映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月24・25日 10月22・23日 コレド室町/橋楽亭
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 銀彩をちりばめた八掛け | main | グレーモダン訪問着 >>

金彩更紗を施した八掛け

染織家仁平幸春氏による訪問着は、もともと茶系の地色でしたが、大人の雰囲気にしたいというお客様のご要望に合わせて、柄の部分はそのままに地色だけ落ち着いた墨色に染め変えました。

表地の色に合わせて八掛も染め、さらに仁平氏にオクミの裏側に手描きによる金彩の更紗模様を入れていただきました。

色だけではななく、ちらりと見える八掛けの更紗模様は大人だからこそのお洒落です。



  


 


金彩入れ:31,500円〜 

※場所や大きさ等によって異なりますのでご希望の方はお問合せください。


こんなの 納めました | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025004
この記事に対するトラックバック