映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月23~25日 10月21~23日 会場:やまもと工藝
きもの座学:9月23日 羽織りについて/ 24日 仕立もの見学解説/25日 長襦袢について 連日9:30~11:00
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「心よきもの展」'14春夏 | main | 七夕と和裁 >>

染め直した小豆色の小紋

 
作品名 染め直した小豆色の小紋
制作者 Y.S さん



元の色です


生徒コメント
娘時代の着物を染め直し、落ち着いた色になりました。
生地がしっかりしていて、針が通り難く、針目がなかなか揃わず苦労しました。
何度か間違え縫い直す事があったのですが、着ていた頃の事を思い出しながら、
楽しく縫い上げる事ができました。

ちょっとコメント
誂えて作る着物によくあるのがオーダーで染める色のトラブルです。
折角時間をかけて染めても、思った色にならない!泣き寝入りさせられてしまったと相談を受けることがよくあります。
オーダーの受け方と発注の出し方が単純なのが原因です。
微妙なニュアンスは大変難しい作業と技法の連続ですが、コツがあって山本ではそこをじっくり対応していきます。微妙に違っても可能な限り染め直しますし、クレームは一度もありません。代金は¥15,000です。

その年代に合わせて変化させる事が出来る、日本の衣。
美しさとともに、物を大切にする素晴らしい文化ですね。
生徒の作品集  小紋 無地 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025129
この記事に対するトラックバック