映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

きるものがたり展’18:生徒作品展 4月19日(木)〜24日(火) そごう横浜新都市ビル 9階 入場無料
沖縄染織いざなふの風:5月6日〜8日、6月11日〜12日、日本橋COREDO室町3 三階「橋楽亭」にて
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 男物浴衣 | main | 久米島紬「いい理由あり」展のDM >>

オランダの友人の阿波しじら織

 
作品名 オランダの友人の阿波しじら織
制作者T.福岡 さん






生徒コメント
オランダ人の友人に浴衣を縫いたいと先生に相談したところ、
しじら織りを紹介されました。
縫い目もめだたないし、縫いやすい生地でしたので、
身長198㎝用の大きな浴衣でしたが、思っていたより楽しくぬえました。
さらさらした生地で着ごこちがすごく良いととても喜ばれました。

ちょっとコメント
私が対峙した仕立物で、一番大きな方ではないかな〜。彼は喜んで言うかな。
この浴衣だれんだー?って。
P.S 社長就任、と新命お授かり、二重のお喜びですね。本当におめでとう!
多忙極まりないと思いますが、体調万全にお過ごしくださいね。
生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1024858
この記事に対するトラックバック