映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< マンツーマンでの着付教室を開講! | main | とび柄えんじの着物を名古屋帯に >>

子ども用ウール単衣、長襦袢、帯

 
作品名子ども用ウール単衣、長襦袢、帯

制作者 M.K さん





生徒コメント
子ども用長襦袢は3作目ですが、1作目より2作目、2作目より3作目の方が難しく感じました。衿の足し布付けのところは特に。
ウール単衣はどんな風に柄合わせをされているのかが楽しみで、励みになりました。
一番大きくてきれいな柄が膝のあたりに、また衿と上前身頃のところもうまく柄を続けていただき、反物の時に想像したよりずっと素敵な出来上がりになりました。
いつかは付下げや絵羽を縫ってみたいです。
古布はかなり薄い物だったので帯にできるか迷いましたが、とてもやわらかい芯を選んでいただき、ふんわり結べる半幅帯に仕上がりました。
なぜか端布のままの時よりも、色鮮やかに、きれいに見えるような気がします。

ちょっとコメント
お孫ちゃんのがどんどん出来上がり、喜んでもらえるのは「幸せこの上無し」ですね
生徒の作品集  子供物 祝い着 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1024993
この記事に対するトラックバック