映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月23~25日 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 羽織りについて/ 24日 仕立もの見学解説/25日 長襦袢について 連日9:30~11:00
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< フォリア | main | 針供養12’ >>

小千谷の長襦袢(麻は暖かいの話)


作品名 小千谷の長襦袢(麻は暖かいの話)
制作者K.Tさん





生徒コメント
見当たりません。写真だけ。せっかくの完成品なので載せますね。

ちょっとコメント
和裁教室の生徒さんの作品です。小千谷縮の生地の長襦袢です。
これは大変涼しいですね。
でもこれは通気性があるという条件だけの特性です。密閉されると逆に保温性
大変優れた繊維となります。
ラミーよりもリネンの方が強い傾向があるように思います。
麻イコール夏の繊維と解説するのは、説明不足となります。
あまり認識されていないですね。

よく「綿、わた」というものがありますが、
これは本来「麻の綿」の事を指したのです。これに対し、
絹の綿のことは真の字を付けて「真綿」まわたと読んで特別扱いしていました。
大変軽くて、暖かいですね。
「麻の綿」もものすごく暖かいのだろうと考察します。ただ相当に重いでしょう。
めんの綿はこれよりもあとに、日本に広まったのですね。
ちょっとうんちく  | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1024813
この記事に対するトラックバック