映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 長襦袢の着心地/ 24日 仕立て目利き処/ 25日羽織り奥深き難しき 連日9:30~11:00
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 活け花柄の浴衣 | main | 七夕の由来 >>

小花の浮き織り帯/帯芯について

 
作品名
制作者M.K さん






生徒コメント
見当たりません。生徒さんが仕上げたせっかくの完成品、写真だけ載せますね

ちょっとコメント
小花の浮き織りで市松柄を織り出しているモダンでありながら格調も高い
袋帯です。

最近の山本での加工で評判をいただいているのは、帯芯に絹芯を使う事です。
絹芯は各社出始め、作り始めの時はいろいろ言われていましたが、
様々な山本が考える諸々問題点をクリヤーしてくれる優れものです。
(例えば、のりの問題、整理加工し過ぎの問題点など)
とにかく軽いのは一番の魅力です。
絹芯を使いたいと申し出があったときは、プラス¥2000だけ頂いています。
                          帯その他仕立て代
帯芯についてはこちらもご覧下さい


山本流 技・知恵・仕様 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1024733
この記事に対するトラックバック