映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月23~25日 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 羽織りについて/ 24日 仕立もの見学解説/25日 長襦袢について 連日9:30~11:00
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 黄色の縞の単衣 | main | 礼装用袋帯 >>

季刊きもの−連載「仕立ての基本と工夫」番外

繊研新聞社から出ております季刊きもの] 夏 第184号 が発売されました
「仕立ての基本と工夫]を連載しています。
今回は「東日本大震災に思うー暮らし方が変わり、衣への価値観が変わる」です。

5〜6ページが拡大出来なかったので読めるようにしました。が
かわらず、テキストではありませんので読めない方も多いと思います。
すみません。購入していただければ幸いです
この連載は、内容もボリュームアップして2年後に文庫本になります。(予定)








「季刊きもの」はこの業界で唯一残された、業界情報専門誌です。
通になれる情報はもちろん、一般の方にも十分楽しめる情報もあります。

ご案内/申し込みはこちら「季刊きもの」
山本きもの工房でも販売しています。
送料込みで発送もいたします。メールにてご連絡ください
季刊きもの/連載 仕立ての基本と工夫 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

ご無沙汰しております。
伊豆の秋山です。

遅ればせながら、バックナンバーも含め、注文致しました。
一から学びなおすつもりで読ませていただきます。
手元に届くのが楽しみです。
秋 | 2011/08/27 10:18 PM
お元気ですか!
いつでも来てくれるのを待っていますよ

ありがとうございます。
もうすぐ最新号も出ますが後3回で終了の予定です。
ホームページが9月1日に公開されますので
楽しみににしていただければ、嬉しいです
やんまもっと | 2011/08/29 9:37 AM
ありがたいお言葉です。。。
感謝しきれません。

下の娘が小学校に上がり、やっと少しずつ針を持てる時間が作れるようになりました。ぼつぼつと始めております。
娘の七五三の着物や、自分の反物を数反、知り合いの方の依頼などを済ませましたら、一度、改めてご挨拶に伺いたいと思っております。


ホームページも、楽しみにしております♪
秋 | 2011/08/29 10:22 AM
ほんとに待ってますから。笑。あせらないでね。子供に愛をふりそそいでください。
やんまもっと | 2011/08/29 3:33 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1024746
この記事に対するトラックバック