映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 長襦袢の着心地/ 24日 仕立て目利き処/ 25日羽織り奥深き難しき 連日9:30~11:00
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 子ども浴衣とちゃんちゃん上着 | main | 小花の浮き織り帯/帯芯について >>

活け花柄の浴衣

 
作品名浴衣
制作者あゆ.I さん







生徒コメント
見当たりません。写真だけ。せっかくの完成品なので載せますね

ちょっとコメント
「可愛いい!」に、モダンかつ渋みを効かせたデザイン意匠の浴衣です。
山本にありました物です
こういう大柄の柄配置は全体のバランスを取るのが大変です
縫い目で隣り合わせる柄配置をすべて計算します。

コツは柄に目を奪われるのではなくて、
縫い目で隣り合わせる
配置によって出来る無地の部分(空間)の
間の取り方に神経を集中させます。
ミリ単位で調節するんですよ。
オクミと前身頃によって、ここだけ大きく花が生けられてますね。

この様な柄配置に目を配れるようになると誂えて仕立てる(センスいろいろ)ですが、既製品の浴衣との歴然たる
差が解るようになります。
山本流 技・知恵・仕様 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1024722
この記事に対するトラックバック