映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 立体の織/帯 シルバーロゼ | main | 7月のお教室 >>

洗える絹の夏きもの ブルー系絣

前々回にご紹介した「洗える絹の夏きもの」の素材違いになります。 
エメラルドグリーンから藍色へ変わり、ココア色からベージュへ変化していく絣糸で織られています。
順番が規則正しく染められた糸を緯糸に使うと、きつい横段の縞模様が現れてしまいます。(一種のハレーションを起こすのですね)なので、それが出ないようランダムに模様が出るように工夫し、いい模様の景色を作り出すことができました。







 

「洗えるスーツや、絹の着物を見たことがある。
それらには強力な撥水加工が施され、違和感をおぼえた。
山本が創ったのは、洗ったときの綿や麻と同じように柔らかく変化をしていく。
しかしながら、確かに洗える正絹の夏のきものなのです。
このシリーズは山本きもの工房の誂え仕立て込みで、12万円〜となります。」


こんなの 納めました | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1024919
この記事に対するトラックバック