映画賞

やまもと工藝 きるものがたり 

山本秀司(和裁士:袈裟、茶入・茶碗袋、和装、仕立師)が主宰する和裁教室の物語。やまもと工藝の徒然

やまもと工藝 研究会 「長襦袢/種類と優れた着やすさの仕立てポイント」8月19日(日) 10〜12時半
沖縄染織いざなふの風【同時開催】着物お見立て相談会 9月24・25日 10月22・23日 コレド室町/橋楽亭
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 三世代の衣 道中着 | main | ひな祭りカラーの袖付被布とウール単衣 >>

娘への振袖

 
作品名 娘への振袖
制作者 中野 恵子 さん





コメント
裾に濃いグリーンと全体に淡い青緑の地色と
御所車等の古典的な柄が気に入りました。
柄合わせを次々に決めていくと、半分もう出来上がった様な気がします。
袖の丸みが特別に大きいので、案外に難しかった。
私好みの晴着ですが、娘が袖を通す日を楽しみにしています。

ちょっとコメント
せっかく山本の教室で仕立てるのですから、
山本好みの振袖にしてしまおうと勝手に進めてしまってます、すみません!
こんな大きな丸みは他にはないでしょう。
お嬢様もきっと喜んでくれるはずです。

生徒の作品集  振袖、留袖 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yamamoto-kimono.jp/trackback/1025162
この記事に対するトラックバック