映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月24・25日 10月22・23日 コレド室町/橋楽亭
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 柿色の襦袢 | main | 結城紬 >>

着尺から羽織と帯を(羽織)

 
作品名 着尺から羽織と帯を(羽織)
制作者 Y.松原さん





コメント
着尺から工夫次第で羽織りと帯が出来る教えていただき、この柄ならどちらも素敵だしお得感がありますので選びました。
初めて羽織を縫ったのですが、けっこう難しかったです。
袷の着物を縫う感覚でいたら、だいぶ違っていて、身頃も袷せる為のまとめも言われるまま縫っていましたが、なんとか羽織の形にすることができました。

ちょっとコメント
ほぼ100%ご自分で縫い上げたのだから、自分を褒めてあげましょう。
さらにそれを着て出かければ、きっと良いことが沢山おとずれることをお約束します。

生徒の作品集  羽織 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025159
この記事に対するトラックバック