映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「大人可愛い半幅帯」着付け講習会 | main | 「まかない半襟付」講習会 6月2日開催 >>

「日本の夏じたく展」’13

終了いたしました。どうもありがとうございました。
秋にも開催しますので11月初旬、皆様ご予定に入れてくださいませ。
2013年 5月17日(金)〜19日(日)横浜三渓園で開催される
「日本の夏じたく」展に出品いたします。
主になるものは以下の布です。
この着物に合わせた織楽浅野さんの夏向けの新作帯も出品いたします。
皆様お待ちしています。
洗える絹の夏きもの
洗えるスーツや絹のきものを見たことがある
それには強力な撥水加工が施され、水をはじき違和感を覚えた。
山本が創ったのは、洗ったときには綿や麻と同じように柔らかく変化をしていく、
しかしながら確かに洗える正絹の夏のきものなのです。
会場で細かい採寸をさせていただきます。
  
サマーツイード 京紫 :本来冬物であるツイードを夏物で表現して見ました
  
サマーツイード れもん:本来冬物であるツイードを夏物で表現して見ました
  
サマーツイード ごましお:本来冬物であるツイードを夏物で表現して見ました
   
絣「モダン」:チャコールグレーからベージュに移り変わる絣糸をモダンな形に出るよう糸を配しました
  
絣「ブルーブラウン」エメラルドブルーからモカブラウンに移り変わる絣糸をモダンな形に出るよう配しました
   
綾「漆」:漆にてコーティングされた糸を綾織りで表現しました。着心地は最高級です。
節入りコーラルピンク:節目がありますので、奥行きを感じられる表情です 
 
綾織り長襦袢:洗っていく程に体に馴染むようにしなやかになりシワになりにくいです
以上は「洗える絹の夏きもの」一例です。全30種類
細かい打ち合わせのもとに織り出した、オリジナル洗える絹のきものです。
(山本誂え仕立て込みで、18万円〜、長襦袢9万円〜
•会場で細かい採寸をさせていただきます。
講座・イベント ご案内 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1024955
この記事に対するトラックバック