映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

きるものがたり展’18:生徒作品展 4月19日(木)〜24日(火) そごう横浜新都市ビル 9階 入場無料
沖縄染織いざなふの風:5月6日〜8日、6月11日〜12日、日本橋COREDO室町3 三階「橋楽亭」にて
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< たまに名言 | main | 三世代の衣 道中着 >>

羽織〜着物〜羽織りと姿変え

 
作品名 羽織〜着物〜羽織りと姿変え
制作者 田中 玲子さん





生徒コメント
母が嫁入りの時に持っていった羽織を着物に仕立て直して、
私が娘の頃着ていたものです。
それを再度、羽織に仕立て直しました。今度は私の娘用です。
古いものも新しく生まれかわることが出来るって着物は素晴らしいですね。

ちょっとコメント
本日、お誕生日ですね。おめでとうございます。
羽織りから着物へ、そして羽織りへ形を変えながらう受け継がれていける着物は凄いですね。
そんな着物の活用術を可能にしているのが和裁の技術です。
意匠も素敵です!



生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025130
この記事に対するトラックバック