映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 長襦袢の着心地/ 24日 仕立て目利き処/ 25日羽織り奥深き難しき 連日9:30~11:00
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 染替えた小紋(グレー単衣) | main | 夫のために縫った小千谷縮み >>

紬地男物袷 (生壁鼠)

 
作品名紬地男物袷 (生壁鼠)



制作者 橋本 恵子 さん





生徒コメント
夫が自分のも縫って欲しいと言い出し、工房に来て選びました。
長くかかりましたが、その間に家のリフォームも済んでやっと出来上りました。
先に作った羽織とでやっとアンサンブルで着てもらえそうです。
着姿を早くみたいですし、いっしょに出かけるのが楽しみです

ちょっとコメント
190cmあるご主人様、採寸する私が台に乗って身長を測らせていただいたのを今も覚えています。
それはそれは縫うのに苦労されてましたね。
また生地を見る目、センスが抜群の旦那さまだなぁと感心しました。
二人で歩いたらとても素敵ですね。

生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025036
この記事に対するトラックバック