映画賞

きるものがたり 山本きもの工房

山本秀司(和裁士 和服の仕立て師)が主宰する着物工房や和裁教室の物語です
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 霜月・手の仕事 | main | 小豆色絞りの羽織 >>

男物花織の袷

 
作品名 男物花織の袷
制作者 K.I さん

和と洋の文化の発展の仕方の違いがおもしろいですね





生徒コメント
反物は呉服店のバーゲンでみつけたものです。初めて袷に挑戦しました。
単衣とは違い、当然ながら表地と裏地を別々に縫うのですが、
合体した時のズレにがっかり。
印つけの起点はどこか、ちゃんと頭に置かなければと痛感したしだいです。
柄合せを先生がきちんとしてくれたのに、
縫い手のいい加減さが微妙なズレになってしまいました。申し訳ないです。
でも完成するとホッとします。
 
ちょっとコメント
大作でしたね。
洋服はつるして保管するために裏をブカブカに仕立てるのですが、それに対して
きものは畳んでしまっておく衣なので、何もかもぴったりに仕立てます。これが大事!
こんな保管方法の違いから縫製の在り方ががらりと変わります。
和と洋の文化の発展の仕方の違いがおもしろいですね
生徒の作品集  男物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025085
この記事に対するトラックバック