映画賞

やまもと工藝(新屋号)きるものがたり 

山本秀司(和裁士 :袈裟/袋/衣仕立て師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然。。
新工房15周年記念/新春の集い:1月28日 ホテルニューグランド/フェニックスルーム
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 江戸小紋万筋の単衣 | main | 11月のお教室 >>

リメイク水玉模様の羽織

 
作品名 グレーの羽織
制作者 S.T さん

古い着物リメイク第3弾です。きもののコーディネートが広がります。






生徒コメント
おばからもらった古い着物リメイク第3弾です。
第1段に続き、今回も羽織にしました。
羽織は2度目ということもあり、前回より早くスムーズに仕上がったと思います。
着物地がかわいい水玉模様だったので、裏地もそれに合わせて水玉模様を選びました。
着物は冬に着ることが多いので羽織は大変重宝していて、気に入ったアイテムとなっています。
又、第4弾、5弾と挑戦してレパートリーを増やしたいと思います。

ちょっとコメント
はおる羽織りが変わっただけでも、きもののコーディネートが広がりますね。
洋服はなるべく同じ色合いでコーディネートをするのに対して、和服はきものと帯セット、そして羽織りなどを別々の色合いでコーディネートしていきます。
古典のスタイルだからこそ、洋服では変わった人と見られてしまいそうな色合いも、身につけられる訳です。それが女性が持てる魅力ですね。
男性の和服のコーディネートは洋服と似ています。素材が大事ですね。

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025072
この記事に対するトラックバック