映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

吉岡政江展:2月20日〜3月20日、工房サロンにて開催します
生徒作品展:4月19日(金)〜24日(火) きるものがたり展’18 そごう横浜新都市ビル 9階 入場無料
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 黒地のドット柄お召し | main | 初めての単衣 >>

母の襦袢

 
作品名 母の襦袢
制作者 K.M さん




生徒コメント
祖母のものにしてはめずらしく可愛らしい柄でした。
糸こきしすぎて生地が伸びてしまったり、
縫い直しなども多くてなかなか大変でした。

ちょっとコメント
はは〜!お母様に感謝ですね。
糸コキは「チカラ」まかせではダメなんですね。
指の腹で感じ取りながら、優しくしてあげないと上手く出来ません。
上手な人がしていると、力を入れているように見えたり聞こえたりします。
じつはプロでも苦手な人は沢山いて何年もやっている方のも直す事が多々あります。
糸コキ4〜5年〜と言ったところでしょうか。
生徒の作品集  襦袢 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025108
この記事に対するトラックバック