映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 長襦袢の着心地/ 24日 仕立て目利き処/ 25日羽織り奥深き難しき 連日9:30~11:00
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 季刊きもの−連載「仕立ての基本と工夫」第7回 | main | 「着付教室」変更のお知らせ >>

洗える長襦袢

 
作品名洗える長襦袢
制作者Y.T さん





生徒コメント
汗かき体質ですので、”洗える仕様”の縫い方があると知り、
ぜひ習ってみたいと思いました。
まず、準備の段階で、生地を一度ぬるま湯に通し、アイロンをかける事、
糸は絹地を縫う場合にもポリエステルの糸で縫う事が主なポイント。
基本の技術がまだまだヨチヨチ歩きなので、
全体の仕上がり具合いは点数がつけられる所までいきませんが、
洗える長襦袢が1枚あると便利だと思いまして、嬉しいです。

ちょっとコメント
山本のあらえる仕様の大事なことの一つに、
「脱水しおわったら、なるべくそのまま仕上げに入る」
というのをお勧めします。
自然乾燥ですと、シワが強烈に入ってしまい、乾燥後ではそれを取る
アイロンがけに、随分時間を取られてしまいます。
手で延ばすだけで大丈夫な素材もあるのですが、やはり最初にパッパとやってしまった方が
圧倒的に楽ですね。
生徒の作品集  襦袢 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1024841
この記事に対するトラックバック