映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁師:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
6月2日 花火鑑賞&イタリアンディナーの会 18:30 〜 10,000yenn
沖縄染織いざなふの風 6月25日火/26日水 10:00〜19:00 日本橋コレド室町3橋楽亭
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「ココロヨキモノ展」にあるもの 6 | main | 男性が縫った小千谷単衣 >>

なんとか終了

 6月2日から5日まで開催していた
「ココロヨキモノ展」が、お陰様でなんとか終了いたしました。
有り難う御う御座いました。
昨日の片付けや整理も一段落し、和裁教室も9日から通常通り行い
工房は回転して行きます。

当初工房ではなく、ご縁を頂いた素晴らしい別会場での
「ココロヨキモノ展」を開催する計画だったのですが、
大震災が起こったことにより初の外での単独催事は見送りさせて頂き、
コンパクトにさせていただきました。
それでも反物は全国各地から山本が厳選した、一品から訳あり値打ち品まで、
今までで一番バランスの取れたものが飾られたのではないでしょうか

今時の催事でどうなることか、心配していましたが、必要な人の手元に
絶妙に貰われて行ったのではないかと大変喜んでいます。
催事としては終了しますが、手元にある物はいつでもお譲り出来ますので
皆様どうぞ、見に来てやってください。

被災地への義援として、3回目になりますが
今回の売り上げの中から5万円を寄付いたします。

次回は12月の予定でございます。皆様どうぞ応援くださいませ。
有り難う御座いました。

山本秀司



工房徒然 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1024709
この記事に対するトラックバック