映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 4月のお教室 | main | マンツーマンでの着付教室を開講! >>

大島紬で雨コート

 
作品名 大島紬で雨コート
制作者 ベッチィ さん





生徒コメント
これまでは、祖母のお下がりの二部式雨コートを使っていたのですが、裄が短かったり、出先で身に着ける際、鏡が無いと上手く着れなかったり・・・。
対丈コートが欲しいと、ずっと思っていました。
ちょうど見た目もお値段もカワイイ大島が手に入ったので、ウキウキと縫い始めました。ところが、真っ直ぐ縫ったつもりで、いざ縫い代を割ってみると全然真っ直ぐに縫えていない・・・格子柄の直線がさらにそれを強調する・・・何度縫い直したか分かりません。
それでもお気に入りの一枚が出来上がり、今では雨の日がとても待ち遠しいです。

ちょっとコメント
雨ゴートというと、赤系の朱子織のありふれたものが多いですが、大島紬でガード加工を施して作る雨ゴートは最高の着心地のものですね。格子柄や縞柄は縫いが曲がると目立ってしまいますが、糸こきに関しては、あまりやり過ぎない方がキレイに見えます。


生徒の作品集  コート 道中着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1024981
この記事に対するトラックバック