映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月24・25日 10月22・23日 コレド室町/橋楽亭
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 亀田恭子さんの帯 | main | 黒ウールの単衣 >>

葡萄の葉柄長襦袢

 
作品名 葡萄の葉柄長襦袢
制作者 R.K さん





生徒コメント
初めて長襦袢を縫いました。
生地がツルツルして、まっすぐに縫うのが難しかったです。
裾がすり切れたら、ぬい直しで対処できるように仕立てたり、
半衿も三河芯を生地の中に縫い込んだりと、
新しい発見、今まで知らなかった仕立てを知り、とてもおもしろかったです。

ちょっとコメント
お茶席仕様と言いますか、頻繁に着る方に適した裾の再生が容易にできる仕立て方で「裾切れ対応仕立て」と呼んでいます。特徴は裾返しが身頃と切れていて別布になっています。
生徒さんには身頃にのみ施していますが、オーダーいただいた仕立て物には立襟にもフキがついていることが見所ですね。



生徒の作品集  襦袢 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025139
この記事に対するトラックバック