映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 長襦袢の着心地/ 24日 仕立て目利き処/ 25日羽織り奥深き難しき 連日9:30~11:00
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 紫格子紬 | main | 金彩更紗を施した八掛け >>

銀彩をちりばめた八掛け

紬地の訪問着(作/仁平幸春)を、パーティーでドレスアップしてお召しになりたいとのご希望をいただき、暈しの八掛に銀彩を施すことをご提案しました。

大中小とサイズも、色のニュアンスも異なる銀彩を暈かしの上にちりばめました。

立食形式のパーティでは、歩くたびに裾の銀彩がキラキラと控えめに輝き、パーティにぴったりの華やかさをプラスしてくれる仕上がりとなりました。



  

 

銀彩/金彩入れ(ハ掛代込み)31,500円〜 

 使用量により異なりますのでご希望の方はお問合せください。




こんなの 納めました | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025005
この記事に対するトラックバック