点にとどくかな?と思っておりますが・・
それでも出来上がった振袖・帯の満足度は(100点満点中)150点です。
とにかく傍らに付いて頂いた先生方(心強かったです)と楽しく過ごせて、
そのうえ、幸せを感じられるひとときでした。ありがとうございました。

今、娘の襦袢も完成へと近づいております。
何だか自分自身、信じられない感じでおりますが・・・

その襦袢が仕上がりましたら、もう少し着物の構造とかも考えつつ縫い進めていける様になりたく思っております。もちろん針使いもうまくなりたいです。
(縫う知識を頭にいれながら進めていきたいです。)


ちょっとコメント
お嬢様本人は黒地が希望と言う事で、そればかり取り寄せ
皆で、あ〜でないこ〜でない!とやっていましたが、
まさか工房にあった白地ベースが、当てはまるとは思いも寄りませんでした。
何を持って来ても“いまいち”なはずです、すぐ横にあったのですから。
でも感じはわかりますね。本人にピッタリお似合いです。

振袖は毎回悩みます。時間もかかりますけれども不思議と本人にぴったりな物が現れてくれます。

帯締め、帯揚げもいろいろと派手にも出来るのが、今回の特徴ですね
裏の裾廻しは表に合わせオーダーで染めました。
長襦袢も全体に合わせて深紅のオーダー染め。
(深紅と言ってもいろいろあるのです)
帯、きもの、襦袢、仕立て本人で約48万でありました。
宝物と言っていただき〜感謝〜。 他の方の振袖はこちら 
生徒の作品集  振袖、留袖 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1024655
この記事に対するトラックバック