映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月24・25日 10月22・23日 コレド室町/橋楽亭
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< きもの畳み方&お手入れ講座 | main | 黒地に白の格子紬 >>

色染め足し、裾切れ対応仕立て

若い頃のピンクの長襦袢はもう着れない!とのご相談を受けて
上からいいグレーを染め足し、品の良い薄い灰桜色に染め上がりました。

これなら頻繁に着れそうと言うことで、裾がすり切れても対応出来る
山本流の仕様に仕立てあげました。(裾切れ対応仕立て)
 
山本の長襦袢で裾を作るときは、別裾仕立てにしています。
これは裾で表が繋がって裏に回って裾返し分があるのではなくて、分かれています
なので、裾ふきが擦れ切れようとも裾返し分のみを下ろして直せます。

肝心は立て衿です。。
角が擦り切れ穴が明きやすいのです。これだけでも直すとなると
立て衿から上衿までも取って大きく直すしかありません。

山本の対応仕立てでは、立て衿にも裾ふきが作ってありますので
ここだけを回して下げて直せる訳です




こんなの 納めました | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1024660
この記事に対するトラックバック