映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 洗える絹の夏きもの サマーツイード京紫 | main | 洗える絹の夏きもの ブルー系絣 >>

立体の織/帯 シルバーロゼ

「シルバーロゼ」と名付けた、山本きもの工房で称賛している立体織の袋帯です。
画像ではうまく表現できませんが、白でもない赤でもない薄いピンクのコード糸が、素晴らしいバランスを醸し出しています。







 

刺繍や後付けではなく、織りの中で表現していきます。
極繊細な経糸の中に。一点一点表具されたようにたたずむ箔糸。

心よきもの展で、新作がご覧いただけるかもしれません。




こんなの 納めました | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1024920
この記事に対するトラックバック